iPad 活用方法!電子書籍の読書・勉強・学習に使う方法が活用できる

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを購入したのは良いけれども、使い道や活用方法で悩む場合もあります。このような場合に役立つアイデアが直ぐに思い浮かべば悩む必要はないのですが、なかなか上手くいかないものです。

正に、こんな場合に試してもらいたいのが発想の転換や視点を少しずらしてみる行動に尽きます。たったこの2つだけで、今まで何で思い浮かばなかったのだろうか?と思ってしまうぐらいに何かしら1つぐらいはアイデアが浮かぶ場合があります。

それでも現実的に有効なのか?は別としてアイデアが出て来るのは良い事だと思いますので、より現実的なアイデアを見出すようにするのが最適です。

例えば、趣味が読書の場合では、電子書籍で読書に変更するだけで、iPad活用に繋がるため、先ずはチャレンジしてみるのが良いと考えます。

今回の記事は『iPadは電子書籍の読書、勉強・学習に使う方法が有効に活用できる方法の1つ』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad 使い道 活用方法 で悩んだ場合に有効な対策

iPad購入したは良いけど、上手く活用できなくて悩んでしまう場合がありますが、これは実に勿体ないと感じます。

iPad 活用できる?活用できない?

iPadを購入する前は、自分が思い描いている用途で使う事を前提に頭の中を膨らませているのですが、iPadを実際に購入して使ってみると、自分のイメージ通りの展開にならない場合が多いです。

これは何故なのか?と言えば、購入する前にしっかり検討していなかった部分が露呈しているだけの場合も有りますし、そうではなく、根本的に思い違いをしていた部分も有るからです。

前者の場合では検討の甘さなので自業自得になりますが、後者の場合は勘違いが勘違いを生む悪循環になるため、一度リセットも必要になります。重要なのは、どちらの場合でも軌道修正する事ができるのか?になります。

 

iPad 購入して悩まない対策も必要

本来であれば、iPadを購入した目的で実際に利用すれば何も問題ないのですが、購入目的と実際の用途が異なる場合では、活用方法に迷いが生じて本当にこの使い方で良いのだろうか?といった感じになります。

このように思ってしまうと、どんどん悪い方向に突き進んでしまうので、使い道活用方法で悩んでしまう事になります。そのため、可能ならば、本来の購入目的の用途でiPadを利用する事を強くオススメ致します。

それでも購入前の検討の甘さなどが原因で実際の用途が異なる場合では、うまく軌道修正できるのか?も関係して来るため、可能ならば代案を用意しておいた方が無難です。

Aプランだけでなく、Bプランの有無でも変わって来るため、保険は掛けておいて損はないです。

 

iPad 使い道 活用に悩んだ場合の対策

Bプランも用意しているのにも関わらず、それでも活用方法で悩む場合もありますが、この場合では、発想の転換やちょっと異なる視点で物事を考えてみるのが良さそうに感じます。

というのも、視点が違うだけで見えて来る風景も異なりますから、いつもとは違ったアイデアが見つかる可能性が有るからです。

 

スポンサーリンク

iPadを読書や勉強に活用してみるのも1つの方法

ここでは、iPadを勉強や読書に活用する場合の全般的な内容についての紹介になります。色々な用途に利用できるガジェットなので、学習用途に活用するのも良いと思います。

iPad 勉強 活用

実際にiPadを勉強に活用している人も多いと思いますが、具体的にはどのようにiPadを勉強に使うのか?というのが重要になります。

何故か?と言うと、どのように勉強するのか?や便利グッズやガジェットを使うのか?には個人差が有るからです。

一見すると、他人の真似事としか思えない事でも、実際の中身が異なるので、単純に真似ではないと思います。

同じiPad勉強活用でも、プロセスや考え方が異なるため、三者三様といった感じにオリジナルの勉強方法に繋がるのである。そのため、チャレンジしてみる価値は大いにあります。

 

iPad 英会話(外国語学習) 活用

英会話などの外国語学習の用途にiPadを利用するのも1つの方法になります。特にこの場合では、大画面を活かす事ができます。

言語交換も含めて、海外の友人とオンライン通話を楽しむ事も可能です。

また、Youtube などの動画視聴をしながら勉強するという方法も良いと考えます。

 

iPad 読書 活用

次に趣味が読書の場合では、もしかすると、iPadを上手く活用できる可能性が高いです。というのも、書籍の場合では、書店やネット通販で書籍を購入する事になるため、自宅の自分の部屋に本棚が必要になります。

図書館で書籍を借りる場合では、本棚は必要ありませんが、それでも一時的に収納できる場所も有った方が良いです。

これをiPadで読書活用すると、自宅に本棚が不要になるため、省スペース化に繋がります。部屋を有効に活用する場合にも役立ちますから、十分に検討してみる価値があります。

特に狭い部屋の場合では省スペース化は重要です。

 

読書が趣味の場合は、iPadで電子書籍の読書に変更

ここでは、実際に読書をiPadで行ってみた場合の感想についての紹介になります。

iPad読書活用(自宅、通勤)

筆者の場合は読書が趣味ではないですけど、それでも読書する機会があります。特に電車通勤なので待ち時間が発生するため、この待ち時間を有効に活用する目的でiPadを利用しています。

そのため、毎日の通勤には携帯に最適な iPad mini 5 を持参し、電子書籍の本で読書となります。電子書籍なので、何冊読んでも重量は iPad本体の重量で済みます。

但し、電子書籍だったとしてもiPadの本体サイズは大きい方が便利に感じるため、自宅で読書する場合は10インチ以上のiPadをオススメ致します。

因みに、iPad mini は文庫本サイズが丁度よいと感じます。

 

勉強や学習で利用する参考書

次に勉強や学習といった場合では、参考書も必要になりますが、参考書も電子書籍版を購入する事もできます。もし、iPadで電子書籍の参考書を購入できれば、iPadがそのまま参考書として利用できるようになります。

また、辞書などもiPadで検索できるようになるため、参考書・辞書共にどちらの場合でも勉強や学習に役立ちます。この用途でiPadを活用しても良いのではないでしょうか?

とはいえ、メリットが有るという事はデメリットも有るため、必ずしも最適な方法とは言えませんが、iPadの使い道や活用方法で悩んでいる場合では、有効な方法の1つに該当するのでは?と個人的に考えます。

 

新聞の購読にiPad活用

新聞と言えば、朝刊や夕刊を購読契約している場合が多いですが、紙ではなく、電子購読という方法もあります。新聞の場合では読み終わったら確実に資源ごみになりますから、少なくとも毎月1回は確実に新聞をゴミに出す必要があります。

でも、iPadなどのタブレット端末やパソコン等で購読すれば、資源ごみが減るので、ゴミの減量化に繋がります。

 

iPad 勉強・学習 にも使える!デジタルノート 活用

iPadを参考書に活用するのも1つの方法になりますが、参考書の相棒(デジタルノート)としての活用も十分に有りだと思います。

デジタルノート・アプリ

iPadを勉強活用する場合では、ノートも必要になりますが、幸いな事にノートアプリも充実しているため、自分にとって最適に感じるノートアプリを選択する事から始めるのが良いです。

手っ取り早いのはオススメとされているアプリをインストールする方法となりますが、こればっかりは自分で実際に使ってみて判断した方が良いです。

というのも、確かにオススメアプリは優秀な場合が多いですが、必ずしも自分に合っているのか?という部分が分からないからです。操作性も全て同じではないですから、その辺の事情も含めてチェックする事が重要です。

仮に、このような面倒に感じる事はやりたくないと考えていると、そんなに便利に感じないとか、課金してもあまり役立たないといった感じになります。

 

Apple Pencil

iPadで利用できるデジタルノートアプリをインストールすれば基本的には準備完了となりますが、ノートに手書きする事になるため、Apple Pencil も必要になります。

たいていの場合は、iPad購入時にセットで買っている場合が多いと思います。仮に購入していない場合では、追加購入しても良いですし、類似品のiPadスタイラスペンを買っても良いと思います。

但し、ペン先は消耗品となるため、摩耗した場合は速やかに交換も必要になります。交換しないと芯が出てきてディスプレイを傷つける事になります。

この観点から考慮すると、Apple Pencil よりも安価で購入できる類似品より、純正品である Apple Pencil の方が良いのでは?と個人的に考えます。

 

補足事項

iPadを勉強活用する場合では、Apple Pencil も必要になりますが、実際に持ってみると、ちょっと細く感じる場合があります。

これでも問題ないのであれば特に気にする必要はありませんが、使い勝手に影響する場合もあります。

こんな時は、便利グッズを使ってみるのも1つの方法になります。Apple Pencil専用のシリコンカバーケースが該当します。

コメント