iPad キーボード 活用より Apple Pencil 活用を

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadはスマホよりも大画面で使えるタブレット端末に該当しますが、色々とな用途に使えるガジェットでもあります。

ウェブページの閲覧から動画視聴、ゲームにも対応できるだけでなく、キーボードやマウス、PC周辺機器を利用できるので、ノートパソコンのように活用する事もできます。

正に何でも利用できるガジェットといった感じですが、こんなに便利なiPadだったとしても、上手く活用できないパターンもあります。その1つの例がiPadをノートPC活用する場合が挙げられます。

それならば、視点を変えて、Apple Pencil を利用する活用方法を見出すのも魅力的な選択なのではないでしょうか?というのも、iPad購入時にApple Pencil も購入する場合が多いので、追加で買わなくて済む場合が多いからです。

今回の記事は『iPad キーボード 活用(ノートPC活用)より Apple Pencil を活用する選択を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad ノートPC 活用は、上手く活用できない方が多い

iPadにキーボードケースをドッキング装着すると、まるでノートパソコンのように利用できますが、この活用方法は上手く活用できない場合があります。

どうして活用できないのか?

どうして上手く活用できないのか?は実際のところ、良く分からないと言った方が正解になります。あえて言えば、購入する前によく検討しないで見込みスタートしたのが敗因なのではないかな?と個人的に考えます。

よく調べないで買うと失敗する事が多いですから、これと似た感じだと思います。一番多いのは勘違いだったりします。iPadは高性能なCPUを搭載していますし、トラックパッド付キーボードも利用できるので、ノートパソコンのように利用する事も可能です。

そのため、ここで勘違いが発生してしまうんだと思います。見た感じノートPCですから、ノートパソコン代用で使えるのではないか?と思い込んでしまうんだと思います。

このように思ってしまうと、勘違いが勘違いを生むといった感じで、自分の頭の中で膨らんでしまうのである。

 

キーボード活用する用途が少ない

勘違いも原因の1つになりますが、実際の用途が少ない事に気が付かないという場合もあります。キーボードケースを利用したと仮定して、果たしてどのぐらいの利用頻度が有るのか?と考慮していない場合が多いです。

それもその筈で、キーボードケースを購入する場合では、そんな事考えないと思います。頭の中では魅力的に感じている状態になるので、良い部分しか頭の中に入らないといった状態。

自分にとってデメリットに感じる部分は見えないというか、見えてはいるんだけど、頭の中に入って来ない状態になっている場合が多いです。

これでは、iPadを便利に活用できないと考えます。

 

プランBを用意していない

iPadノートPC活用では、自分が考えている内容が全てになっている場合が多いため、プランBを用意していない可能性が高いです。

もし、考えている事がうまくいかなかった場合はどうするのか?というプランが無いと、それなりに高い金額で購入したキーボードケースが宝の持ち腐れ 又は 自宅で眠ってしまう展開になりやすいです。

 

スポンサーリンク

iPad ノートPC 活用より、Apple Pencil 活用が魅力的

ここでは、iPadノートPC活用よりも、Apple Pencil を利用した活用方法の方が魅力的に感じるので、その紹介になります。

初期投資が安価で済む

Apple Pencil も純正品なのでそれなりに高い金額になりますが、それでも、Magic Keyboard や ロジクール Combo Touch と比べれば安価で購入できます。

しかも、Apple Pencil には類似品も多いため、予備の Apple Pencil を購入しなくても、安価で購入できる類似品を予備として利用できるメリットも利用できます。

とはいえ、Apple Pencil のペン先は消耗品になるため、ペン先が摩耗したら、ペン先を交換する必要が発生するのが唯一のデメリットに該当します。

 

Apple Pencil は、キーボードより便利に使える

iPadにキーボードケースをドッキング装着して利用するよりも、Apple Pencil を利用した方が実際の利用頻度が多いです。

というのも、キーボードケースを利用する用途と言えば、文書作成や表計算アプリを利用する場合が多いですが、実際の話、この用途はパソコンでも利用できます。

それなのにあえて、iPadでOfficeアプリを使ったとして、果たして本当に便利なのでしょうか?こればっかりは個人差があるため、一概には何とも言えません。

それに対して、Apple Pencil の場合では、用途が限定されるという事も少ないので実際の利用頻度はキーボードケースよりも多いです。

それなりに高い金額を出して買うのですから、実際の利用頻度も考慮した方が良いと思います。

 

Apple Pencil 便利グッズも利用できる

Apple Pencil の弱点と言えば、ペン先が消耗品である事ではなく、若干ですが細く感じるので、持っていて使いづらいと感じる場合があります。

でも、Apple Pencil 専用シリコン保護ケースという便利グッズも購入できるため、細いな~と感じていてもドンピシャ!な感じの太さにパワーアップできたりします。

デメリットを補完できる便利グッズが利用できるのが良いと感じます。

 

iPadにアレコレ求めると上手く活用できない

ここでは、色々と便利に使える iPad にアレコレ求めると、うまく活用できない場合があるについての紹介になります。

色々と便利に使える用途でiPad活用は良くない

iPadはスマホとノートパソコンの中間的なポジションに該当するタブレット端末になるため、このポジションで色々と便利に使えるのがメリットになりますが、スマホとノートパソコンに用途に被りやすいです。

用途が被ってしまうと、必然的にスマホパソコンに集約する傾向が高くなるため、iPadの存在意義が少なくなるため、実際の利用頻度も減少する事になります。

そのため、色々と便利に使える用途で、iPad活用するのは良くないと感じます。

 

用途を使い分けるのも一長一短

スマホとノートパソコンに用途が被りやすいのであれば、被らないように使い分ける必要もありますが、現実的には難しいのではないか?と個人的に考えます。

その理由としては、最初の頃は気を付けているので用途は被りませんが、時間が経過すればするほど、徐々にゴチャ混ぜの傾向が高くなるため、気が付いた時には既にゴチャ混ぜになっている場合が多いです。

用途を使い分けるのではなく、iPadでしかダメという用途を見つける必要があると感じます。

 

iPadは1つの用途で使うのが最適に感じる

iPadを上手く活用する方法として、1~2つの用途に特化する活用が最適なのでは?と個人的に考えます。というのも、実際に1つの用途に特化して使うと用途がスマホとパソコンとで被らないからです。

用途が被らなければ、オンリーワンの使い方になるため、iPadが無いと困るパターンになります。これはつまり必需品の用途になるため、スマホとノートパソコンとで共存できるようになります。

それならば具体的にどんな用途であれば大丈夫なのか?と言うと、「デジタルノート」活用になります。

 

iPad デジタルノート活用(Apple Pencil )が最適

ここでは、iPad をデジタルノートに活用した場合のメリット・デメリットについての紹介になります。

iPad デジタルノート活用 メリット

iPad をデジタルノートの用途に活用した場合では、確実にオンリーワンの用途で利用できるため、時間が経過しても継続して、この用途で活用できる場合が多いです。

というのも、魅力的に感じるデジタルノート・アプリが多いですから、使っていて飽きないのが理由の1つに該当します。それだけでなく、ノート活用に関して言えば、用途は意外と多くあると感じます。

仕事にも利用できますし、プライベート(学習用途)でも使えるため、どの年代でも利用できる用途に該当します。

但し、自分にとって最適に感じるアプリに恵まれるのか?も関係あるため、アプリ選びは疎かにしてはいけないと思います。

やっぱり、アプリの操作性や使い勝手は重要なポイントになります。

 

iPad デジタルノート活用 デメリット

iPad をデジタルノート活用した場合では、全てにおいてバッチリという訳ではないです。当然の事ですが、メリットが有るという事はデメリットも実際にあります。

Apple Pencil のペン先は消耗品なので、摩耗するという事に尽きます。頻繁にApple Pencil を使っていると、ペン先が摩耗している事に気が付きます。

このまま、何もしないと中からが出て来るのでディスプレイを傷付けてしまうため、ペン先は交換が必要になります。

Apple純正品よりも安価で購入できる類似品を購入すると、あっという間に摩耗するので、何だかんだ言ってもペン先に限って言えば、純正品が最適です。

因みに、Apple Pencil チップ(4個入り)になります。

 

iPadを買う時はキーボードケースを購入しない選択を

iPadは専用のキーボードケースを利用できるので、ついノートPC活用したくなってしまうのが実情になります。これは魅力的に感じてしまうと、実際に購入するまで頭から離れないので仕方のない部分になります。

ですが、ここはあえてグッと堪えて、この活用は行わない選択が、iPadを上手く活用できる方法への近道になるのではないか?と個人的に考えます。

つまり、iPadと一緒に買うのは、Apple PencilSmart Folio だけにしておくのが良いと感じます。

但し、Smart Folio も 買わなくても良いのでは?と思う事があります。何故か?と言うと、類似品の存在が挙げられます。類似品は性能は劣りますが、純正品よりも安価で購入できますし、プラスαの機能が付いている場合もあるからです。

コメント