iPad 使い道や活用で悩んだら書籍や本を買って参考も1つの方法

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを買ったけど、スマホやノートパソコンと用途が被ってしまって上手く活用できなかったといった経験がありませんか? そもそもこのような展開なんて誰も想定していなかったと思います。

本来であれば自分の思い描いたイメージの状態で利用している筈ですから、バラ色の展開だった筈です。それなのに、実際にはバラ色ではなく、雲行きが怪しいグレーな展開といった感じ。

それこそ!こんな筈ではなかった!と言いたいところでしょう。このような展開になる理由としては色々ありますが、よく検討しなかったのも1つの要因になるのかな?と思います。

とはいえ、もう既に購入してある状態ですから、具体的に何とかしなくてはいけない状態になります。この場合はどんな解決方法が有るのでしょうか?

今回の記事は『iPad 使い道や活用で悩んだら書籍や本を買って参考も1つの方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad買ったは良いけど使い道に困る場合もある

iPadを買ったは良いけど、実際に使ってみたらうまく活用できなくて使い道に困ってしまった事があったりする場合もあります。

そもそもどうしてiPad使い道に困るのか?

iPadの使い道や活用で悩む事にありますが、そもそも、どうしてそのような事が発生するのでしょうか?

スマホ・iPad・PCなどのガジェットに限った話ではないですが、何か?を購入する場合は目的が有って購入する訳ですから、少なくとも使う用途は決まっていると思います。本来の購入目的でiPadを使えば、活用方法で悩む事はないのではないか?と考えます。

でも、ところがどっこい!そのようにはならないのが現実だったりします。その理由としては、購入目的がしっかりしていない状態で買う場合も有るからです。

例えば、新しい魅力的に感じるiPadが発売されたので欲しくなってしまい買ってしまった場合が挙げられます。

魅力的な部分が頭の中でいっぱいになってしまい、新しいiPadで何をするのか?を検討しないまま購入というパターン。

流石にこれでは、どんなに優秀で性能の良いiPadだったとしても、うまく活用できないのではないか?と個人的に考えます。

 

iPad購入前の検討は重要

どんなに魅力的に感じるiPadだったとしても、購入前はよく検討した方が良いです。ここで言う検討は、自分にとって最適に感じる検討ではなく、自分にとって不都合に感じる検討を行うべきと感じます。

何故か?と言うと、自分は既にiPadが欲しいと感じている状態ですから、お金の工面ができれば、基本的にはいつでも購入できる状態になります。この状態で自分にとって都合の良い事を検討しても全くと言って良いほど意味がないからです。

そうではなく、自分にとって不都合なデメリットをこれでもか!と言わんばかりに洗い出して検討する必要があります。

これをしっかりやっていれば、iPadを購入しても使い道活用方法で悩む展開に陥っても対処できる可能性が高いです。

そりゃあ考えたり悩んだりする事も有ると思いますが、自力で危機を脱出できる可能性があります。

 

iPad購入では、買って使い道に困った場合の対策も必要

自分にとって不都合に感じるデメリットな部分を考慮した上でiPad購入する場合では、もう1つ重要な事があります。

購入前に検討した自分にとって不都合に感じる場合がやって来たら、どうするのか?という部分に尽きます。

たぶん、おそらく、前もって想定している事は現実的に発生する可能性が高いですから、この対策は遅かれ早かれ必要になります。一番良いのは、iPad購入する前にBプランを用意しておくといった感じ。

でも、これも一長一短があるため、一概には何とも言えないのが実情になります。

 

スポンサーリンク

iPad使い道に困る原因は活用方法が見つからないこと

ここでは、iPadを購入したは良いけど使い道や活用方法で困ったり悩んだりする場合がある事についての紹介になります。

iPadはスマホとノートPCの中間的ポジション

iPadを買ったは良いけど活用方法で悩む原因の1つに挙げられるのが、スマホとノートパソコンとで用途が被ってしまう点が該当します。どんなに魅力的に感じるアイテムだったとしても用途が無ければ宝の持ち腐れになります。

それこそ、買って満足。実際には何も利用できなくて不満足といった感じ。これでは、何の目的で、それなりの金額を出して購入したのか?全く分かりませんから良くない結果と言った方が正解です。

このようなパターンにならないようにするには、そもそもiPadのポジションを理解しておいた方が無難です。

iPadはポジション的には、スマートフォンとノートパソコンの中間に位置するガジェットなので、どっちの用途にも被ってしまう可能性が高いです。

この問題をどうするのか?という部分が解決できるのであれば、購入しても何も問題ありませんが、答えが見つからない場合は買わない方が良いのではないか?と考えます。

 

用途が有ってもiPad活用に繋がらない場合もある

iPadの使い道に困る原因としては、スマホやパソコンと用途が被るのも原因の1つに該当しますが、それ以外にもiPadを利用する用途が有っても使い道に困るパターンもあります。

どうしてなのか?と言うと、自分がイメージしていた「やりたい事」は漠然としていたイメージなので、中身が伴っていない場合が多いです。この状態でiPadを買ってしまうのですから、実際の内容については行き当たりばったりで実践となる訳です。

当然の事ながら、具体的な内容が伴っていない用途になるため、挫折や壁にぶち当たります。これを超えられないと、活用方法で悩んだり、使い道に困ったりする展開に発展する場合が多いです。

そのため、たぶん、応用力が明暗を分けるのではないか?と考えます。

 

スマホとパソコンの用途に被らない活用が最適

仮に、用途が被らない答えが見つかったと仮定した場合に、具体的にどうするのか?も考慮が必要になりますが、iPadじゃないとダメという用途が有った方が賢明の選択になると思います。

というのも、iPadじゃないと自分が求めている事が実現できないからiPadを購入する訳ですから、他のAndroidタブレットで実現できるのであれば、別にiPadなんて購入する必要はないです。

その用途は結果的に、スマホやパソコンでは利用しないため、この2つの要素とは一線を画する用途になるため、共存共栄が行えるようになります。

つまり、これが出来れば、併用できる関係となるため、それぞれの機器が連携して活用できる可能性も高くなります。

 

iPad活用は用途があり、ヒントが得られるのか?

ここでは、iPadをうまく活用する場合に必要になるアイデアやヒントについての紹介になります。

最適なヒントはどこから得るのか?

iPad活用方法で悩んだ場合では、自分では、「いっぱいいっぱい」になっている状態ですから、この状態で何を考えてもうまくいかないものです。無理にアレコレ用途を考えるというのは得策でないないです。

可能ならば1週間ぐらい頭を冷やす意味で何も考えない方が良いのではないか?と思います。それに活用のアイデアやヒントは毎日の日常生活から得る事ができると思います。

仕事や勉強に追われている場合でも、いつも同じ風景を見るのではなく、少し見ている風景を変えて見たりすると、何かしら?のアイデアヒントが発生したりする場合があります。

先ずは、いつもの日常生活からヒントを得る方法を模索するのが良さそうに感じます。

 

今までの経験からヒントは得られる

日常生活には色々なヒントが隠されていますが、残念ながらそのヒントをうまく取り入れる事は難しいです。というのも、そのヒントは実際には見えていても、自分は見つけられていない場合が多いからです。

見えているのにも関わらず、自分の頭の中では大した事ではないという判断に至っているため、ヒントだとは思わないといった感じ。こういうパターンは毎日の仕事でもよくあるので、珍しい事ではありません。

このようないヒントを上手く拾えるのか?拾えないのか?も学習や仕事にも関係して来るため、貪欲に拾える物は拾った方が良いと思います。

それでもヒントが得られない場合は、最終手段として、書籍に頼ってみるのも1つの方法になります。

本に頼らなくてもインターネットには色々な情報が転がっていますが、残念ながら、有効に感じる情報もあれば、全く参考にならない情報もあるので、必ずしも最適な選択ではない場合が多いです。

 

iPad活用方法で困ったら、本や書籍を購入して参考を

ここでは、iPadの使い道や活用方法で悩んでしまった場合に最適に通じる本や書籍に頼る方法についての紹介になります。

何かを勉強する場合では参考書が最適

何か?を勉強する場合では教科書や参考書を利用する場合が多いです。受験勉強、資格取得の勉強、外国語の学習といった感じで、どれも参考書などの書籍を購入して勉強に励む事になります。

iPad活用も同様に、iPadを勉強する必要があるため、活用方法に悩んでいない場合でも、自分にとって役立つ情報であれば、積極的に取り入れて参考にしてみるのも1つの方法になります。

使い方1つでも、方法が異なるだけで効率的な作業に繋がる場合がありますから、そのような1つ1つに積み重ねが活用に活きてきます。

自分が繰り出せる方法が少ない場合では活用できる範囲も狭いですが、方法が多ければ多いほど、活用できる範囲も広くなります。

役立つ情報を得るにはお金を掛ける必要もあるため、本や書籍を購入するのも良いと思います。

 

参考書は本や書籍だけではない

iPadに限った話ではないですが、参考になる情報は本や書籍以外でも取り入れる事ができます。書籍の場合では、「購入する」又は「図書館で借りる」方法の2択になります。

インターネットには、参考になる情報もあれば、参考にならない情報も転がっています。参考になる情報だけを上手く拾える能力を身に付けて活用に繋げるのも1つの方法になります。

とはいえ、こればっかりは急には出来ませんから、それなりに経験も必要になります。失敗しても諦めずにチャレンジするといった事も必要になります。

 

1つの用途に特化する活用方法を実践

iPadを上手く活用する場合では、筆者の場合は1~2つの用途に特化した使い方が自分に合っていると感じます。色々と便利に使えるiPadを1~2つの用途に特化させるのは勿体ないと感じますが、現実的にはこれが一番うまくいく活用だったりします。

又は、1つのアプリだけを好んで利用するパターン。こちらの場合では、仕事や生活といった感じに複数の用途に対応できます。どっちが最適なのか?と言えば、どっちもどっちなのが実情になります。

自分にとって最適感じる方法で活用するのが全てにおいて一番良いと思います。

iPad Air / iPad mini 2台持ち 活用レビュー!併用できるメリットあり
皆さん こんにちは! 初めてiPadを購入する場合では、どの機種にしようかな?とアレコレ悩んだ末に購入となりますが、現在愛用しているiPadが有るのにも関わらず、他に欲しいと感じるiPadが出現すると、新しく出現した機種の方が...

コメント