iPhone使い方!スクリーンショットは仮想ホームボタンが便利

iPhone
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPhoneを毎日のように利用していますが、実際にどんな用途で使っているのか?と言えば、LINEも含めてSNSの用途が何だかんだ言っても一番多いのかな?といった感じになります。

それ以外の用途では何かな?と言うと、写真メモの用途が多い感じです。写真メモの場合では、その日の内にパソコンに移動するので、iPhone内に残っていないですから、ストレージ容量を圧迫する事なく便利に利用できるメリットがあります。

写真メモといってもカメラ撮影から、画面をスクリーンショットする用途まで使っていますが、この時に利用しているのが仮想ホームボタンになります。

今回の記事は『iPhone 使い方!スクリーンショットは仮想ホームボタンが便利』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPhone スクリーンショットを使う方法

ここでは、iPhoneでスクリーンショットを撮影する方法についての内容になります。

ハードボタン

iPhoneでスクリーンショットする場合では、ハードボタンの組み合わせで撮影する事ができます。但し、手に持って操作する事になるため、しっかり持てる環境での操作を行った方が良いです。

何故か?と言うと、片手で操作する場合では、縦に持つと、重さで落下しそうになってしまうからです。

落下すると、故障の原因にも繋がりますし、画面などにヒビ割れにも繋がる可能性があるので、あまりハードボタンではやりたくないかな?というのが率直な感想になります。

 

AssistiveTouch カスタムアクション

ハードボタンの組み合わせで片手でスクリーンショットを行う場合では持ち方によっては落下のリスクも高くなりますが、仮想ホームボタンで撮影する方法もあります。

この場合では、仮想ホームボタンを利用できる状態にした上で、AssistiveTouch のカスタムアクションにスクリーンショットを設定すると、いつでも何処でも簡単に画面の保存が利用できます。

但し、カスタムアクションには3つの動作を指定できるため、どの動作に指定すれば自分にとって最適に感じるのか?は実際に試して確認した方が良いと思います。

 

背面タップ

仮想ホームボタンのように利用できる「背面タップ」という機能があります。この機能では2つの動作を設定できるのですが、ここにスクリーンショットを設定する事ができます。

設定できるのは「ダブルタップ」と「トリプルタップ」の動作に限定されます。iPhoneの背面をダブルタップ?トリプルタップ?で問題ないのか?は実際に試して判断した方が良いです。

 

スポンサーリンク

iPhone 使い方!ハードボタンでスクリーンショット方法

ここでは、iPhoneのハードボタンを利用してスクリーンショットを撮影する方法についての内容になります。

ハードボタンでも簡単にできる

① 使うボタン
ハードボタンを利用してスクリーンショットする場合では、iPhoneの「サイドボタン(スリープ/スリープ解除ボタン)」と「音量を上げるボタン」を利用します。

 

② 同時に押す
iPhoneの「サイドボタン」と「音量を上げるボタン」を同時に押すと、スクリーンショットできます。

 

自分にとって最適な方法なのか?

ハードボタンでスクリーンショットする場合では、サイドボタンと音量を上げるボタンを同時に押せば良いので簡単なのですが、いつでも直ぐに行えるという感じではないと思います。

iPhoneを手に持って操作する必要がありますから、縦に持つ場合が多い外出先では不向きに感じます。というのも、外出先でiPhoneを手に持つと落下のリスクが付き纏いますから必ずしも最適な方法ではないと思います。

他にも簡単にスクリーンショットできる方法があるので、外出先といった場面ではハードボタンよりも別の方法で行った方が良さそうに感じます。

 

iPhone 使い方!仮想ホームボタンでスクリーンショット方法

ここでは、iPhoneの仮想ホームボタンを利用してスクリーンショットを撮影する方法についての内容になります。

AssistiveTouch を利用する

仮想ホームボタンにスクリーンショット設定する場合は、仮想ホームボタンを利用できるようにします。

その上で、AssistiveTouch のカスタムアクションの3つのどれか?の動作に「スクリーンショット」を設定すれば、準備完了となります。

因みに仮想ホームボタンは、設定のアクセシビリティの中にあるタッチを選択すると、AssistiveTouchの項目が表示されるので、これをタップします。

AssistiveTouchがオンになっていなければ、スイッチをオンに設定します。

 

AssistiveTouch カスタムアクションを変更

次に、カスタムアクションを設定します。カスタムアクションには3つの動作を設定できるため、自分にとって最適に感じる機能を設定するのが良いと思います。

設定できるのは「シングルタップ」、「ダブルタップ」、「長押し」の3種類。仮想ホームボタンをどの操作で押せば最適に感じるのか?で決めるのが良さそうに感じます。

シングルタップには、たいていの場合は「ホーム」又は「メニューを開く」を設定すると思うので、必然的にスクリーンショットはダブルタップか?長押しの2択になるのではないでしょうか?

筆者の場合は、「長押し」にスクリーンショットを設定しています。

 

スクリーンショットはダブルタップ?長押し?

AssistiveTouch カスタムアクションの「ダブルタップ」又は「長押し」にスクリーンショットを設定した場合では、どっちがベストに感じるのか?と言えば、どっちもどっちなのではないでしょうか?

というのも、こればっかりは「感じ方」ですから、どっちでも問題ないのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

iPhone スクリーンショットは仮想ホームボタンが便利

ここでは、iPhoneでスクリーンショットする場合は、仮想ホームボタンが便利についての内容になります。

背面タップは便利そうで便利ではない

AssistiveTouch カスタムアクションと同様に利用できるのが背面タップという機能になりますが、この機能は便利そうに感じるので、実際に機能を設定して使ってみた事があります。

でも、そんなに便利かな?といった感じだったので、この機能はOFFに設定しています。片手でiPhoneを持った状態でダブルタップするのは問題ないのですが、トリプルタップに至っては使いづらいと感じます。

そのため、利用するのであればダブルタップ1択になると思うのですが、そんなに便利に感じないのが実情になります。その理由の1つとして、設定できる機能が少ないのが挙げられます。

自分にとって最適に感じる機能は既にAssistiveTouch カスタムアクションで設定しているので、背面タップに設定しなくても何ら問題ないからです。

 

仮想ホームボタンが便利

AssistiveTouch カスタムアクション背面タップは、どっちも同じ用途で利用できる機能ですけれども、実際には全てにおいて使い勝手が良いと感じるのは仮想ホームボタンなのではないかな?と個人的に考えます。

背面タップは最大で2つまで機能を設定できますが、カスタムアクションの場合は差台で3つまで設定できる 及び それに加えて、画面にフローティング表示されているので、とても使いやすいです。

しっかり持って仮想ホームボタンを操作できるようになっているため、落下のリスクも低下します。

iPhone使い方!ユーザー辞書に単語や文章を追加登録する方法
皆さん こんにちは! iPhoneでLINEメッセージやGmailといったサービスを利用している場合では、メッセージ入力やメール作成、返信といった入力作業も必要になります。 この場合では日本語かな入力のキーボードで単語の...

コメント