Bluetooth スピーカー SANAG X6S レビュー!ポータブルで高音質 重低音に対応

PC周辺機器グッズ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad や スマホで利用できるBluetooth接続のポータブルワイヤレススピーカーを購入していますが、本来の用途では利用しないで、Windowsノートパソコンで活用している展開になります。

それは何故なのか?と言うと、諸事情の関係になります。これでは目的が達成できない事もあり、iPad スマホで利用できるポータブルBluetoothスピーカーをまた購入しています。

期間も空けずに2つのBluetoothポータブルスピーカーを購入してしまったのですが、それぞれメーカーも異なる事も関係して機能や特徴にも差異があります。

新しく購入した商品はSANAG X6S ポータブルスピーカーになりますが、持ちやすい形状でかつ、持った感じの触り心地も抜群に良いため、良かったな~と感じています。

今回の記事は『WindowsからChromebook 乗り換えはオススメしない!便利に活用も考慮を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ポータブル Bluetooth スピーカー SANAG X6S

iPad や スマホ、Chromebook で利用する目的で購入したポータブルBluetoothスピーカーのSANAG X6S の商品仕様・全般的な内容についての紹介になります。

SANAG X6S スピーカー 仕様

サイズ : 89mm × 75mm × 75mm

重量等 : 285g

通信等 : Bluetooth 5.0

再生等 : 18時間連続再生

機能等 : AUX、MicroSDカード対応、高音質・重低音、ハンズフリー

備考等 : 40mmの低音振動膜を搭載、技適マークあり、カラーが豊富

 

SANAG X6S 付属品

① 専用ストラップ
② SIMピン
③ MicroUSBケーブル
④ AUXケーブル
⑤ 説明書

 

SANAG X6S 機能等

① 高音質・重低音
② MicroSDカードに対応
③ USB AUX接続に対応
Bluetooth接続

 

スポンサーリンク

Bluetooth ポータブル スピーカー SANAG X6S 機能

ここでは、SANAG X6S Bluetoohe スピーカーの機能や特徴などの詳細についての紹介になります。

高音質・重低音な音質

スマホなどで、お気に入りミュージックなどを聴く場合ではヘッドホンやイヤホンを利用する場合が多いです。

特に高音質・重低音といった音質はヘッドホン等でしか上手く聴こえないため、必然的な選択となります。

でも、SANAG X6S ポータブル スピーカーは、ヘッドホンを利用しなくても高音質・重低音のサウンドが利用できる機能を搭載しているため、ヘッドホン等を利用しなくて良いです。

 

技適マークあり

SANAG X6S ポータブルスピーカーには技適マークがあるので、安心してBluetoothを利用できます。

ネット通販で購入できるBluetoothスピーカーの場合では技適マークがない商品も実際にありますが、この商品は技適マークがあります。

 

インターフェース

① MicroSDカード
MicroSDカードのポートが搭載されていますが、利用できるのは32GBまでのMicroSDカードになります。この場合は電源モードを切り替える事で利用できます。

 

② USB接続
3.5mm AUXケーブルを利用するとUSB接続でポータブルスピーカーを利用できます。

 

Bluetooth スピーカー SANAG X6S PC連携活用

ここでは、SANAG X6S Bluetooth スピーカーとWindowsパソコン 及び Chromebook との連携活用についての紹介になります。

Bluetooth ペアリング設定

SANAG X6S ポータブルスピーカーはBluetoothに対応しているため、iPadやスマホ、ノートパソコンと接続して利用する場合はペアリング設定が必要になります。

 

Chromebook 連携

Chromebookでは、基本的ににYoutube動画視聴の用途で連携活用となります。

Youtubeを視聴する用途で使う場合では、Bluetooth接続が切断される事なく快適に利用できますが、1つだけ問題点があります。それは、Bluetooth接続すると、音量がMAXになります。

この状態で動画視聴すると、近所迷惑に感じるぐらいに大音量となるため、実際に利用する場合は、接続したら、真っ先に適切な音量に調節しないといけません。

最初の1回だけ行えば良いのではなく、毎回接続する度に行う必要があります。

 

Windows PC 連携

普段Windows ノートPC(ASUS Zenbook 13) では主にミュージック・ファイルを Windows Media Player を利用して聴いています。

お気に入りの曲を取っ替え引っ替えしたり、1曲ずつの単位でリピート再生したりして聴くパターンになります。

これと全く同じ事をSANAG X6S Bluetooth スピーカーで行う場合は、ちょっと厄介な展開が待ち受けています。というのも、1曲ずつ終了させるとその時点でBluetooth接続が完全に切断されてしまいます。

次の曲を聴く場合はBluetooth接続をし直すといったパターンになるため、SANAG X6S はWindows PC との相性がとても悪いと感じます。

そのため、Windows PC ではSANAG X6S ポータブルスピーカーを利用していません。

 

SANAG X6S スピーカー メリット・デメリット

ここでは、WindowsノートパソコンやChromebookで利用した場合のSANAG X6S Bluetoothスピーカーのメリット・デメリットの紹介になります。

メリット

正直のところ、メリットは何が有るのかな?と感じます。あえて言えば、「高音質・重低音に対応」しているのと「技適マーク」が有るのと、持ちやすい形状といった部分ぐらいしか思い浮かびません。

このスピーカーが特別に優れているという部分は無いため、あまり印象が薄い感じです。

 

デメリット1「専用ストラップ」

この商品には、いかにも使いやすいと感じる専用ストラップが付属されているのですが、ストラップホールに通すと、入っていくだけで出てきません。

どうやってストラップを取付すれば良いのだろうか?といった感じになります。説明書にもストラップの取付方法なんてどこにも記載ないですから、とても不親切に感じます。

そのため、専用ストラップは全く使っていません。

 

デメリット2「Windows PC」

Windows PC とBluetooth連携する場合では、1曲ずつ終了させるとBluetooth接続が切断されてしまうので全く使い物になりません。

たぶん、このような使い方には対応していないと認識した訳ですが、他のBluetoothスピーカーでは何も問題なく利用できるため、SANAG X6S だけ利用できないというのは不満に感じます。

 

気になる部分は付属品

① SIMピン
一番気になるのは付属品にSIMピンが付属されている事に尽きます。これはいったい何に使うのだろうか?と感じてしまうぐらいに意味不明な感があります。説明書にも記載がないので尚更よく分かりません。

 

② AUXケーブル
AUXケーブルが付属されているため、Bluetooth接続しないでAUXケーブルにて接続する事もできますが、ケーブル接続になるため、コードが邪魔に感じます。

 

Bluetooth スピーカー SANAG X6S 評価&レビュー

ここでは、SANAG X6S の評価・レビューについての紹介になります。気になった事や感想になるため、参考になるのか?分かりません。

ノートパソコンとの使い勝手

Windows PC との相性が最悪といった感じになるため、このスピーカーはパソコンと連携するのではなく、スマートフォンと連携する用なのかな?と個人的に感じます。

でも、Chromebookとは相性が良いので、相性が悪いのはWindowsだけかも知れません。もっとも、本来想定している使い方を実践していないが故にそのように感じる場合もあるため、真相はちょっと良く分かりません。

その関係もあり、WindowsノートPCでは利用していません。

超小型 Bluetooth スピーカー EWA A106Pro レビュー
皆さん こんにちは! Androidスマートフォン や Windows パソコンでミュージックを聴く場合では、Bluetoothスピーカーに接続して聴いているのですが、利用するデバイスによっても相性があるらしく上手くいかないの...

 

iPad スマホとの使い勝手

Windowsパソコンとはすこぶる相性が悪いと感じるので、スマートフォンと接続すればどうなのかな?と実際に試している訳ですが、Androidスマホとは良好な関係になります。

でも、Bluetooth接続した瞬間に音量がMAXになるので、この部分はどうにか?して欲しいと感じます。

 

評価・レビュー

先ず、電源ONにすると、音が鳴ります。意外と高めの音なので早朝などでは注意が必要になります。

その上で、実際の評価になりますが、これといったメリットが無いというか?あまり感じない事も関係して個人的な評価は高くないです。

付属品の専用ストラップが取付できなかった時点で魅力的な要素が半減しており、さらにトドメの一撃がWindows PCとの相性が悪いという展開には正直のところ、イマイチだな~といった気分になります。

とはいえ、Youtube動画視聴の用途では何も問題なく利用できるので「用途」や「感じ方」には個人差が有ると思います。

そのため、相性の良い用途と使い方を行う事が出来れば、優秀に感じるのではないか?というのが個人的な見解になります。

コメント