iPad 活用方法!メイン1つ、複数サブのアプリに特化した使い方が便利

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを購入した場合では、どんな用途に使えば良いのでしょうか?基本的にはタブレット端末ですから、この用途で使えば良いのですが、それでもスマートフォンやノートパソコンと用途が被ってしまう場合があります。

ちょっとでも用途が被ってしまうと、iPadの役割が少なくなってしまうので、あまり使わなくなってしまう展開に発展するので、用途が被るのは好ましい事ではありません。

被らないように努力する必要も発生しますが、これに拘ってしまうと、今度はより良い活用方法とは言えないパターンに陥る事も珍しくない展開になります。

結局のところ、「iPadでないとダメ」や「iPadで何をする」という柱がないと上手く活用できないのではないか?という結論に到達してしまいます。

今回の記事は『iPadをうまく活用する方法として有効に感じるのが、メイン1つ 及び 複数サブのアプリに特化した使い方が便利に使える』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadの活用方法で悩んだ場合の対策について

iPadを買ったは良いけど、うまく活用できないパターンに陥る場合も実際にありますが、この場合では、どのように解決すれば良いのでしょうか?

iPad購入して後悔する場合もある

iPadを購入する場合では、既にどんな用途に利用するというプランが有って買うと思いますが、残念ながらこのような展開にならないのが実情になります。

え?そんな事は有るのだろうか?と思ってしまいますが、これが現実。というのも、欲しくて欲しくて仕方がないと感じてしまうと、こうの気持ちは実際に購入するまで継続するのでどうにもなりません。

一度立ち止まって「待てよ!」という気持ちになれば良いのですが、なかなか冷静な判断をするのも勇気がいるものです。

冷静な判断ができる場合では失敗も少ないのですが、立ち止まる事をしないで購入に突っ走る場合では歯止めが効かないため、買って後悔する可能性もあります。

ただ欲しい!というだけで買うと失敗に繋がる可能性も否定できません。

 

iPadを買う場合はBプランも準備した方が良い

iPadを欲しくて欲しくて仕方ない状態で上手く活用できなかった事を想定するのは良くない事ですが、それでも、これは必要不可欠になります。

購入すれば必ずうまく使えると断言できれば良いですけど、そのような結果に繋がるとは限りません。仮にそのような結果になるとすれば、たぶん、iPad愛用者に限るのではないでしょうか?

いつもiPadを使っていて、今回購入するのは初めてではなく、買い替えるといった場合。これならば、活用方法は既に決まっているので何も問題ありません。

でも、初めて購入する場合は、もし活用できなかったらどうするのか?(Bプラン)を準備しておくのが賢明の選択になります。

 

最適な選択は、デメリットを考慮して購入する事

うまく活用出来なかった場合の対策も準備して、iPadを買えば問題ないのか?と言うと、そうでもないです。AプランがダメでもBプランが有るので大丈夫なのでは?と思ってしまいますが、そうは問屋がおろしません。

必ずAからBという展開にはならないのが現実です。それならBプランなんて必要にないじゃん!と考えると思います。確かにその考えは正しいです。あくまでもBプランというのは保険ですから、保険を利用しなければボツになるプランです。

それならば、どうすれば良いのか?と言うと、iPadを購入する前に色々と検討しますが、この時に、自分にとって不都合に感じるデメリットを洗い出して、しっかり納得するまで検討する事に尽きると思います。

その上で、購入すれば、仮にうまく活用できなくて悩んでしまった場合でも自業自得になります。

 

スポンサーリンク

iPad活用方法で悩む原因は購入前の検討の甘さ

iPadの使い道や活用方法で悩む原因はいったい何なのかな?も気になる部分に該当しますが、たぶん、購入前の検討の甘さに原因があると個人的に考えます。

何を検討すれば良いのか?

iPadが欲しいと感じている時に、検討する内容としては、どのiPadを購入すれば良いのか?だと思います。残念ながら、検討する内容が異なると思います。

始めから買うのが前提で機種選びをしてしまっている状態なので、それは検討ではなく、買う為の理由となる肉付けを行っているに過ぎません。

こんなの検討しても意味がないですから、買ったは良いけど使い道に悩む展開なっても仕方ないです。

それならば何を検討するのか?と言えば、「iPadで何をする?」の1点。購入したら、この1点の目的で実際に使えば良いので、使い道や活用方法に悩む必要はないと思います。

 

実際には「iPadじゃなければダメなのか?」が重要

iPadで何をする?」というのが既に有る状態で買えば、問題がないのか?と言えば、そうでもなく、それなりに内容の肉付けも必要になります。

具体的には、自分がやりたい内容は「iPadじゃなければダメなのか?」という部分について検討する事です。仮に、iPadじゃなくても問題ないのであれば、買う必要はないと思います。

反対にiPadじゃないとダメという場合では買うべきという結論に到達します。

 

iPadじゃないとダメなのか?の用途

「iPadで何をする?」や「iPadじゃなければダメなのか?」をよく検討しないで買ってしまうと、柱がないですから、うまく活用したいと思っていても空回りする場合があります。

それならば具体的に、どのようにiPadを利用すれば便利に使えるのか?となりますが、たぶん正解は無いと思います。

あえて言えば、スマホやノートパソコンと用途的に被らない何か?が実際に準備できるのか?が問われると思います。

それはつまり、「iPadじゃないと自分の目的が達成できない」用途に繋がる訳です。

 

iPad活用で有効に感じる活用方法

ここでは、実際にはどのようにiPadを活用しているのか?についての紹介になります。因みにiPad mini5 及び iPad Air 4 を所持しています。

メイン1つ 及び 複数サブのアプリに特化する活用方法

具体的にどういう活用方法なのか?と言えば、実際にメインで使うのは1つのアプリだけになります。サブとして連携できるアプリやウィジェットが含まれます。

Officeアプリであれば、文書作成・表計算・プレゼンテーションという3つのアプリが含まれていますが、これは1つのアプリとして扱います。

メインで利用する1つのアプリと言っても、複数の用途に対応できるので、用途によっては何でもOKバージョンになります。ここで重要になるのが、Officeアプリを利用するのであれば、iPad限定といった使い方です。

パソコンでは利用しないパターンになるため、現実的にはそれは難しいと思います。必ずiPadだけで利用できるアプリを選定できるのか?がポイントになります。

でも、これができれば、確実にオンリーワンでの使い方になるため、スマホとパソコンとで用途が被ってしまう展開にはならないですし、うまく併用できるようになります。

 

1つの用途に特化する活用法

もう1つの活用方法として、iPadを1つの用途に特化する方法も有効に感じます。こちらの場合では、本当の意味で用途が1つに限定されてしまうので、高性能なiPadが勿体ないとと感じます。

でも、スマホとノートパソコンの中間的なポジションに該当するiPadを有効に活用する手段として、この選択は正解に感じます。iPadの場合はどっちの用途にも被りやすいですから、活用を考える場合では仕方のない選択になるのでは?と個人的に考えます。

それに、仕事用PCとプライベート用PCといった感じでパソコンを使い分けるのと同様の考え方になるため、用途で使い分けるのも1つの方法になります。そのため、十分に検討しても良い活用方法だと思います。

 

メイン1つ、複数サブのアプリに特化してiPad活用

ここでは、1つのアプリに特化した場合の活用方法についての紹介になります。あまり現実的ではないように感じますが、オンリーワンの使い方ができるので良いかな?と感じています。

iPad Air 4 で実践

実際にメインアプリを1つに特化するパターンで活用しているのは、iPad Air 4 になります。本来の購入目的は仕事用途になりますが、うまく活用できなかった事もあり、1つのアプリに特化する活用方法に切り替えています。

実際に使っているアプリは Microsoft OneNote for iPad 。メインで利用しているパソコンがWindowsノートPCなのですが、Windows版OneNoteを実際に使っている事も関係しています。

ノートブックを同期すれば、うまく連携できるため、便利に感じます。基本的には、このアプリ 及び 連携すると便利に感じるアプリしか使わないという活用方法になります。

 

Microsoft OneNote for iPad について

OneNoteってどんなアプリなのか?と言うと、Apple Pencilでの手描き入力にも対応しているキーボード入力がメインのデジタルノートアプリに該当します。

基本的に、キーボード入力ベースなので、iPad Air 4 と一緒の時期に購入したロジクールFolio Touch(Combo Touch)をドッキングしてノートPC活用もする機会がありますが、このような使い方はしていない場合の方が多いです。

というのも、ソフトウェア・キーボードで十分に感じます。

 

メイン1つ、複数サブのアプリに特化した場合の活用レビュー

① メインとサブのアプリに特化
iPad Air 4 では基本的に1つのアプリに特化した活用を実践していますが、仕事用途で使う場合では、データ連携できるアプリも使っています。

何故か?と言うと、一太郎Padなどの一方通行で連携できるアプリを利用すると、作業の効率化に繋がるのである。これも仕方ない選択かな?といった感じ。

 

② ウィジェットも利用
あと、iPadで利用すると便利に感じるウィジェットも使っています。1つはウィジェット計算できる「電卓+」、もう1つはカレンダー。基本的に仕事でiPadを使っているので、このウィジェットは避けて通れないかな?といった感じ。

 

③ 活用レビュー
1つのアプリに特化する活用は、現実的にはちょっと難しいのが実情になります。連携できるアプリも利用した方が便利なので、3~4つ以内の方が現実的な選択かも知れません。

というのも、ロック画面で利用する電卓ウィジェットもアプリですから、これも考慮すると複数のアプリに特化する活用方法が現実的になります。

コメント