iPad Smart Folio / ESR iPad ケース 比較 レビュー

スマホ・タブレット
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 又は iPad Pro を購入する場合では魅力的に感じるiPadアクセサリーも同時に購入すると思います。

この場合では、本体カバーケースである Smart Folio も真っ先に購入したいアクセサリーに含まれます。でも、実際に購入する前に類似品を試してみる価値が有ると個人的に考えます。

というのも、類似品なので純正品よりも性能的に劣っていますが、その代わりに比較的に安価で購入できますし、Smart Folio よりも機能的に優れている類似品も実際にあるからです。

だからと言って、両方とも購入するのもどうかな?と感じるため、比較検討も重要になります。

今回の記事は『マグネット吸着に対応している iPad Smart Folio と ESR iPad ケースの比較レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air / iPad Pro 購入時に買う本体カバーケース

iPadシリーズを購入する場合ではiPadで利用すると便利に感じるアクセサリーも同時に購入する場合が多いのが実情になります。

Apple 純正 Smart Folio

iPad本体と同時購入した方が良いと感じるアクセサリーの代表格になるのは、何と言っても本体のカバーケースが該当すると思います。

iPad Air / iPad Pro で利用できる Smart Folio を同時に購入するのが当たり前のような感じになってしまう不思議な魅力があるのが特徴の1つだったりします。

とはいえ、Apple 純正品であるため、価格もそれなりに高いのがちょっと引っ掛かる要素の1つになります。

 

ESR iPad ケースなどの類似品

iPad シリーズを購入した場合では、便利に感じるアクセサリー類を同時購入しない選択を行う場合もあります。

買うのは iPad本体のみで、魅力的に感じるアクセサリー類は純正品ではなく比較的に安価で購入できる純正品の類似品というパターン。

純正品で揃えるのも魅力的に感じますが、お財布との相談も必要になるため、それならば少しでも安価でかつ、純正品と同等の性能 又は 若干劣る性能でも問題ないと考えている場合に最適な選択となります。

 

スポンサーリンク

iPad Smart Folio(iPad Air 4)の紹介

ここでは、iPad Air 4 で使用するSmart Folio についての紹介になります。

iPad Air Smart Folio 仕様

サイズ : 249mm × 180mm × 10mm (ドッキングした状態)

展開時 : 367mm × 180mm

重量  : 183g

素材  : シリコン、TPU

機能  : オートスリープ、マグネット磁気吸着

備考  : 2段階の簡易スタンド

 

iPad Smart Folio 特徴

① マグネット吸着に対応
iPad Air 背面にあたる部分にはマグネットが装備されているため、iPad Air 4 / iPad Pro を近付けるだけでピタッと綺麗にマグネット吸着してドッキングします。

 

② 軽量
Smart Folio の重量は183gになるため、Smart Folio 類似品よりも軽量です。

 

③ 上質な触り心地
Smart Folio の外側は上質な仕上がりになっています。

内側(ディスプレイ面、本体裏面)は簡易なフリースのような起毛があるため、触り心地はとても良いですし、ディスプレイに付着したホコリを吸着するので汚れの軽減に役立ちます。

 

その他の機能

① 簡易スタンド
Apple Pencil で手書き入力モード(タイピング) 及び 動画視聴する場合に便利なモードの2つの角度調節に対応しています。とはいえ、2段階のみなので、必ずしも最適という訳ではないです。

 

② オートスリープ
オートスリープ機能に対応しているため、カバーを閉じると電源OFF、カバーを開くと電源ONになります。

 

ESR iPad ケース(iPad Air 4)の紹介

ここでは、iPad Air 4 で使用するESR iPad Air ケースについての紹介になります。

ESR iPad Air ケース 仕様

サイズ : 250mm × 182mm × 10mm (ドッキングした状態)

展開時 : 417mm × 182mm

重量  : 250g

素材  : シリコン、TPU

機能  : オートスリープ、マグネット磁気吸着

備考  : 2段階の簡易スタンド、Apple Pencil 2 対応

 

ESR iPad ケース 特徴

① 便利なマグネット吸着
iPad Smart Folio と同様にマグネット吸着を採用しているため、はめ込まないでiPad Air / iPad pro にドッキングできます。

はめ込み式の場合ではしっかり保護できるというメリットがありますが、逆にしっかりはめ込む必要があるため、取り外し時もそれなりに手間が発生します。

その点、良いところ取りをしているような感じの本体カバーケースに該当するため、使い勝手は良いです。

 

② オートスリープ
オートスリープ機能に対応しているため、カバーを閉じると電源OFF、カバーを開くと電源ONになります。

 

特筆事項「Apple Pencil 2 対応」

ESR iPad ケースの場合は、特筆事項があります。それは、iPad Smart Folio には無い機能が装備されている部分に尽きます。

Apple Pencil 2 を固定して収納できるフリップカバーが装備されています。

これが有ると、ちょっとハミ出てしまいますが、丸ごとスッポリ Apple Pencil 2 をホールドして固定できるため、外出先に持ち歩く用途でも問題ありません。

 

iPad Smart Folio / ESR iPad ケース 比較 レビュー

ここでは、iPad Air 及び iPad Pro で利用できる iPad Smart Folio / ESR iPad ケースの比較レビューについての紹介になります。

指紋や汚れ対策で比較

本体カバーの外側の指紋や汚れの付着具合に関して言えば、ESR iPad ケースに軍配が上がります。指紋や汚れが付きにくいように加工が施されているため、とても快適に使えます。

でも、ディスプレイ面のホコリなどの汚れに限って言えば、圧倒的に iPad Smart Folio が良いと感じます。その理由としては、内側の表面には起毛が施されているので、この起毛でホコリなどの付着物も軽く取れるみたいに感じます。

 

機能や装備で比較

機能で比較した場合では、ESR iPad ケースに軍配が上がります。というのも、Apple Pencil 2に対応しているので、フリップカバーで固定できる部分が便利に感じます。

これが有ると、iPad Air / iPad Pro にドッキングしてある状態でバッグの中に収納してもApple Pencil だけが落下する事なく、取り出せるからです。

仮に落下した場合では、何処に有るのかな?といった感じでバッグの中を探す羽目になるので、この部分は素直に便利に感じます。

 

総合的な比較・レビュー

好みや感じ方には個人差が有るため、一概には何とも言えませんが、あくまでも筆者の視点で考慮した結果としては、一般的な用途で使うのであれば、iPad Smart Folio よりも ESR iPad ケースでも良いのでは?という評価になります。

iPad Air 又は iPad Pro を購入したら、当然のように Smart Folio を同時購入しない選択が良いと感じます。先にESR iPad ケースを試すのか?Smart Folioを買ってから購入するのか?で評価が変わってきます。

真っ先に使って欲しいと感じるのは、ESR iPad ケースになります。もし、不満に感じたらSmart Folioを後で購入する選択が最適なのでは?というのが個人的な見解です。

 

iPad Smart Folio / ESR iPad ケース どっちを買う?

ここでは、総合的に判断して、どっちのiPad ケースを購入した方が良いのか?についての紹介になります。あくまでも個人的な見解になるため、参考になるのか?分かりません。

自宅で利用の場合は Smart Folio

Smart Folio の特徴としては、ディスプレイ保護面がとても素晴らしい反面、本体の外側部分に関して言えば、汚れが目立つ感じの製品になります。

普通に使っていたとしても指紋や汚れなどは普通に付着するため、潔癖症の人には不向きな商品に該当します。そのため、主に自宅で利用する場合に特化した使い方が行える人に向いています。

筆者の場合は、ネイビーを購入したのですが、指紋が特に気になるぐらいに汚れが目立ちます。

とても外出先に持ち歩くのは気が引けるといった感じになった事もあり、類似品のESR iPad Air ケースに変更しています。

 

外出先に持ち歩く場合は ESR iPad ケース

自宅以外の場所に持ち歩く用途に向いているのが、ESR iPad ケースになります。

その理由としては、全くではないのですが指紋や汚れが付きにくい加工が施されているため、長い期間継続して使っていても、そんなに汚れが目立たないからです。

色あせてしまっても汚れが目立たないので綺麗に使っていると見えます。

さらにに本体の外側部分はスベスベ感があるため、真夏の蒸し暑い季節だったとしてもべと付かないのが良い部分に感じます。

 

総合的に判断

自宅用途に向いているiPad Smart Folio と 外出用途に向いている ESR iPad ケース どちら?が総合的に優れているのか?と言えば、iPad smart Folio に軍配が上がります。

というのも、1つ1つの細かい部分はSmart Folioの方が格上に感じます。特にディスプレイ面のホコリなどの汚れの付着の軽減は申し分ないと感じます。

それに対して、ESR iPad ケースは全体的に申し分ない機能が特徴となるため、細かな部分は本家本元よりも劣ってしまうのである。だからと言って、選んではダメなのか?と言うと、Smart Folio を買う前に購入してみる価値があります。

全体的に申し分ない機能を搭載しているため、Smart Folio を買わなくても良いかも知れません。

ESR iPad Air 4 ケース レビュー!マグネット吸着のSmart Folio 類似品
皆さん こんにちは! iPad Air 4 を購入した時に一緒に購入した必需品に感じるアクセサリーはディスプレイ面と本体裏面を保護するマグネット吸着のSmart Folioになります。 購入したカラーはネイビーだったので...

コメント