AndroidスマホiPhone化できるアプリのデメリットも考慮

Android
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

スマホートフォンにアプリをインストールした場合では、便利に感じる場合もあれば、ダメだこりゃ!と感じるアプリもあります。仮にダメだこりゃ!の選択に至った場合では削除スルと思います。

とりあえずキープの判断の場合はどうするのだろうか?とふと思ってしまうのである。とりあえずキープの場合では削除しないと思うので、どんどこ増えてしまいます。

正にこのパターンに該当するのがAndroidスマホをiPhone化できるアプリだったりします。なかなか判断が悩ましいといった感じ。

今回の記事は『AndroidスマホiPhone化できるアプリのデメリットも考慮』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

AndroidスマホiPhone化できるアプリ

ここでは、iPhone化できるAndroidアプリについての内容になります。

AndroidスマホをiPhoneのようにできる

AndroidスマートフォンのPlayストアを覗くと、iPhoneのように変更できるアプリが複数種類あります。これらのアプリをインストールして利用できるように設定すると、見た感じiPhoneのように利用できるようになります。

このような楽しみ方もできるので、なかなか面白いと感じるのですが、必ずしも最適な選択とは言い難いです。見せかけで楽しむのであれば良いのですが、ハマってしまうとiPhoneの魅力に取りつかれてしまうのである。

その結果、どうなるのか?と言えば、iPhoneが欲しくなってしまうので、結果的にAndroidスマホからiPhoneに乗り換えるパターンに陥ってしまう可能性も否定できません。

このようなiPhone化のアプリを利用する場合ではタイミングも重要になるのではないか?と個人的に考えます。

 

あくまでも見せかけに過ぎない

iPhone化できるアプリをAndroidスマホに入れても中身はAndroidスマホになります。あくまでも表面的にiPhoneに見せかけているだけなので、本当に満足できるのか?は疑わしいです。

スペックやグラフィック等も伴わないので、これで満足できるのかな?といった感じになります。これで満足できるのであれば、この活用方法も良い選択になるのですが、満足しなかった場合はiPhone乗り換えに突き進む可能性があります。

それでも良いのか?それともダメなのか?はその時に感じ方次第になるため、どのタイミングで利用するのか?もよく考えた上で利用するのが良さそうに感じます。

個人的には、iPhoneに乗り換えようとしているタイミングが良いのではないかな?と感じます。

 

スポンサーリンク

AndroidスマホiPhone化できるアプリのメリット

ここでは、iPhone化できるAndroidアプリのメリットについての内容になります。

iPhoneのホーム画面にできる

AndroidスマホをiPhone化する場合では、iPhoneのホーム画面のようにしたい!と感じると思います。この場合では、ホームアプリを変更する必要性に迫られます。

具体的にどのようなホームアプリが良いのか?になりますが、ランチャーiOSなどのiPhone化できるアプリが良さそうに感じます。というのも、1種類だけではないので、同じような感じのアプリも有るからです。

実際に使ってみて良さそうに感じればそのまま継続して利用するのが賢明の選択になります。

 

仮想ホームボタンが利用できる

iPhoneと言えば、ホーム画面上で利用できる仮想ホームボタンを使う事ができますが、このような便利な機能はAndroidスマホには用意されていません。

これを利用するのであれば、仮想ホームボタンを利用できるアプリを入れる必要があります。幸いな事に全く同じではないのですが、類似品アプリがあるので、それを利用すると便利に使えます。

しかも、iPhone化しないでも利用できるため、このアプリに限って言えば、iPhone化しなくても良いのでは?と思ってしまうのである。

 

iPhone化の活用方法を楽しめる

iPhone化アプリを利用する場合では、Androidスマートフォンなのに、あたかもiPhoneのように利用できるという魅力があります。と同時に、それを楽しめるというのは確かに面白いと感じます。

この観点から考慮するのであれば、この選択も十分に意義が有るのではないか?と考えます。

 

AndroidスマホiPhone化できるアプリのデメリット

ここでは、iPhone化できるAndroidアプリのデメリットについての内容になります。

iPhoneに乗り換えたくなる

AndroidスマホにiPhone化アプリをインストールした場合のデメリットの1つに考えられるのが、iPhoneに乗り換えたくなってしまう事だと思います。

どっぷりハマってしまって見せかけ的では満足できないといったパターン。この場合では、iPhoneに興味や関心が強くなってしまうため、欲しくて欲しくて仕方ないといった感じになってしまう可能性があります。

これも悩ましい展開なんじゃないかな?と思います。何せ、それなりに価格も高いですからね~。

 

動作不良になる場合あり

iPhone化アプリの場合では、必ずしも全てのスマホで便利に利用できるといった感じではないんですよね~。それなりにスペックが足りていなかったりすると満足に機能しないといった感じ。

動作がモッサリしてしまったり、フリーズする場合も有ったりするので、注意も必要になります。このような展開にもなる可能性というのは承知しておいた方が無難です。

 

便利に感じない場合あり

注意するべき事と言えば、もう1つあります。このようなアプリを利用すれば便利に感じるという訳ではないです。

これは「感じ方」も関係して来るので、便利に感じる事もあれば、イマイチに感じる事もあります。

そのため、スマホにインストールしたからといって便利に感じるとは限りません。

 

AndroidスマホiPhone化はデメリットも検討&考慮を

ここでは、iPhone化できるAndroidアプリのデメリットをよく考えてからiPhone化の活用を行った方が良いについての内容になります。

iPhone化のデメリットの考慮は重要

AndroidスマホをiPhone化する場合では、メリットよりもデメリットを重視すべきと感じます。何故か?と言うと、メリットしか考えない場合では、どこか?で躓きます。

躓くだけであれば別に問題ないですが、その結果、肝心要のスマホが動作不良になってしまう場合も実際にありますから、この部分は考慮した方が良いのではないか?と考えます。

スペックが足らないのか?も関係あると思いますから、よく調べてからアプリを入れた方が良いと思います。先に入れてから考えるといった感じはダメなんじゃないのかな?と思います。

この部分に関して言えば、正にこのパターンに陥っているので真面目に注意した方が良いと思います。

 

アプリのインストールは1つずつが良い

アプリを入れから考えるのではなく、入れる前によく調べてからと言っても、そんなの無理な相談だったりします。何せ、実際に使ってみないと何とも言えないですから、真っ先に入れてしまうと思います。

これでも良いんですけど、この場合では1つずつの方が無難な選択のような気がします。

筆者の場合は片っ端しから入れまくって、どれがダメなのか?を知れべて、削除する方法を選択したのですが、動作がモッサリになってしまっています。

やっぱり1つずつ入れて使ってみて判断した方がベストな選択のような気がします。

コメント