iPhone Lightning USB-C 巻取式ケーブルのレビュー

スマホ・タブレット
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

AndroidスマートフォンからiPhoneに乗り換えたのですが、仕事で通勤する場合ではいつも、モバイルバッテリーと自動巻き取り式の充電ケーブルを持参しています。

Androidスマートフォンの場合ではUSB Type-Cなので問題なかったのですが、iPhoneの場合だとLightningケーブルなので、これに対応する自動巻き取り式ケーブルが必要になったのである。

Magsafeに対応したワイヤレスバッテリーは所持していないため、必然的にこの選択となった訳なんですけど、実際に購入して外出先で使ってみると、スマートとは言えませんね~というのが率直な感想になります。

今回の記事は『iPhone Lightning USB Type-C 自動巻取式ケーブルのレビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPhone Lightning USB-C 自動巻取式ケーブル

ここでは、iPhoneで利用する目的で購入したLightning 自動巻取式ケーブルについての内容になります。

オウルテック 超タフUSB巻き取り式Lightning 仕様

サイズ : 70mm × 50mm
補足等 : コネクタからコネクタまでの長さで計測は 100mm

重量等 : 約60g

端子等 : USB Type-C オス 、Lightning オス
転送速度: 最大480Mbps

急速充電: USB PD (Power Delivery) 対応 最大60W (20V/3A) 充電対応

その他 : Apple認証品

 

タフ設計のLightning USB-C ケーブル

① 素材
防弾性繊維であるアラミド繊維を使用しているため、相当な力で引いても断線しないようになっています。

 

② コネクタ
コネクタの付け根部分もしっかり補強を施してあるため、断線を軽減します。

 

使用方法

① ケーブルの出し方
自動巻き取り式のLightningケーブルを引き出す場合は、USB Type-C端子とLightning端子の両方のコネクタを持って同時に引っ張ります。片側だけ引っ張るのはダメです。

 

② ケーブルの収納方法
自動巻き取り式のLightningケーブルを引き出した場合では収納する必要がありますが、この場合は両方のコネクタを全部引っ張り出した上で、ちょこっと引っ張ると、スルスルスルといった感じに収納できます。

 

スポンサーリンク

iPhone Lightning USB-C 巻取式ケーブルの特徴

ここでは、iPhoneを充電する目的で購入したLightning 自動巻取式ケーブルの特徴についての内容になります。

自動巻き取り式

iPhone 13 のパッケージに付属されているLightningケーブルは、USB Type-C Lightning ケーブルになりますが、持ち運びに便利とは言い難いのが唯一の欠点になります。

というのも、綺麗に◯を描くように丸く纏めると丸まるので問題ないのですが、それでも1箇所は留める必要があるので、ちょっと煩わしさを感じます。

でも、自動巻き取り式であれば、このような手間や煩わしさから開放されるので便利に感じます。

 

USB Type-C Lightning

純正品と同じ USB Type-C Lightning ケーブルになるため、使い勝手が良いと感じます。あえて言えば、コネクタ部分をカバーするソケットのような物が付属されていれば尚、良かったと感じます。

 

PD 60W 急速充電に対応

流石タフ仕様だけあって、PD 60W 急速充電に対応しているのは便利に感じます。とはいえ、PD 60W 急速充電に対応している充電器がないと意味がないため、実際には宝の持ち腐れになってしまうのかな?と感じます。

というのも、筆者が所持しているPD充電器は20Wまで対応している LOMAYA 20W iPhone対応USB PD充電器だからです。

もし、PD 60W 急速充電に対応している充電器を所持している場合では、大いに役立つのではないか?と考えます。

 

iPhone Lightning 自動巻取式ケーブル購入レビュー

ここでは、iPhoneの充電に利用するLightning 自動巻取式ケーブルの購入レビューについての内容になります。

見た感じの感想

商品のパッケージを開封して感じた事は、見た感じとても大きい!というのが率直な感想になります。

というのも自動巻き取り式のケーブルは3in1タイプ(USB Type-A、USB Type-C、MicroUSB、Lightning)を所持しているのですが、サイズが一回り大きいのである。

さらに、もう1つ付け加えると、3in1タイプの場合では、コネクタは全て本体部分に格納されるようになっているため、出っ張り部分がないのですが、このタイプはコネクタ部分が格納式に対応していないため、余計にサイズが大きいと感じます。

でも本体重量に関しては3in1タイプと比べて対して変わらないので特に問題ありません。

 

ホワイトの方が良かったかも知れない

本体色がブラック、ケーブルがレッドのタイプを購入したのですが、ブラックの場合だとホコリが付着すると、特に目立つような気がします。そんなに大勢には影響がないので気にしなくても良いかも知れません。

もしかすると、本体色とケーブルが両方ともホワイトの方が良かったのかも知れません。今にして思えば、そのように感じます。

 

購入レビュー

実際に購入してどうだったのか?についてのレビューになりますが、見た感じの印象としては想定外の大きさだったぐらいで、その他は特に気にしていません。

実際の話、通勤用バッグに収納しやすいので、外出先への持ち運びに関しては特に申し分ないと感じます。それに本体カラーがブラックでかつ、ケーブルカラーがレッドという組み合わせも見慣れたせいもあり、普通の光景といった感じになります。

気になった部分は、完全な収納式ではないため、ケーブルを引き出した時に見た目が悪いかな?といった感じだと思います。

 

Lightning 自動巻取式ケーブル 使用レビュー

ここでは、iPhoneの充電に使うLightning 自動巻取式ケーブルの実際の使用レビューについての内容になります。

iPhoneに充電してみた感想

Lightning 自動巻取式ケーブルは、外出先でも手間なく煩わしさを感じる事なく利用する目的で購入しているため、充電してみないと始まりません。

という訳で早速、パッケージを開封と同時にiPhoneに充電してみたのですが、普通に充電できましたね。そりゃあそうなんだろうけど、特別に何が優れているのか?というのは無さそうに感じます。

というのも、 LOMAYA 20W iPhone対応USB PD充電器に接続しているため、常に急速充電しているため、あまり感じていないかも知れない。

 

iPad mini 5 に充電してみた感想

iPad mini 5 も所持しているのですが、充電ポートはLightningコネクタなので、このLightning 自動巻取式ケーブルが利用できます。

毎日のようにゲームプレイで使用している関係で、毎日のように充電しているのですが、こちらは急速充電する必要がないため、純正の充電器を使っています。

iPad mini 5 で充電してみると、確かに急速充電している感があります。但し、自宅で使うのであれば、長さが1mというのは丁度よいのですけど、ケーブルの太さが気になる感じになります。

コメント