Windows11 ウィジェットは標準よりアプリ活用が便利に使用できる

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows11を利用してウィジェットも毎日のように利用しています。でも、Windows11の標準機能で利用できるウィジェットではなく、アプリ活用となります。

その理由としては、標準機能のウィジェットはとても満足できる感じではないというのが全てではないか?と個人的に考えます。

それに標準で利用できるウェブブラウザはMicrosoft EdgeよりもGoogle Chromeの方が個人的に便利に感じているため、この選択はないな!と思っています。

そんなこんなで、自分が求めているウィジェットを探した結果、とりあえず満足できるアプリが有ったので、それを利用しています。

今回の記事は『Windows11 ウィジェットは標準よりアプリ活用が便利に使用できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows11 標準機能でウィジェットが利用できる

ここでは、Windows11の標準機能でウィジェットを利用するについての内容になります。

Windows11で利用できるウィジェット

Windows11で利用できるウィジェットは、タスクバーから起動できる機能の1つに該当します。

この機能は、Windows10の「ニュースと関心事項」の改良版に該当するため、実際には大して変わらないと思います。具体的にどの部分が改良されているのか?実際に見比べてみたのですが、よく分からない感じ。

マウスを当てると表示する部分が改良されて、クリックしないと起動できなくなった程度にしか思い浮かばないのが実情です。それ以外にも、ウィジェットとして機能を追加できる仕組みが加わった程度。

期待し過ぎていると、ガックリする事になるため、あまり期待しないで利用するのが良いと思われます。

 

タスクバーから非表示できる

Windows11でウィジェットを利用しない選択もできます。この場合では、タスクバーから非表示にする事ができます。

タスクバーを右クリックした上で、タスクバーの設定を選択すると、タスクバー項目を選択できるようになります。

ここには、「検索」、「タスクビュー」、「ウィジェット」、「チャット」の4つのスイッチがあり、オン・オフする事で、タスクバーに表示・非表示が選択できます。

ウィジェットを利用しない場合は、スイッチをオフにした方が良いです。

 

スポンサーリンク

Windows11 標準機能ウィジェットのデメリット

ここでは、Windows11の標準機能でウィジェットを利用する場合のデメリットについての紹介になります。

Microsoft Edge

Windows11のウィジェットでは、ウェブブラウザのMicrosoft Edgeを標準で利用できるブラウザに設定する必要があります。

このように設定しないと、上手くウィジェットが表示できないので仕方のない選択となります。

だからといって、他のブラウザが利用できないのか?といえば、そうでもなく、普通に利用できるので、そんなに大勢に影響はないと思います。

スタートメニュー 又は タスクバー にピン留めできますから、ピンポイント起動すれば良いです。

 

スマホのようなウィジェットではない

Windows11で利用できるウィジェットの特徴としては、スマホで利用できるようなタイプではない事に尽きると思います。

あくまでもMicrosoft Edgeの情報を利用して表示するといった感じのウィジェットになるので、スマホと同じような物が利用できるのではないか?と期待していると大きな落とし穴に落下します。

デスクトップ画面で利用できないですから、何かちょっと異なる感じになります。

 

デスクトップで利用できない

あくまでもタスクバーから起動できるウィジェットになるため、デスクトップ画面で自由自在に配置できるという訳ではないのが特徴の1つに該当します。

さらには、スクロールできるのは、あくまでも上下のみになります。

ウィジェットが利用できるエリア以外をクリックすると非表示になってしまうため、必ずしも便利に感じないといったパターン。

 

利用できるウィジェットが少ない

ただでさえスマホのようなタイプのウィジェットではないので物足りなさが目立つのに、さらに拍車を掛けているのが、利用できるウィジェットが少ないという部分。

全部で10種類(重複もダメ)しか利用できないため、正直のところ、利用するメリットは少ない感じ。

 

Windows11 ウィジェットはアプリ活用が便利に使える

ここでは、Windows11でウィジェット利用する場合はアプリを活用した方が良いについての内容になります。

無理に標準機能のウィジェットを利用しなくて良い

ハッキリ言って、自分が求めているタイプのウィジェットではないため、これを利用しても満足できません。

このような機能は、さっさとタスクバーから消し去って、アプリを活用する選択を行った方が良いです。

因みに、タスクバーの設定を開くと、ウィジェットのスイッチをオフにする事ができるため、誰でも簡単にウィジェットをタスクバーから非表示に設定できます。

 

アプリを見つける場合の注意事項

それならば、具体的にどのようなアプリなら満足できるのか?と言えば、標準機能よりも便利に使えるウィジェットであれば基本的には満足できると思います。

このようなアプリは、Microsoft Store で入手できます。スタートメニューから起動して、ウィジェットを検索します。

ここでの注意事項は、日本語でキーワード検索しないという部分に尽きます。英語でキーワード検索すると上手くアプリがヒットします。

例えば、ウィジェットを検索するのであれば、「Widget」と入力して検索します。時計であれば、「Clock」となります。

 

1つぐらいは見つかる

筆者の場合は、純粋にデスクトップ画面に表示できるタイプを求めて、真剣に探しました。フローティングタイプになるのですが、あたかもデスクトップ上に浮いているように見えるタイプのアプリをインストールしています。

使い心地は満足できるのですが、カスタマイズといった部分では、どうなんだろう?といった感じで、割り切って利用しているといった感じ。

たぶん、割り切らないと、求めているタイプのウィジェットは見つからないと思います。

 

Windows11 iPad スマホ のようなウィジェットも利用できる

ここでは、iPad スマホ のようなウィジェットもWindows11で利用できるについての紹介になります。

実際に利用しているウィジェット

Windows11の標準機能で利用できるウィジェットと比較すると、圧倒的に便利に感じるウィジェットをMicrosoft Storeから入手しています。

Widget Launcher というアプリになります。このアプリは、デスクトップにフローティングするタイプのウィジェットになります。

Androidスマホのようにデスクトップ(壁紙)のどこでも自由自在に配置できるので便利に使えます。

利用できる機能は全部で12種類あるので、何かしら1つはという感じではなく、たぶん最低でも5~6種類は利用して満足できるのではないか?と個人的に考えます。

 

電源ON、再起動時のウィジェット表示について

Windowsパソコンのシャットダウン 又は 再起動した場合はどうなるのか?も大いに気になると思います。

せっかくウィジェットをデスクトップに貼り付けたのに、シャットダウンしたら全て消えてしまうのでは使い勝手が悪いです。

どちらの場合も、起動時にはウィジェットが表示されません。起動して10~20秒前後にウィジェットが表示されるといった感じになります。

たぶん、これはPC性能も関係あるのでは?と思います。

 

タスクバーにピン留めしない方が良い

Widget Launcher は実際に使ってみて満足できるのですが、タスクバーにピン留めすると、アイコンがとても小さいので、何のアイコンなんだろうか?といった感じになります。

実際にこのアプリを利用するのであれば、スタートメニューにピン留めするのが良いと感じます。というのも、Windows ロゴ キーを押せば簡単に表示できるからです。

因みに、スタートメニューのピン留め済みには、アイコンは小さいのですが、アプリ名称はしっかり視認できるのでパッと見で分かります。

Windows11 Widget Launcher 使用レビュー(ウィジェットアプリ)
皆さん こんにちは! Windows11を利用できるパソコンでは、ウィジェットを利用する事ができますが、このウィジェットは満足できますか?たぶん誰も満足できないのではないか?と思います。 何故か?と言うと、何か?が変なの...

コメント