iPhoneで使えるUSBハブが有ればUSBメモリが利用できる

iPhone
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPhoneは日常生活で役立ちますが、どのような用途に利用しているのでしょうか?仮に活用する場合では、周辺機器と連携する場合も実際にあると思います。

iPhoneと連携して利用できる機器と言ってもApple Watchやイヤホンといった機器が真っ先に思い浮かびますが、これらの周辺機器だけでなく、USBメモリといった機器も利用する機会があります。

外出先や仕事といった用途に限らず、動画ファイルをUSBメモリを持ち歩く事も実際にありますから、このような用途では活躍できると思います。

今回の記事は『iPhoneで使えるUSBハブが有ればUSBメモリが利用できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPhoneでもUSBメモリは利用できる(使える)

ここでは、iPhoneで、USBメモリを利用する場合では、どのようなUSBメモリであれば使えるのかな?についての内容になります。

Lightningコネクタ搭載型

iPhoneで利用できるUSBメモリは、基本的には、Lightningコネクタを搭載しているUSBメモリが該当します。実際の話、このタイプも販売しているため、このUSBメモリを購入するのが何だかんだ言っても最適になるのではないか?と思います。

その理由としては、他の方法の場合では、カメラアダプタ(iPhoneで利用できるUSBハブ)が必要になるため、余計な出費に繋がる可能性があるからです。

特に純正品のカメラアダプタの場合は、それなりの価格になりますから、注意が必要になります。そのため、このようなアダプタを介するのではなく、直接iPhoneに接続して利用した方が逆に便利に利用できるのではないか?と考えます。

やっぱり直挿し込みして利用した方が便利に感じます。

 

既存のUSBメモリを活用する場合

iPhoneでUSBメモリを利用する場合では、Lightningコネクタを搭載しているUSBメモリを利用した方が良いのですが、これを買ってしまうと、他のデバイスでは活用できなくなってしまうので最適ではないです。

厳密に言えば、Lightning変換アダプタを利用すれば他のデバイスでも利用できるようになると思います。実際に購入していないので、その辺の事情は確かめていません。

既に所持している既存のUSBメモリをiPhoneで利用する場合では、カメラアダプタが必要になります。これを購入するのかな?というのが大きな悩みといった感じでしょうか?

 

スポンサーリンク

iPhoneでUSBメモリを使う方法はカメラアダプタを利用

ここでは、iPhoneで、既存のUSBメモリを使うには、カメラアダプタが必要になるについての内容になります。

Apple カメラアダプタ

iPhoneで既存のUSBメモリを利用する場合に必要になるのが、カメラアダプタになります。Apple純正品カメラアダプタを利用するのが最適になりますが、必ずしも最適という訳ではないのが実情になります。

その理由としては、大して機能がないのにも関わらず、純正品ということで、価格もそれなりに高いのが理由の1つに該当します。これは仕方のない事なので、よく考えて購入すれば良いと思います。

大して機能がないという部分は、「感じ方」なので、筆者の場合はそのように感じたと言った方が正解になります。他の第三者では高機能と感じる場合もあると思います。

 

Apple 以外のカメラアダプタを利用する

Apple純正品ではない選択も可能です。ネット通販で検索すれば類似品も購入も行う事ができます。ここで注意すべき事項は、類似品の場合では、購入して満足に利用できるのか?は自己責任になるという部分に尽きます。

というのも、全ての商品がApple認証品ではないですから、この部分はそれなありにリスクが伴います。購入するのであれば、iPhoneで利用できるのを確認した上で購入する事をオススメ致します。

買ったは良いけど、iPhoneに接続したら、何も反応が無かったといった感じだと、買って後悔する展開になりますから、パッと見で判断して購入するのは良くないです。

しっかり検討も必要になると思います。

 

Ligtning USBカメラアダプタ(USBハブ)活用で対応

ここでは、Apple純正ではないタイプのLigtning USBカメラアダプタを活用して、USBメモリを使う方法についての紹介になります。

既存のUSBメモリを活用する場合

筆者が所持しているUSBメモリは、USB Type-A 及び USB Type-C のコネクタを持つ2in1タイプになります。

Team 64GB スイング式USBメモリなのですが、今まではAndroidスマートフォンを利用していたので問題なく使えました。

AndroidスマホからiPhoneに乗り換えた事による弊害で、このUSBメモリが利用できない状態になっています。

これをiPhoneでも利用する場合では、変換アダプタ 又は Lightningコネクタに対応しているUSBハブ(カメラアダプタ)が必要になります。

これだけの用途で購入するのは馬鹿らしいですから、買わない選択を行った方が賢明です。この場合では、パソコンにファイル転送するといった用途が丁度よいのではないかな?と思います。

もし、他にも用途が複数ある場合はカメラアダプタを買っても良いのでは?と思います。

 

カメラアダプタをiPhoneに接続

iPhoneで利用できるUSBハブ(カメラアダプタ)を所持している場合では、iPhoneのLightningポートに接続して、USBメモリを利用できるようになります。

接続すれば中身を確認できるようになるのですが、この場合に利用するアプリは「ファイル」になります。ファイルは標準アプリに含まれています。

ファイルを開くと標準では iCloud Drive を表示するので、画面の左上にあるブラウズをタップすると、USBメモリを選択できるようになります。

場所にiPhoneに接続しているUSBメモリが表示されていますから、それをタップして開くだけなので簡単だと思います。

 

利用するアプリ

iPhoneに接続でも記載しましたが、USBメモリを利用する場合では「ファイル」アプリを利用します。

 

iPhoneで利用できるUSBハブ購入は賛否両論

ここでは、iPhoneで使えるUSBハブを購入した方が良いのか?買わない選択の方が良いのか?についての内容になります。

LightningタイプはiPhone 1択

Lightningコネクタを搭載しているUSBハブを購入した場合では、残念ながら汎用性が無いです。汎用性が無いと他のデバイスでも活用できない事を意味するため、iPhone 1択での使い方になってしまいます。

これでは、オンリーワンの使い方になるので、実際の利用頻度は限られてしまいます。周辺機器の場合では、オンリーワンの用途よりも汎用性が有る方が重宝します。

個人的には、1つ有れば十分でかつ、有れば便利に使えるけれども、別に買わなくても問題ないグッズと言った方が正解になります。

 

買わなくて良い場合

純粋に、iPhoneでUSBメモリを利用する用途で購入しょうとしているのであれば、Lightning USB カメラアダプタを購入する必要はないです。

その理由としては、iPhoneでUSBメモリを利用する用途がそんなに多く有るのかな?という部分を考慮した方が良いです。残念ながら、あまり無いんじゃないのかな?と個人的に考えます。

それに、USBメモリを利用しなくても、PCにデータを転送してしまえばバックアップも簡単に行えるので、そこまでUSBメモリに拘らなくても良いです。

但し、USBメモリ以外の用途で利用するのであれば、買っても良いかな?と感じます。

 

Lightning USB カメラアダプタは買う?買わない?

純正品も含めて、Lightning USB カメラアダプタの購入を検討している場合では、別に買わなくても良いのでは?というのが個人的な見解になります。

筆者の場合は、USB接続のヘッドホンが自宅で眠っているので、これを活用する目的で、Lightning USB カメラアダプタを購入しています。このような事を考えなければ別に買わなくても問題ないのである。

それに、Bluetoothスピーカーも所持していますから、たぶん、その内にやっぱり、Bluetoothスピーカーに一本化するのではないか?と感じます。

Lightning USB 3in1 カメラアダプタのレビュー
皆さん こんにちは! Androidスマートフォンの場合はUSB Type-Cを搭載しているため、USBメモリを利用できるので便利に感じます。iPhoneでもLightning対応のUSBメモリがあるので、これを購入すれば利用...

コメント