Chromebook おすすめ 選び方!買う・買わない?購入判断

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

新しいノートパソコンが発売されたり、買い替えしたいと感じる場合もありますが、この場合では次のパソコンは何にしようかな?という感じで、とりあえずは自分の要望に合致している機種選びを行うと思います。

初めて購入する場合ならともかく、買い替える場合では、いきなりどの機種を買うのか?選びをしても特に問題ありません。具体的に自分はパソコンで何をするのか?というのが明確ですから、自分の要求に答えてくれるパソコンを選択すれば良いです。

但し、このように考えるのはあくまでも今までと同じパソコンOSに限ります。例えば、Windows からWindows であれば、いきなり機種選びをやっても大勢に影響ありますが、異なる場合は機種選びは後回しにした方が良いです。

その理由としては、OSが異なると使い勝手に影響が出るからです。比較的に安価で購入できるChromebookも検討候補に入って来る場合が多いですけど、総合的に判断して安価で購入できるという理由で買う選択は好ましい選択とは言えないのでは?と思います。

今回の記事は『Chromebook おすすめ 選び方!買う・買わない?判断基準』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

新しいノートパソコンを購入時にChromebookを検討

新しいノートパソコンの購入検討する場合では機種を調べる場合が多いですが、そもそもChrome OSの事は調べているのでしょうか?たいていの場合は具体的にどの機種を買うのか?を検討すると思います。

比較的に安価で購入できるChromebookは魅力的に感じる

Chrome OSの事は何も気にしないで、Windows PCやMacbookと比べて比較的に安価で購入できるChromebookは魅力的に感じるノートパソコンの筆頭格に感じる場合が多いです。

その理由としては、何と言っても金銭的な面が大きいと思います。似たりよったりの性能でChromebookの方が安価で購入できる場合が多いですから、浮いた費用で他の商品を購入する事も可能になるからです。

特にパソコンの場合では性能の良いPCだと10万円以上になる場合が多いですから、5万円以内で購入できると買っても良いかな?という気分になってしまいます。

 

自分は何をする目的でノートパソコンを購入するのか?

ノートパソコンは安価で購入できるから買うのではなく、そもそも自分がやりたい事を実現するなどの目的で購入すると思います。

その事を考慮しないで、こっちのパソコンの方が安価で購入できる!で選んでしますと購入してもうまく使えなかったり、活用にも影響が出る場合があります。

この際、安価というのは後回しにして、自分はノートパソコンで何をしたいのか?それを実現できるパソコンはどれなのか?選択したパソコンは活用できそうなのか?で検討した上で、最終的にお金の判断した方が良いと個人的に考えます。

 

そもそもChromebookの事を理解している?

仮にChromebookを購入するという判断に至った場合では、そもそも自分はChromebookの事をよく理解しているのだろうか?という事を立ち止まって再検討してみる事をオススメ致します。

というのも、先ず搭載されているOS(Chrome OS)や利用できるアプリは何なのかな?についてある程度調べた方が良いです。

これを全くすっ飛ばして購入してしまうと、リスクを伴います。ここで言うリスクとは、使えるのか?使えないのか?に直結します。

 

スポンサーリンク

Chromebook 向いている・向いていない? どっち?

ここでは、Chromebook の購入に向いている場合と不向きな場合の2択の選択になりますが、そもそも自分はどっちなのか?判断する必要があります。

Chromebook 向いている人

Androidスマホを所持しており、Google Chromeサービスを毎日のように利用している場合はChromebookを利用しても問題ありません。

さらに付け加えるとすれば、Googleドキュメントやスプレッドシート、スライドなどのGoogleアプリを利用している方が良いかも知れません。

 

Chromebook 不向きな人

① データをクラウドに預ける
Chromebookでは、データはクラウドに預ける仕様(本体ストレージ容量も少ない場合が多い)になっているため、データをクラウドに預けるのは、ちょっと遠慮したい 又は 嫌だな~と感じている人はChromebookには不向きな人に該当します。

 

② Googleサービスを利用していない人
毎日の日常生活において、Google Chromeも含めて、Googleサービスを利用していない人はChromebookを購入しなくて良い人に該当します。

このパソコンは、Androidアプリも利用できますが、基本的に全ての作業をウェブブラウザのGoogle Chromeで完結するPCです。

 

③ ゲーム
パソコンでゲームしている場合もありますが、PC性能が優秀な場合を除いて、安価で購入できるChromebookはゲームには向いていないです。ゲームをメインで利用する場合ではiPadの方が良いと思います。

 

Chromebook 自分がやりたい事ができるのか?

Chromebook を買う場合では、自分がやりたいと感じている作業が全て行えるのか?も重要な要素に該当します。

 

iPad代用として利用できない

Chromebook Lenovo IdeaPad Duet のようにキーボードが着脱できるデタッチャブル仕様の2in1タイプの場合では、キーボードのドッキングを解除すると、iPadのようにタブレット端末として利用できます。

サイズ的にも10インチなので、iPad Air 4 よりも少し小さい程度です。もしかすると、iPadの代用ではないですけど、それに近い事は可能なのではないか?と考える場合もありますが、根本的にChromebookはパソコンなので代用できません。

それに対して、iPadはSmart Connector対応キーボードケースを利用すると、まるでノートパソコンのように利用できますが、キーボードを利用してもパソコンではなくiPadに過ぎません。

両方とも代用できる関係にはないので、勝手な思い込みをすると間違った選択を行ってしまう場合があります。

 

アプリの起動、ファイル作成・配置など

パソコンのデスクトップ画面にはこれでもか!と言わんばかりにExcelやWord文書などのファイルで埋まっている場合もありますが、そもそもChromebookではこのような事はできません。

よく使うアプリはシェルフに固定できますし、重要に感じるファイルはシェルフ(トート)に固定できるようになっています。

そのため、デスクトップ画面にはアプリのアイコンやフォルダも含めてファイルなどは一切配置できません。

壁紙に設定してある画像を楽しむ感じになります。これで問題ないのか?問題あるのか?もよく検討した方が良いと思います。

 

ログイン方法

パソコンを起動した場合では、パスワードを入力してログインすると思いますが、この場合に自分が利用したいと感じるログイン方法が有るのか?も考慮した方が良いです。

というのも、パソコンの場合は必需品に該当するため、毎日のように利用しますから、自分にとって最適に感じるログイン方法じゃないと困ります。

仮に、自分が求めている方法に対応していない場合では妥協できるのか?も重要になります。

 

Chromebook 買う・買わない?購入判断(選び方)

ここでは、Chromebook を購入するか?で迷った場合はどのように判断すれば良いのか?についての紹介になります。

全ての作業で判断するのが賢明の選択

どういう意味なのかな?と思うかも知れませんが、Chromebookは Androidアプリも利用できますけど、基本的にはウェブブラウザの Google Chromeで全ての作業を完結するパソコンに該当します。

足りない機能はChrome拡張機能で追加し、足りないアプリ(Officeアプリなどが該当)はGoogleアプリを利用し、それでも足りない場合はAndroidアプリを利用するパターンになます。これで自分は満足できるのか?満足できないのか?に尽きます。

毎日の日常生活を振り返ってみて、Googleサービスに依存している場合では購入して活用できますけど、依存している訳ではない場合では正直のところ、判断に迷いが発生したり、物足らないと感じる場合があります。

物足らないと感じてもChrome拡張機能やGoogleアプリ、Androidアプリ、Linux(β版)で対応するしか方法がないため、自分はこれで大丈夫なのか?で判断しないといけません。

でも、Linuxは知識を有している人に限定されてしまうので、初心者や一般的な用途でパソコンを利用する人には向いていません。

 

デメリットも考慮(自分にとって不都合に感じる要素の検討)

パソコンを購入する場合では自分にとって都合の良い部分を集中的に検討する場合が多いですが、残念ながらメリットに感じる内容は検討しなくて良いです。

自分にとって不都合に感じるデメリットのみ検討すべき内容となります。何故か?と言うと、購入したいと感じている場合では、「買いたい」や「欲しい」が先行している状態になるため、正常な判断ができない場合が多いです。

それもその筈で、頭の中が自分にとって都合の良い事でいっぱいになっている感じ。この状態で買ってしまうと、大変申し訳ないですけど、買って後悔や失敗に繋がる可能性が高いです。

それに自分にとって不都合に感じる事を検討したりすれば、買う気が削がれてしまうので考えたくありません。買う気が削がれても、それでも買いたいのか?が重要だと思います。

やっぱり、自分にとって不都合に感じるデメリットをよく検討した上で購入するのか?購入しないのか?を選択する必要があります。

コメント