Lightning USB 3in1 カメラアダプタのレビュー

スマホ・タブレット
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Androidスマートフォンの場合はUSB Type-Cを搭載しているため、USBメモリを利用できるので便利に感じます。iPhoneでもLightning対応のUSBメモリがあるので、これを購入すれば利用できます。

でも、実際の話、Lightning対応USBメモリを購入しても活用できるデバイスが限られてしまうので、最適な選択とは言い難いのが実情になります。

それならば、どのように対応すれば良いのか?といえば、iPhoneでも利用できるUSBハブを利用する選択 又は データはファイル転送アプリを利用してパソコンに転送するのが良さそうに感じます。

今回の記事は『Lightning USB 3in1 カメラアダプタのレビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Lightning USB 3in1 カメラアダプタについて

ここでは、iPhoneで利用できるLightning USB 3in1 カメラアダプタについての紹介になります。

Lightning USB 3in1 アダプタの仕様

サイズ : 180mm × 18mm × 7mm

重量等 : 15g

ポート : Lightningコネクタ、USB Type-A (2ポート)

材質等 : アルミ合金

備考等 : 2つのUSBポートは USB3.0規格

 

Lightning USBハブ

Lightning USB 3in1 カメラアダプタは、Lightningポートを搭載しているiPhoneで利用できるUSBハブに該当します。但し、USB Type-Cには対応していないので注意も必要です。

利用できるのは、USB Type-Aに対応しているUSB機器となります。USB-C機器も変換アダプタを利用すれば利用できるため、便利に使えるのではないか?と思います。

イヤホンジャックは搭載していないため、イヤホンやヘッドホンを利用する場合は、USB接続 又は Bluetooth接続を利用となります。個人的には、ヘッドホン等はBluetooth接続の方が良いのではないか?と考えます。

 

意外と小さい

パット見の感想としては、意外と小さくて薄くて軽いというのが率直な感想になります。このサイズ感であれば、外出先に持ち歩くいても特に問題ないため、持ち歩く(携帯)用途にも向いていると思います。

 

スポンサーリンク

Lightning USB 3in1 カメラアダプタの特徴

ここでは、iPhoneで利用できるLightning USB 3in1 カメラアダプタの特徴についての内容になります。

3in1対応

このiPhone対応Lightning USB 3in1 カメラアダプタの特徴としては 3in1仕様になっている部分が該当します。とは言っても実際にはUSBハブの用途で利用する方が多いのではないか?と考えます。

その理由としては、Lightningポートは充電専用になるため、充電以外の用途では利用できないからです。iPhoneを充電しながら、USBハブの用途でも使えるので、便利に使える可能性が高いです。

でも、iPhoneでUSB機器を利用する機会って実際にはどれほど有るのか?ちょっと微妙に感じるのは気のせいでしょうか?

 

USB Type-C 非対応

ちょっと痛いな!と感じるのは、USB Type-C ポートを1つも搭載していない部分が該当します。

USB Type-A ポートが2つ搭載してあるのですが、1つは、USB-Type-C でも良かったのではないかな?と思います。

 

Lightningコネクタは充電用(充電ポート)

もう1つ痛いな!と感じる部分として、Lightningポートも該当します。このLightningコネクタは充電専用ポートになるため、データ転送の用途に利用できません。

これも、どうなんだろうか?と思ってしまうですが、このような仕様なので致し方ないというのが実情になります。

 

Lightning USB 3in1 カメラアダプタ購入レビュー

ここでは、iPhoneで利用する目的で購入したLightning USB 3in1 カメラアダプタの購入レビューついての内容になります。

便利に感じる部分

① USB Type-A
便利に感じるのは、USB Type-A が2ポート搭載されている部分になります。実際には賛否両論といった感じですが、変換アダプタを利用すれば、USB Type-C機器にも対応できるため、とりあえずは良し!としています。

 

② 携帯性
便利に感じる部分としては、携帯性も該当します。何せ、軽量でかつサイスも小さく平べったい形状になるため、外出先に持ち歩く用途にも向いています。

 

イマイチに感じる部分

イマイチに感じる部分は2つあります。1つはLightningポートが充電専用になっているため、データ転送の用途に活用できない事。

もう1つは、USB Type-Aポートしか搭載していない部分。このサイズ感であれば、少し長くして、USB Type-Cにも対応できるようにしても良いのではないか?と感じます。

 

購入レビュー

Lightning USB 3in1 カメラアダプタの購入レビューになりますが、iPhone 13 でUSBメモリやUSB接続のヘッドホンを利用する目的で購入しています。

自宅のパソコンで利用できるUSB接続のヘッドホンを所持しているため、iPhoneで利用できるUSBハブが有れば、もしかすると活用できるのではないか?と考えて購入しています。

その結果はどうだったのか?と言えば、普通に利用できるので、購入目的を達成できています。買って正解に感じているため、一長一短はありますが、とりあえずは買って満足といった感じになります。

 

Lightning USB 3in1 カメラアダプタ使用レビュー

ここでは、iPhoneで利用する目的で購入したLightning USB 3in1 カメラアダプタの使用レビューや感想ついての内容になります。

iPhoneで使用

Lightningポートを搭載しているデバイスとしては、iPhone 13iPad mini 5 を所持していますが、iPad mini 5 はゲーム専用となっているため、このUSBハブをよく利用するのは、iPhone 13 となります。

実際の用途としては、既存のUSBメモリをiPhoneに接続して利用する用途 及び 以前、パソコンで利用していたUSB接続のヘッドホンをiPhoneで利用する用途です。

現在はパソコンではヘッドホンは全く使わないで、Bluetoothスピーカーに切り替えています。

これは色々な事情もあってこのような選択になっていますが、段階的に、iPhoneも自宅ではBluetoothスピーカーに切り替える予定です。

 

USBメモリが利用できる

仕事の関係で、iPhoneでもUSBメモリの中身を確認する場合があるため、この用途でも実際によく利用しています。もっとも、仕事で使っているUSBには主にPDFファイルを入れている場合が多いです。

iPhoneに接続した場合では、「ファイル」アプリを開くと、接続中のUSBメモリを選択できるようになります。標準ではファイルを開くと、 iCloud Drive が表示されるようになっています。

ここで、画面左上に表示されている「ブラウズ」をタップすると、場所の欄にiPhoneに接続中のUSBメモリが表示されているため、これをタップすると中身を見れるようになります。

 

使用レビュー

実際に、iPhoneでUSBメモリを使ってみると、iPhoneでも利用できるんだな~といった気分になります。ハッキリ言って、あまりオススメできる方法ではないのですが、こういう事もできるのであれば、便利に活用できる場合もあります。

ただ、実際のところは適切な用途があれば!の話になるため、特にそんなに用途も無い場合では買わない方が正解です。

筆者の場合は、外出先でもUSBメモリの中身を確認する用途があるため、購入して使っています。

他のUSB機器は現在のところ、iPhoneで利用していないため、そんなに用途が有るという訳ではないと思います。

コメント