iPhone ケース選び方!両面保護のガラスケースが便利に感じる

iPhone
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPhoneを購入したら、ケースは何を購入しようなか?と思ってしまいますが、この場合ではどのようなタイプのケースを選んで購入するのでしょうか?

直感を信じたり、他の人が実際に使っているタイプが魅力的に感じたりするので、自分としての考えよりも、便利に使っている人のケースの方が良さそうに感じたりするものです。

何だかんだいっても、何かしらのケースは購入する事になる場合が多いため、ちゃんと考えた上で購入した方が良いのではないか?と個人的に考えます。その理由としてはアレコレ買ってしまうからです。

今回の記事は『iPhone ケース選び方!両面保護のガラスケースが便利に感じる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPhone ケースは、どのタイプが便利に感じるのか?

ここでは、iPhoneで利用するスマホケースはどのタイプを選んだ方が良いのか?についての内容になります。

iPhone 豊富にあるアクセサリー

iPhoneを購入したら、色々なアクセサリーを購入する場合が多いですが、何を購入していますか?こればっかりは個人差がありますから、一概には何とも言えません。

特に、iPhone 13 の場合では、USB Type-C Lightning ケーブルは付属されていますが、USBコンセントは付属されていないので、所持していない場合は別途購入する必要があります。

購入者によっても必要に感じるアクセサリーが異なるのが実情になります。

 

iPhoneケースは、どれも魅力的に感じる

iPhoneケースを購入する場合では、色々なタイプがあるので、先ずはどれにするのか?選択する必要があります。

「片面保護」、「手帳型」、「シリコンケース」、「ハードケース」、「ガラスケース」といった感じで素材や機能も異なるため、どれを選べば自分にとって最適なのか?よく分からないと感じるのである。

どれも魅力的に感じるといった場合では、最悪の場合、甲乙つけがたい状態になっていますから、総当りで購入してしまう!といった場合も有ると思います。

 

他人が使っているケースが魅力的に感じる

もう1つ厄介の事は、電車内や職場等で第三者がスマホを利用している場合に、あのケースは良いかも知れない!と思ってしまう場合も実際にあります。

一度気になってしまうと、調べて見つける努力をする事になるため、運良く見つかってしまった場合は購入する場合が多いと思います。

外出すると、皆さんよくスマホを触っていますから、仕方がないのかも知れません。

 

スポンサーリンク

iPhone Magsafe(マグセーフ)対応シリコンケース

ここでは、iPhoneで利用できるMagsafe(マグセーフ)対応シリコンケースについての内容になります。

Magsafeワイヤレス充電に対応シリコンケース

iPhoneケースを購入する場合では、Magsafeワイヤレス充電に対応しているのか?という部分も考慮する場合があります。ケーブルレスワイヤレス充電できるケースが有ると便利に感じます。

というのも、通常ではLightningケーブルを利用しますが、必要に応じて臨機応変にワイヤレス充電も行える状態になっているので、充電方法を選択できるので便利に感じます。

そのため、ケースを購入するのであれば、Magsafe対応も検討要素の1つになる場合もあります。

 

触り心地が良いと感じる

Magsafe対応iPhoneケースの場合では、シリコンケースが多いと思います。シリコンケースの場合では、圧倒的に触り心地が良いと感じます。

触り心地が良いと、いつでも手に持っていたくなるので、しっかりiPhoneを持つ事ができます。その結果、不用意な落下への対策にも繋がったりするので選択肢の1つになります。

 

Magsafe対応アクセサリーと相性が抜群

Magsafe対応シリコンケースの場合では、マグネットが埋め込まれているため、Magsafe対応アクセサリーとの相性が良いです。具体的には、MOFT ウォレットスタンドなどのアクセサリーが該当します。

マグネットが埋め込まれていないタイプ(ガラスケース)をiPhoneに装着した状態で対応アクセサリーを利用するとマグネット吸着が弱い感じになるため、外れやすくなります。

それに対して、Magsafe対応ケースの場合では、ケースにマグネットが埋め込まれているのでしっかり吸着します。

 

iPhone 耐衝撃対応ハードケース

ここでは、iPhoneで利用できる耐衝撃対応ハードケースについての内容になります。

耐衝撃対応ハードケース

iPhoneケースを購入する場合では、耐衝撃性に対応しているハードケースを選択する場合もあります。ミリタリー仕様とか?が該当するのですが、そのような仕様の場合では何故だか分かりませんが魅力的に感じるのである。

落下対応になっているのではないか?と頭の中で勝手に思い込んでしまう感じになるのである。思い込みというのは厄介ですから、この様に感じない方が良いと思います。

実際に購入してみると、凸凹感があるため、手に持つとしっくりと来ない!といった感じで、そんなに魅力的に感じなかったりするものです。

 

耐衝撃性に優れるのが魅力的

耐衝撃対応ハードケースの場合では耐衝撃性に優れるので、この部分に惹かれてしまうのではないか?と思います。ここでよく考えて欲しいのは、このようなタイプのケースの場合では片面保護が多かったりします。

片面ではディスプレイにガラスフィルムの貼付が必須になるので、このような部分も総合的に考慮した方が良いのではないか?というのが個人的な見解になります。

耐衝撃性に優れていたとしても、全てを保護できなければ意味がないのでは?と感じます。そのため、片面保護のタイプは色々とよく勉強になったりします、

 

片面保護

片面保護のケースの場合では、ガラスフィルムの貼付が必須になると感じます。

フィルム貼付が得意な人も居れば、苦手に感じている場合も有るので、この部分はよく検討した方が良いです。

特に、フィルム貼付を家電量販店等の貼付サービスに頼っている場合は、この選択が妥当なのか?考えた方が良いです。

 

iPhone 両面保護のガラスケース

ここでは、iPhoneで利用できる両面保護のガラスケースについての内容になります。

両面保護のガラスケース

両面保護に対応しているガラスケースというタイプもありますが、実際に購入してみると、意外と便利に感じる場合が多いです。ガラスなので、重たい印象になってしまいますが、軽量タイプも有るため、必ずしも重たいという訳ではないです。

それでいて、Magsafeワイヤレス充電にも対応していたり、耐衝撃性にも優れていたりするので、これを選択しておけば、とりあえずは問題ないのではないか?と感じたりします。

とはいえ、デメリットに感じる部分も有ったりするので、その見極めができるのか?が重要な要素になると考えます。

 

全てにおいて便利に感じる

iPhoneで利用できるケースは色々なタイプがありますが、これまで実際に購入したケースの中から、ドレを選ぶのか?を選択するのであれば、筆者の場合は間違いなく両面保護のガラスケースを選択すると思います。

オールマイティで利用できる感があるため、何か使い勝手もよく、使いやすいと感じます。

その反面、全てにおいて最適といった感じでもないので、現状では満足していても、さらなる高みを求める傾向になってしまうのである。

そのため、割り切って使う事ができるのか?という部分も考慮が必要になります。

 

ガラスフィルムを貼付しなくて良い

両面保護のガラスケースの場合では、「ガラスフィルムを貼付しなくて良い」という部分が魅力的に感じます。その理由の1つとして、フィルムの貼付が苦手に感じているという部分が該当します。

苦手に感じている人にとっては救世主のような存在かも知れません。

 

 

iPhone ケース選び方!両面保護のガラスケースが便利

ここでは、iPhoneケース購入で、どのタイプを選ぶのであれば、両面保護のガラスケースの選択を検討した方が良いについての内容になります。

総合力なら両面保護のガラスケース

これまで購入した事のあるiPhoneケースの中からカメラのレンズも保護する両面ガラスケースが総合的に良いのではないか?と考えています。

このケースはマグネット+スライド式のロック機能を備える2重ロックタイプなのですが、それでいて着脱も簡単に行えますし、とても軽いと感じるのである。

Magsafeによるワイヤレス充電も普通に行なえますから、もうこれ1つあれば良いかな?と満足できます。それでも、実際には不満に感じる部分もチラホラ見つかってしまうのである。

 

一長一短あり

① 滑るのがデメリット
2重ロックタイプの両面ガラスケースのデメリットに感じる部分はズバリ!滑るという部分に尽きます。何処が滑るのか?と言えば、ケース全体ですね。全体的に滑りやすいのでしっかり持たないと落下するのでは?と感じます。

 

② メリット
カメラレンズも保護する全面保護ケースであるという部分は素直に評価できます。なかなかこういうケースは無いですから、購入して正解に感じます。

 

iPhone ケース選び方

もう結論は既に出ていますが、これからiPhoneケース購入する場合では、カメラレンズも保護する全面保護に対応している両面保護ガラスケースを世検討してみるのも1つの方法になります。

でも、検討しなくても良いです。その理由は「感じ方」が関係してきます。

感じ方には個人差があるため、本当にそうなの?ってなるからです。あくまでも参考意見という感じで良いと思います。

コメント