Windows11 デジタル時計を常に表示するアプリ使用レビュー(MetroClock、腕時計)

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windowsパソコンを利用していて、ふと思うのは、タスクバーに表示されている時刻がどうして、こんなに小さいのだろうか?もっと大きく表示できないのかな?といった部分。

このような仕様なので、仕方ないの一言に尽きる訳ですが、それでも何とかできないものなのか?といった感じになります。

Windows10であれば、時刻をクリックすると、カレンダーの上に文字サイズの大きいデジタル時計が表示されるので、これでも良いか!といった気分になります。

でも、Windows11の場合では、時刻をクリックしてもデジタル時計が無くなってしまっているため、不便に感じます。もうこうなるとアプリ活用するしかないので、3つのアプリを実際にインストールして使っていますが、一本化できなくて悩み中になります。

今回の記事は『Windows11 デジタル時計を常に表示するアプリ使用レビュー(MetroClock、腕時計)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows11 デスクトップにデジタル時計を常に表示する方法

Windows11のタスクバーには標準でデジタル時計が表示されているので、これで問題なければ何も対応する必要はありません。

タスクバーにデジタル時計が標準で表示

タスクバーに時刻が表示されているので、パッと見て現在時刻が分かるのは正直のところ、助かりますが、目が悪い人にとってはたぶん、あまり便利に感じないと思います。

何故か?と言うと、ハッキリ言ってお世辞にも文字サイズが大きいとは言えないからです。むしろ、ちょっと小さいのではないか?と感じます。

この部分がデメリットに感じます。でも、この場所しか表示できないといった感じなので、これも仕方ないのでは?と思います。

 

Windows標準機能ではタスクバーのみ

Windows10の場合では、タスクバーの時刻・日付をクリックすると大きな文字サイズで現在のデジタル時計を表示できますが、Windows11の場合ではこの機能が削がれてしまっているため、これを利用できません。

タスクバーに表示されている時計の文字サイズが小さくて嫌な場合ではアプリに頼るしか現実的には方法がないと思います。

具体的にはどのようなアプリが良いのか?と言えば、アナログ時計デジタル時計のアプリが該当します。

 

スポンサーリンク

Windows11 で利用できるデジタル時計アプリについて

ここでは、実際にWindows11にインストールして利用しているデジタル時計についての紹介になります。

腕時計

腕時計はデジタル時計になります。このアプリは、あかたかもデスクトップ画面にデジタル時計を表示しているか?のように見せる事ができるアプリに該当します。

実際にはデスクトップ画面上にデジタル時計を表示しているという訳ではなく、あくまでもアプリというプラットフォームの上にデジタル時計を配置して表示している仕組みになります。

特徴としては、「デジタル時計」だけでなく「月日」、「曜日」も小さく表示できるため、パッと見て今日は何曜日の何時なのか?がよく分かるといった感じ。

その他の特徴としては、背景画像は左右に隅似カーソルを当てると矢印が表示されるため、これをクリックすると自由に変更できます。全部で30種類あります。

 

MetroClock

MetroClockも「腕時計」と同様にデジタル時計アプリに該当します。基本的には同じ種類のアプリなのですが、こちらの場合は実際に表示される文字サイズが大きいです。

その代わりに、日本語表示ではなく、英語表示になっているのが主な特徴に該当します。

腕時計との違いは秒数の表示方法が異なります。腕時計の場合では秒数のサイズは小さいので鬱陶しく感じないのですが、MetroClockの場合はそのような気の利いた配慮がない事もあり、同じサイズで秒数が表示されています。

一見すると、間違いなく腕時計に軍配が上がる感じに見えますが、たぶん MetroClock の方が活用できるのではないか?と感じます。

その理由としては、このアプリはアラーム機能を搭載しているのと、背景画像に設定できる壁紙が素晴らしい風景写真だったりします。何か不思議とこっちを利用したく思ってしまうのである。

 

Windows11 デジタル時計アプリ 腕時計 使用レビュー

ここでは、Windows10、Windows11で利用できるデジタル時計アプリ「腕時計」の使用レビューについての紹介になります。

Nightstand Analog Clock との比較

Nightstand Analog Clock の場合では、背景画面を変更する時に自分で好きな壁紙を変更できないため、自分にとって最適に感じる画像が表示するまで、ひたすら変更する手間が発生します。

それに対して、腕時計の場合では、そのような手間は必要なく、全ての画像を表示できるため、ピンポイントで自分が背景画像に設定したい画像を選択できます。

全部で30種類の画像が用意されているため、お気に入りに感じる画像も見つかるのでは?と思います。

 

腕時計 使用レビュー

腕時計の場合では、「30種類の壁紙」の中から好きな画像を選択できるため、ピンポイントで背景画像に設定したい写真を選択できるので便利に感じます。

純粋に背景画像に限って言えば、好きな壁紙を自由に選択できるため、Nightstand Analog Clock よりも使いやすいです。

でも、壁紙を選択できる画像が30種類ではちょっと少ないと感じるため、最適に感じる画像なのか?判断に迷います。

結論は、背景画像がランダム表示という手間はありますが、デジタル時計の腕時計よりも Nightstand Analog Clock の方が好きというのが個人的な見解になります。

その理由としては、飽きの来ない背景画像でかつ、秒針が動いているのにも関わらず不思議と鬱陶しく感じないのである。

 

Windows11 デジタル時計アプリ MetroClock 使用レビュー

ここでは、Windows10、Windows11で利用できるデジタル時計アプリ「MetroClock」の使用レビューについての紹介になります。

腕時計との比較

デジタル時計アプリ MetroClock と比較した場合では、どっちを利用した方が便利に感じるのか?というより、好みによっても変わって来るので一概には何とも言えないと思います。

腕時計のメリットは、日本語表示でかつ、秒数の文字サイズが小さいので煩わしさを感じない部分に尽きます。それに対して、MetroClock の場合はアラームとしても利用できるかつ、タイムモードを変更できる 及び 素晴らしい風景画像となります。

あえて言えば、背景画像を多く選択できる腕時計の方が良いのかな?と感じますが、風景写真が少ないため、好みによっても評価が変わって来るのではないか?というのが率直な感想になります。

そのため、どっちが良いのか?判断できない事もあり、両方とも利用している状態になります。

 

変更できる画像が少ないのがデメリット

MetroClock にはデメリットに感じる部分があります。それは壁紙に設定できる画像がとても少ない事に尽きるのではないでしょうか?

というのも、変更できる画像は全部で11種類なので、ちょっと物足りないと感じます。逆に変更できる画像が少なくて飽きてしまうのではないか?と思ったりします。

 

MetroClock 使用レビュー

MetroClockをWindows11が利用できるノートパソコンにインストールして実際に使ってみた感想としては、秒数の表示が気になるレベルに感じるのではないか?と思います。

秒数に限って言えば、もっと小さい文字にしてくれると助かる感じです。又は、秒数は表示しないように設定できた方が良いと感じます。

月日曜日文字サイズは申し分ないぐらいに大きいので、この点はベストに感じます。

Windows11 デジタル時計・アナログ時計を常に表示する方法
皆さん こんにちは! Windowsパソコンをメインの用途で利用していますが、現在時刻を確認する場合ではタスクバーに表示されている時刻を見れば確認できるので便利に感じます。 とはいえ、ちょっとこの文字サイズが小さいと感じ...

コメント