iPad 活用方法!1つの用途に特化した使い方が便利に使える

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadの使い道や活用方法で上手く使えなくて悩んだり困ったりする場合も実際にありますが、もし、このような展開が自分にやって来たらどのように対処するのでしょうか?

色々な対応策を準備している場合もあれば、その時に考えれば問題ない!と思っていると思います。確かに本当にそのような展開が有るのか?も分からない状態で保険を準備しておくのもナンセンスですからそこまでしなくても良いと感じます。

とはいえ、うまく活用できるのか?という部分は正解がないですから、悩んだりする事も当然の事ながらあると思います。何故か?と言うと、自分がやっている使い方は他人からすれば邪道という場合もあるためです。

自分さえ良ければそれで良いので、自分なりに試行錯誤を繰り返して、一番最適な活用方法を見いだすのが何だかんだ言っても最適に感じます。

今回の記事は『iPad 活用方法!1つの用途に特化した使い方が継続して便利に使える』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを買ったら何に使う? iPadで何をする?

iPadの場合では、何故だか?分かりませんが不思議な魅力が有るため、用途がないのにも関わらず、欲しく感じたり、買ってしまう場合があります。そもそも何をしたいのでしょうか?

iPadを買ったら何をするのか?

iPadを購入する前は、頭の中がiPadになっている状態なので、「iPadで何をする」というのはあまり考えないと思います。それもその筈で、分かりきっている事をあえて考える必要が有るんだろうか?といった感じ。

既に所持していて、新しい機種に買い替える場合であれば、今までの延長線になるため、何も気にする必要はありませんが、初めて購入する場合では、意外と重要になる考え方に該当します。

例えそれが分かりきっている場合でも、「iPadで何をする」というのは考慮した方が良いです。

というのも、頭の中のイメージというのは自分にとって都合の良い部分だけが煮詰まっている状態だからです。

 

イメージ通りにならなかったらどうするのか?

頭の中のイメージ通りを目的にiPad 及び 周辺機器アクセサリーを購入した場合では、購入前のイメージと実際の現実が異なっている事に気が付きます。

あれ?こんな筈では無かったのにな~?といった感じ。当然の事ですが、イメージ通りの展開になる事はありません。この時に、どのように対処するのか?で今後の命運が変わってきます。

うまく対処できれば、途中で挫折しても立ち直れる可能性が高いですが、うまく対処できなかった場合では、自宅で眠ってしまい、結果的に宝の持ち腐れになってしまうパターンに発展する可能性があります。

自分はこのようにはならない!と思っていても、現実は甘くないので、購入する場合は、よく検討した方が良いです。

 

iPad活用できる柱が有った方が良い!

可能ならば、iPadをうまく活用できる自信がある!と断言できる場合に買って欲しいガジェットなのかな?と個人的に考えます。

その理由としては、色々な用途に便利に使えるアイテムなので、何に使うという「柱がない」とちょっと厳しい感じに見受けられます。

アレコレに使えば問題ないといった感じだと、別にiPadじゃなくても良いよね?と考える事もできるからです。

 

スポンサーリンク

iPadノートPC活用する場合は有効性も考慮が必要

ここでは、iPadにキーボードケースをドッキングしてノートPCのように活用する方法もありますが、この場合の有効性についての紹介になります。

手軽にノートPC活用できる魅力

iPadには、Smart Connectorを搭載している機種もありますが、この機種の場合では、Magic Keyboard や ロジクール Folio Touch(Combo Touch)などの専用のキーボードケースが用意されています。

これらのSmart Connector対応キーボードケースを利用すると、まるでノートパソコンになってしまったのか?と思ってしまうぐらいにそっくりなiPadとして活用できるようになります。

しかも、マウスを使わなくても便利なトラックパッド(タッチパッド)を搭載しているので、キーボード入力する場合にも便利に使えるため、入力作業に役立ちます。

このような活用方法を実際に行っている人が居たりすると、魅力的に感じる場合があります。

 

ノートPC活用の用途ってそんなに有るのかな?

iPadをノートPC活用する場合では、どのキーボードケースを買えば良いのかな?で迷ったり、検討したりすると思います。

でも、このような検討の仕方は良くないです。何故か?と言うと、機種選びなんて一番最後で良いからです。もっと重要な事を検討しないで最後のどのキーボードケースにすれば満足できるのか?を考えると失敗します。

もっと重要な実際の用途について、真面目にしっかり考えないと、買って自己満足という結果が待っています。何か問題あるのかな?と思うかも知れませんが、買えば満足できるに決まっています。欲しい商品を買っているのですからね。

そうではなく、実際に活用して満足しないと意味がありません。それなら実際の用途って何があるのかな?

 

キーボードケースは実際の利用頻度も考慮が必要

iPadにキーボードケースを購入するのは何も問題ありませんが、少なくとも実際の利用頻度はどの程度あるのかな?という部分を考慮した方が賢明の選択になります。

これを考慮しないで購入すると、3ヶ月経過後は、あまり使っていない状態になる可能性が高いです。逆を言えば、3ヶ月経過後もよく使っているのであれば買って正解だと思います。

というのも、iPadに専用のキーボードケースをドッキング取付しても、ノートパソコンではなく、ただのiPadなのである。

この部分を承知の上で購入するのであれば、良いのですが、もしかするとノートPC不要になるのかな?と頭の隅にでも思っているとギャップを感じます。

そのため、iPadにドッキングして使えるキーボードケースを購入する場合は、少なくとも実際の利用頻度が高い場合に限定した方が良いです。

 

iPadは1つの用途に特化した活用方法が使える

ここでは、色々あるiPad活用方法の中で、たぶん有効性が高いのではないか?と個人的に考える「1つの用途に特化した活用」についての一長一短も含めての紹介になります。

1つの用途?

iPadを色々な用途に活用する場合では、「iPadで何をする?」という部分が多岐に渡ってしまうので、何でもOKといった感じになってしまいます。この場合のデメリットは、iPadじゃなくてもスマホやパソコンでも良いよね?と考える場合があるという部分に尽きます。

このように感じてしまうと、iPadの用途が少なくなってしまい、レームダック化する要因にも繋がります。そのため、いくつもの用途でiPadを活用するのは如何なものかな?と個人的に考えます。

それならば、どうすれば良いのか?と言うと、用途を限定して活用する選択が望ましいのではないか?という結論に到達します。具体的には1~2つの用途に特化して活用するパターン。

 

1つの用途に活用した場合のメリット

1つの用途に特化する活用では、一見すると、デメリットにしか感じられないと思いますが、決してそうではなく、便利に活用できるようになります。

オンリーワンでの使い方になるため、何かと用途が被りやすいスマートフォンとノートパソコンと用途が被る可能性が極力少なくなります。

正にこの状態であれば、併用できる関係となるため、スマホ・ノートPCと上手く連携できる関係になります。

用途が少なくなってしまうと、存在意義が少なくなる事を意味するため、活用できる範囲も狭くなる悪循環に繋がるため、色々と便利に使えるガジェットだったとしても、用途を絞った方が良い場合もあります。

 

1つの用途に活用した場合のデメリット

逆に、この活用方法のデメリットになりますが、大きく分けて2つあります。1つは、色々な用途に使えるのにも関わらず1つに特化する訳ですから、性能をうまく利用できないので勿体ないの一言に尽きます。

もう1つは、残念ながら1つに限定するのは意外と難しいのが実情になります。

実際にこの活用方法を利用する場合では基本的な考えとしては1つの用途にしておき、実際には1~2つの用途に絞って使うといった感じにしておくのが良さそうです。

 

iPad 1つの用途に特化した活用 実際の使用レビュー

ここでは、iPad Air 4 及び iPad mini 5 を1つの用途で使った場合の実際の使用レビューについての紹介になります。

iPad Air 4 デジタルノート活用

iPad Air 4 は、仕事に活用する事を目的に購入していますが、実際には仕事半分・学習半分といった感じになります。

というのも、Smart Connector対応キーボードケースのロジクールFolio Touchも購入したのですが、何だかんだ言っても、入力作業に関して言えば、圧倒的に便利に感じるのはパソコンという事実に気が付いたからです。

流石に、キーボードケースまで購入している状態で軌道修正というのは良くない選択なのですが、良い勉強をさせてもらった!という扱いにして、あえて軌道修正しています。

デジタルノートの用途に特化して活用という選択を行ったところ、Apple PencilESR iPad Air ケースも活用できるので、この軌道修正は良かったのではないか?と感じています。

それならば、実際の用途は?と言うと、デジタルノートですけれども、ノートと言っても、色々有り、仕事にも使ったり、学習にも使っています。

 

iPad mini 5 ゲーム活用

次に、iPad mini 5 も所持していますが、こちらは毎日の通勤に持参する目的に購入しています。でも、コロナの関係で、通勤からリモートワークに変更になったお陰で、用途が完全になくなっています。

本来ならば、この時点で終了となる訳ですが、まだ現役で利用できるため、スマホでプレイしているゲームを iPad mini 5 に移行しています。

完全にゲームマシンと化しているのですが、スマホよりも大画面でプレイできるゲーム活用も魅力的に感じます。この選択も良かったかな?と感じています。

iPad OS のサポートが切れるまで活用したいと考えています。

コメント