iPad Chrome 拡張機能は使える?使えない?使用レビュー

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadではウェブブラウザも標準搭載されているので、スマホやパソコンと同様にウェブ検索なども問題なく利用できます。標準で利用できるブラウザはSafariになります。

AndroidスマートフォンやWindowsノートパソコンで、Google Chrome を利用している場合では、SafariよりもChromeをiPadで利用した方が便利に感じると思います。

App Store でGoogle Chrome をインストールして利用するパターンになるのではないでしょうか?この場合では、とても気になるのが、Chromeを利用すると便利に感じる拡張機能や検索便利ツールだと思います。

スマートフォンでは拡張機能が利用できませんが、iPadの場合はMagic Keyboardを利用すると、ノートPC活用も行えるので、もしかすると、使えるのでは?という期待を抱いてしまいます。

今回の記事は『iPadでGoogle Chrome ブラウザを利用した場合では、色々と便利に使える拡張機能は利用できるのか??使えないのか?も含めての使用レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで利用できる標準ブラウザはSafari

ここでは、iPad標準搭載しているウェブブラウザのSafariについての紹介になります。

iPad 標準ウェブブラウザ Safari

iPadに標準でインストールされているウェブブラウザはSafariになります。Macbookにも搭載されているウェブブラウザになりますが、パソコン版とは異なるバージョンが搭載されています。

Safariは、Microsoft EdgeGoogle Chrome といったウェブブラウザと同様に、同じような事が利用できるため、基本的にはどのウェブブラウザを利用しても問題ありません。

問題が有るとすれば拡張機能が利用できるのか?の有無ぐらいなのではないでしょうか?

パソコン版Safariでは拡張機能が利用できるのですが、iPad版では標準では利用できません。iPad OS 15 から利用できるようになるみたいです。

そのため、拡張機能を利用したい場合は、iPad OS 15 になってから、試してみるのが最適です。

 

他のウェブブラウザも利用できる

基本的には、Safariが標準搭載されているので、他のウェブブラウザを利用しなくても何ら問題ありませんが、それでもAndroidスマートフォンやWindowsパソコンを利用している場合ではSafariを利用していませんから、使いにくいと感じる事もあります。

この場合では、いつも毎日のように利用しているスマホパソコンで同じウェブブラウザを利用したい!と感じると思います。このように感じている場合ではApp Store でインストールした方が良いと思います。

幸いな事に、Microsoft Edge、Google Chrome もインストールできますから、いつもと同じ環境で利用できる可能性があります。

でも、ここで1つだけ注意事項があります。それは、スマホで利用しているウェブブラウザとパソコンで利用しているブラウザは同じブランドであっても別物であるという部分。

スマホではモバイル版、パソコンではPC版となります。iPadで利用する場合はパソコン版とは限らないという事を承知の上で利用しないといけません。

 

スポンサーリンク

iPadでGoogle Chromeを利用する事もできる

ここでは、iPadでGoogle Chrome ウェブブラウザを利用できるについての紹介になります。

iPadでGoogle Chrome を利用する場合

iPadに標準搭載されているウェブブラウザはSafariになるため、Google Chromeは標準アプリに含まれていません。

Chromeを利用する場合は、App Storeでインストールしないと利用できません。先ずはインストールする事から始めます。

次にインストールしたら、Chromeにログインする事になります。というのも、いつもと同じように検索する場合では検索履歴を利用する事になるため、ログインして利用した方が便利に使えるからです。

仮に、ログインしない状態でも利用できますが、この場合では、いつもと同じように検索しても同じ結果にならない場合もあります。

 

Google アプリ と Google Chrome どっち?

App StoreでChromeをインストールする場合に大いに悩める事が発生します。それは、「Google アプリ」と「Google Chrome」という似ているアプリが存在しているからです。

これはいったいどっちのアプリをインストールすれば良いのだろうか?と困惑する事になります。そもそも違いがよく分からないと言った方が正解に感じます。

簡単に説明すれば、Googleアプリは検索用、Google Chromeはウェブブラウザになります。でも、両方とも同じ機能に感じるので、余計にどっちをインストールすれば良いのか?悩みます。

要するに、検索窓で検索して目的の情報を見つけるのか?それともウェブブラウザで検索して目的の情報に辿り着くのか?の違いとなります。

 

iPadでGoogle Chrome拡張機能 使える?使えない?

ここでは、iPadでGoogle Chrome ウェブブラウザを利用した場合に期待したい拡張機能は利用できるのか?についての紹介になります。

iPad Google Chrome 拡張機能

iPadにGoogle Chrome をインストールした場合では、一番気になる要素がたぶん拡張機能だと思います。

Google Chrome PC版では拡張機能が利用できますから、iPad版の場合は、この拡張機能が利用できるのか?は大いに関係あります。

これが利用できるのか?利用できないのか?で使い勝手も変わって来るので意外と重要だったりします。

結論から先に言えば、iPad版Chromeは、スマートフォンと同様にモバイル版がインストールされるのでパソコン版で使える拡張機能使えません

 

Chromebook では拡張機能が利用できる

iPadと直接的には関係ありませんが、キーボードを着脱できるデタッチャブルノートPCの Chromebook Lenovo IdeaPad Duet では、Google Chrome PC版を搭載しいています。

このタブレットPCは、iPad Air 4 よりもちょっと小さい10インチサイズになりますが、PC版Google Chromeを標準搭載してあるため、拡張機能が利用できるのである。

それでいて、iPad Air 4 よりも安価で購入できるため、Google Chrome を便利に使いたいと考えている場合では、iPadよりもChromebookを購入した方が良いのでは?と感じます。

Chromebook IdeaPad Duet レビュー!2in1 タブレットPC Lenovo
皆さん こんにちは! メインのPCとして利用しているのは2つのWindowsノートパソコンになります。この2つのサブPCの用途で使っているのが、Chromebook Lenovo IdeaPad Duet になります。 ...

 

検索便利ツールも魅力的

iPad版Google Chrome ではPC版ではないので拡張機能を利用できないデメリットが発生しますが、その代わりに検索便利ツールは利用できるため、必ずしもデメリットに感じる事はないと思います。

その理由としては、拡張機能を使わなくても、普通にキーワード検索すれば、電卓・天気・翻訳・単位換算・為替(通貨)などの便利に感じる機能がアプリのようにウェブブラウザで使えるからです。

因みに、Google のOfficeアプリである、「Google ドキュメント」、「Google スプレッドシート」、「Google スライド」については、残念ながら別のアプリにて提供されています。

利用する場合は、App Store で個別にインストールとなります。

 

iPad Google Chrome メリット・デメリット

ここでは、iPadでGoogle Chrome ウェブブラウザを利用した場合のメリット・デメリットについての紹介になります。

メリット

iPadでGoogle Chrome ウェブブラウザを利用するメリットって何だろう?と感じるのは気のせいでしょうか?

インストールしたいと感じるけれども、拡張機能も利用できないので、実はメリットはそんなにないのでは?と個人的に考えます。

あえて言えば、毎日のように利用しているスマホやパソコンと同じように検索できる部分ぐらいだと思います。

 

デメリット

① 拡張機能
iPadでGoogle Chrome を利用する場合にデメリットに感じる代名詞と言えば、拡張機能が該当します。iPadはパソコンではないため、PC版のChromeブラウザは利用できないのである。

 

② Google Officeアプリ
PC版Chromeブラウザでは、Google Officeアプリであるも利用できますが、iPad版ではそれぞれ個別アプリにて対応となっているのもデメリットに該当するのでは?と感じます。

とはいえ、利用しないアプリも含まれているというのもどうかな?と感じるため、逆にこちらの方が良いのかも知れません。たぶん一長一短と考えた方が良いのかも知れません。

 

iPadで Google Chrome よりも Safari がオススメ

ここでは、iPadでGoogle Chrome ウェブブラウザを利用した場合の使用レビューについての紹介になります。

ChromeよりもSafariがオススメ

iPadでGoogle Chromeを利用した場合の使い勝手は、別にどのウェブブラウザを利用しても問題ないかな?と率直に感じます。というのも、目的の情報に辿り着ければ基本的には問題ないですから、どれでも良いと思います。

あえて言えば、Google Chrome よりも Safariの方が良いのでは?と感じます。その理由としては、iPadでChromeを起動した場合では、Google スプレッドシートは利用できません。

でも、iPadの Safari でGoogle を利用すると、スプレッドシートも含めてGoogle アプリが利用できるからです。

 

SafariでChromeを利用すると拡張機能は使えるのか?

iPad標準搭載ウェブブラウザのSafariでChromeを利用した場合は、拡張機能が利用できるのかな?も気になりますが、残念ながら拡張機能には非対応となります。

それならば、Chromeにログインすれば大丈夫なのでは?と思うかも知れませんが、ログインしても利用できるのは、Chrome上で利用できるドキュメントやスプレッドシートなどのGoogleアプリだけとなります。

拡張機能は、利用できないため、どうしても利用したいのであれば、素直にパソコンで使った方が良いです。

コメント