ロジクール Folio Touch iPad キーボードケース レビュー!トラックパッド搭載

スマホ・タブレット
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 及び iPad mini 5 を所持しています。

iPad mini 5 ではノートPC活用する場合に折りたたみキーボードを利用していますが、iPad Air では簡単にノートPC化できる便利なキーボードケースを購入しています。

あくまでも便利に感じるというのが実情になりますが、このキーボードケースとiPad Air はSmart Connectorを経由して給電できるため、充電する必要がないので便利だと思います。

iPad Air や iPad Pro を購入する場合では、Smart Keyboard やMagic Keyboardを購入すると思いますが、これらのApple純正キーボードは買わないで、ロジクール Folio Touchを購入しています。

今回の記事は『トラックパッドを搭載している iPad Air / iPad Pro キーボードケース(キックスタンド式)のロジクール Folio Touch レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 でキーボード入力する時に便利なアイテム

iPad シリーズを購入した場合では、ノートパソコンのようにキーボード入力の用途でも活用したい!と考える場合があります。このような場合に便利なのがApple純正のSmart Keyboard Folio や Magic Keyboard キーボードケースになります。

実際に購入したのはロジクール Folio Touch

どうしてApple純正の Smart Keyboard FolioMagic Keyboard を買わなかったのか?と言うと、純正品であるが故に価格が高いも1つの理由になりますが、必要性に感じなかったのが理由の1つです。

純正品を購入した方が正解に感じるとは思いますが、便利な類似品でも作業内容はあまり変わらないですから、特に問題ないのでは?という個人的な見解になります。

この判断は正しかったのか?と言えば、微妙に感じる部分も実際にありますが、とりあえずは買って満足している感じです。

 

タッチパッド付き折りたたみキーボードのiClever IC-BK08

実は、iPad mini 5 も所持していますが、iPad miniで、キーボード入力する場合に使っているタッチパッド付き折りたたみキーボードであるiClever IC-BK08も所持しています。

このキーボードも iPad Air で利用できるため、Smart Keyboard Folio を購入する必要性が見当たりません。

外出時に持ち歩く用途であれば、こちらの折りたたみキーボードを持参した方が軽量ですし、持ち運びも便利なので Smart Keyboard Folio を購入しなくても問題ありません。

この事も考慮した結果、ロジクール Folio Touch を購入すれば自分にとって最適な環境が実現できるのでは?という判断となります。

 

スポンサーリンク

ロジクール Folio Touch iPad キーボードケース

iPad Air 及び iPad Pro で利用できる ロジクール Folio Touch トラックパッド付キーボードケース の商品仕様 及び 機能の全般的な内容についての紹介になります。

ロジクール Folio Touch 仕様

サイズ : 256mm × 192mm × 21mm

重量  : 642.5g

端子等 : Smart Connector

モード : タイピング、表示、スケッチ、リーディング

その他 : バックライトキーボード、Apple pencil 2 フリップカバー

電源供給: Smart Connector経由でiPadによる電力供給

備考等 : 専用アプリのインストールが必要

 

Folio Touch 機能

① バックライトキーボード
② iPad Air / iPad Pro から給電
③ Apple Pencil 2 対応

 

Folio Touch 装備等

① Smart Connector
② Apple Pencil 2 等のiPadスタイラスペン用フリップカバー
③ キックスタンド

 

ロジクール Folio Touch キーボード 機能・装備等

ここでは、iPad Air 4 でキーボード入力する場合に使うトラックパッド付キーボードケースのロジクール Folio Touch の機能や装備等の詳細内容についての紹介になります。

トラックパッド搭載

Folio Touch iPad キーボードケースの特徴として、トラックパッド(タッチパッド)が搭載されています。サイズも大きく 96mm × 55mm になります。クリックボタン一体型の仕様となっているため、左・右クリックもできます。

トラックパッドのサイズも大きいため、ジェスチャー操作も問題なく利用できるので便利に感じます。これならば、ワイヤレスマウスを利用する必要もないため、仕事にプライベートに活用できます。

 

バックライト・キーボード

部屋の明かりが暗い場所でも入力する場合に役立つのがバックライト・キーボードになります。幸いな事に、Folio Touchはこの機能に対応しているため、役立てる事ができます。

 

Apple pencil 2 ホルダー(フリップカバー)

ロジクール Folio Touch をパッと見した場合では気が付きにくいですが、Apple pencil 2 を収納できるフリップカバーを装備しています。

このカバーがあるとしっかりホールドできるため、Apple pencil 2 を一緒に持ち歩く場合に便利です。とはいえ、全体をカバーできないため、完璧にカバーしていないのがちょっと残念に感じます。

因みに、フリップカバーは iPad Air 又は iPad Pro とドッキングした場合に裏面にマグネットで留める事ができるので便利です。

 

Smart Connector 対応

Bluetooth キーボードなどの場合では、別途USBケーブル等で充電してから利用する場合が多いですが、Folio Touchは、Smart Connectorを搭載しているため、充電する必要がありません。

Smart Connectorを搭載しているiPad Air 及び iPad Pro から給電できるため、充電のし忘れ等でバッテリー切れで使えない!という事にならないのが便利です。

その反面、iPad 本体から給電するため、iPadのバッテリー消費に影響がでます。

 

キックスタンド

180度近くまで広げられるキックスタンドを装備しています。この装備があるため、自分にとって最適に感じる角度調節が思いのままに行えるのが便利に感じます。

でも、180度近くまで広げられるのが災いして、中途半端に170度ぐらいにすると、iPad本体の重みも加わり、ペッタンコになります。そのため、実際にはノートパソコンで利用できる角度で使うのが良いと感じます。

 

 

ロジクール Folio Touch iPad メリット・デメリット

ここでは、iPad Air 及び iPad Pro で利用できるトラックパッド付キーボードケースのロジクール Folio Touch のメリット・デメリットについての紹介になります。

メリット

① Smart Connector
特に便利に感じるのが iPad Air 及び iPad Pro に搭載しているSmart Connectorになります。このインターフェースを装備しているので、煩わしいと感じる充電しないで済むのが良いです。

 

② クリックボタン付トラックパッド
サイズの大きいトラックパッドが搭載されているのは素直に便利に感じます。マウスを利用しなくても良いですし、ジェスチャー操作も利用できるので使い易いです。

さらにはクリックボタンがドッキングしているタイプなので、その分、余計に広く感じます。

 

③ アプリ
意外と残念に感じるのは専用アプリ。Folio Touchは専用アプリをiPadにインストールしないと利用できないのである。

 

デメリット

① USBハブ
iPad Air 又は iPad Pro にFolio Touchをドッキング取付した場合では、利用できるUSB Type-Cハブは直挿しできないタイプに限定されます。

というのも、ケースが有るが故に直挿しできるUSBハブを利用できないのである。

 

② 重たい
次に、iPadとドッキングしない状態で、642.5gあります。この状態でiPad Air 4(458g)をドッキングすると、約1100gになります。11インチのノートパソコンとして考慮すると重たいと感じます。

外出先に持ち歩くといった用途に不向きになるため、結局のところ、自宅で利用する用途に限定されてしまうのが実情になります。

 

一長一短に感じるキーボード

Folio TouchはMicrosoft Surface Pro や Chromebook Lenovo IdeaPad Duet のようにノートPCスタイルで利用できるのが魅力的に感じますが、その反面、キーボードが着脱できないです。

これでは魅力的な部分が半減するだけでなく、必要に応じて臨機応変にキーボード着脱した方が便利に感じるのでイマイチな気分になってしまいます。

でも、キーボードが着脱できない部分は、ロジクール Combo Touch で解決されているため、このキーボードケースに乗り換えるのも1つの方法になります。

 

iPad Air Pro ノートPC活用できるキーボードケース

ここでは、ロジクール Folio Touch を iPad Air 4 にドッキング装着して活用した場合の感想についての紹介になります。

Touch ID付き電源ボタン(iPad Air)

Folio Touchの弱点は、本体重量が重たい部分に尽きますが、これさえ気にしなければ、11インチのノートパソコンのように利用できます。

Apple pencil 2 を使う機会が多いのですが、キーボード入力する場合では充電ポートにドッキング 又は デスク周りに置いておけば良いです。

但し、ノートパソコンのように利用する場合では、アプリのインストールなどの作業も行いますが、この場合にイマイチに感じる出来事があります。

iPad Air の場合はTouch IDによる認証やロック解除になるため、触りづらいと感じます。

 

気の利いた装備

① バックライトキーボード
夕方~夜になる時間帯では段々と暗くなって来ますが、この場合にバックライト・キーボードが役立ちます。部屋の電気をどうしようか?迷っている場合でもキーボード入力できます。

 

② フリップカバー
次にApple pencil 2 を収納する場合に利用できるフリップカバーはマグネットで裏面に固定できるので、これはバッチリに感じます。

 

iPad ノートPC 活用

実際にiPadをノートPC活用する場合では、キーボードケースを上手く活用できるアプリが必要になります。自分にとって最適に感じるアプリに巡り合う事ができれば、満足できる活用方法に繋がります。

それに対して、アプリに恵まれない場合では、買って後悔するパターンに繋がるため、アプリ選びは重要に感じます。

 

 

ロジクール Folio Touch(iPad Air)評価&レビュー

ここでは、トラックパッドを搭載しているロジクール Folio Touch iPad キーボードケースの評価・レビューについての紹介になります。気になった事や感じた内容になるため、参考になるのか?分かりません。

使い勝手の紹介(タイピング)

① キーストローク
キーボード入力する場合では、キーストロークも関係ありますが、キーが薄くて平べったいので、しっかり打っているとは感じないです。

 

② カーソルキー
上下のカーソルキーが小さいので使いづらいと感じます。

 

③ Enter
Enterキー周りが詰まっている感があるのでキーのサイズも圧迫されているように感じます。

 

使い勝手の紹介(Office アプリ)

iPad Air で文書作成や表計算アプリを使う場合にロジクールFolio Touchを使っています。この場合に利用するアプリは WPS Office になります。

その理由としては、メインで利用しているWindowsパソコンで WPS Office 2 を利用しているのですが、このアカウントが有ると、モバイル版WPS Office を広告なしで利用できるのである。

文書作成の用途では普通に何も問題なく入力できるため、気になる事はありませんが、あえて言えば、日本語変換がイマイチに感じます。

とはいえ、これはFolio Touchが悪いのではなく、iPad側の問題なのでユーザー辞書を整備する必要性に迫られます。

 

Folio Touch 評価・レビュー

① 購入&検討の評価
iPad Air や iPad Pro をノートPCのように活用したいと思った時に通常であれば、Apple純正のSmart Keyboard や Magic Keyboard 等のキーボードケースを選択する場合が多いです。

でも、「好み」や「感じ方」には人それぞれ個人差があるため、純正品が魅力的に映らない場合も当然の事ながら有るのが実情になります。

この場合に検討して欲しいと感じるキーボードケースがロジクールFolio TouchCombo Touchなのではないかな?と個人的に考えます。

 

② 重たいのが残念
Apple純正のキーボードケースであるMagic Keyboardよりも軽いFolio Touchになりますが、それでも十分に重たいと感じるズッシリ感があります。自宅で使う用途に向いています。

コメント