Androidスマホ活用方法!ストレージ容量不足の対処&解決方法

Android
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

日常生活の必需品でもあるスマートフォンは通勤(仕事)、旅行でも必需品のような存在に該当します。何故か?と言うと、色々な場面で日常的によく使いますから、これがなくなると逆に困ってしまうと思います。

普通の生活でこんな感じなのですから、旅行でも同じ状況になります。旅行ではデジカメの用途で利用しますし、待ち時間などでは暇つぶしの用途で利用できます。

この場合では、お気に入りに感じている動画ファイルをスマホの本体ストレージに入れておくと動画視聴も楽しめたりできるのですが、旅先等で動画撮影すると本体ストレージを圧迫する事になります。

今回の記事は『Androidスマホ活用方法!ストレージ容量不足の対処&解決方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Androidスマホで写真や動画撮影で気になること

Androidスマートフォンのカメラで写真撮影や動画撮影している場合に気になる事もあると思います。

何も気にならない!

スマホのカメラで写真撮影する時に気になる事って有るのかな?と思ってしまうのですが、そんなに気にならないのではないでしょうか?あえて言えば、光学ズームに対応しているのかな?といった部分ぐらしか思い当たる事がないのが実情になります。

その他に気になる事はないんですけど、旅行ではセルカ棒を持参して利用した方が便利かな?といった部分も関係あるのかも知れません。基本的にセルカ棒は所持していませんから、特に気にならないですね。

それに別に買いたいとも思わないので、スマホのカメラで写真撮影する場合では何も気になっていません。それならば、動画撮影の場合ではどうなのか?になりますが、こちらの場合も何を気にするのかな?と逆に気になってしまいます。

そんなに頻繁に動画撮影なんてしませんから、本体ストレージの容量がパンクするような事もないです。

 

本体ストレージ容量が気になる

スマホのカメラで動画撮影を行っている場合では、本体ストレージの容量不足を気にする可能性があります。というより、気にした方が良いと言った方が正解になのではないでしょうか?

容量不足になってしまうと動画撮影に影響が出ますから良くないです。頻繁にストレージ容量を確認している感も否定できないといった感じなのかな?

でも、こんな事をやっていると、他にやるべき事ができなくなりますから、定期的にパソコンにデータを移すなどの対策も必要になるのではないでしょうか?

それも面倒に感じるのであれば、それは仕方ないので、スマホの本体ストレージ容量が多い機種に買い換える等の選択も検討した方が良さそうに感じます。

 

スポンサーリンク

Androidスマホの本体ストレージが容量不足になったら?

ここでは、Androidスマホの本体ストレージがパンクしたらどうするのか?についての内容になります。

容量不足になった事はない

そもそもの話なんですけど、スマホの本体ストレージ容量がパンクするという事は現実的にあるのでしょうか?と思ってしまう場合も有るのでは?実は、実際に有るんですよね~。

たいていの場合では、そもそも本体ストレージ容量少なめの場合が該当します。普通にスマホのカメラで写真撮影する程度であれば、64GBあれば大丈夫なんですけれども、動画撮影すると一気に様子が変わってきます。

写真よりも動画の方がファイル容量が圧倒的に大きいですから、64GBの本体ストレージではちゃんと管理していないと、容量不足に陥ってしまうのである。

でも、ちゃんと管理していても時間が経過すれば経過するほど、横着になりますから、この辺も考慮した方が良さそうに感じます。

 

意外な盲点への対処も必要!

スマホの本体ストレージ容量がパンクする場合では、カメラで撮影した写真や動画などが格納されているフォルダのデータを移動したりする感じになりますが、実は盲点があります。

このフォルダに格納されていない不要な画像ファイルが存在している事に気が付いていない場合が多いです。そのような画像ファイルは有るのかな?と思ってしまうのでは?

特にこのパターンに該当するのが、スクリーンショットで撮影した画面メモが該当します。というのも、スクリーンショットで撮影した画像はPictureフォルダの中にあるscreenshotsに格納されています。

このフォルダに格納されている画像ファイルも削除した方が良いのではないでしょうか?、一時的に利用するだけの用途で撮影していますから、継続的に使っていないと思います。

 

不要なファイルは削除

本体ストレージ容量がパンクしたら、不要に感じるファイルは削除するのが基本となります。カメラで撮影した写真だったとしても全部が素晴らしいとは限りません。

「ピンぼけ」、「イマイチな写真」といった画像も有りますから、そのような画像は削除した方が良いと思います。

 

Androidスマホ本体ストレージ容量不足の解決方法

ここでは、Androidスマホの本体ストレージの容量不足になった場合の解決方法についての内容になります。

Androidスマホ購入時に考慮する

そもそも、本体ストレージ容量がパンクしないように、Androidスマホを購入する時に、この事も考慮して本体ストレージ容量が満足できる機種を購入する選択を行うのも1つの方法になります。

でも、果たして本当にこの選択は正しいのでしょうか?と感じるのは気のせいでしょうか? その理由としては、本体ストレージが容量不足になっても色々な方法で解消する事ができるからです。

あらゆる方法を試しても尚、解決しないのであれば、ストレージ容量が多い機種を購入しても良いと思います。

 

一時的なアプリファイル容量をクリーンアップ

スマホの本体ストレージ容量不足に陥っている場合では、一時的に貯まっているアプリのファイルをクリーンアップしていない場合が多いのではないか?と考えます。

購入してから一度もクリーンアップしていない場合も実際にありますから、先ずはAndroid標準アプリのFilesを起動してクリーンアップしてみるのが良いと思います。

また、スマホのカメラで撮影した写真の中にはピンぼけになっている画像も有ると思います。そのような画像は削除候補に表示されているため、この画像も一緒に削除した方が良いです。

ピンぼけですから、大切に本体ストレージに保存しなくても良いのでは?

 

必要に応じてPCに移動

一時的に貯まっているファイルをクリーンアップしても尚、本体ストレージが容量がそんなに減らないといった場合では、PCに移動するのも1つの方法になります。

ここでの注意事項は、ファイルのコピーではなく、ファイルの移動になります。コピーしても本体ストレージ容量は変わらないですから意味がありません。

 

AndroidスマホのデータをPCに移動して管理する方法

ここでは、Androidスマホの本体ストレージに保存されている写真や動画などのファイルをPCに移動して管理する方法についての内容になります。

USBケーブルを利用する

USBケーブルを利用するよりもWi-Fi環境下であれば、ファイル転送アプリの方が便利に感じると思うかも知れませんが、この方法ではちょっと問題が発生します。

というのも、基本的にファイル転送アプリの場合ではファイルをコピーして送信する事になるため、スマホの本体ストレージに保存されているファイルは全く移動などは行われません。

そのため、多少面倒に感じるかも知れませんが、USBケーブルをスマホとPCに接続してファイルの移動を行う方法が何だかんだ言っても最適に感じます。

だからといって、ファイル転送アプリが利用できないのか?と言えば、そうでもなく、普通に利用しても良いです。この場合はファイル転送したデータは本体ストレージから削除する必要があります。

これは流石に二度手間になりますから、あまり良い選択肢ではないと思います。

 

USBメモリにデータを移動する

USBケーブルを利用する場合では、何かとケーブルが邪魔に感じるのがデメリットに該当します。それならば、AndroidスマホとPCの両方で利用できる USB Type-C対応USBメモリを利用する方法もあります。

もし、 USB Type-C対応USBメモリを所持していない場合では、USBハブを利用して既存のUSBメモリを利用する事もできますが、USBハブも所持していない場合では変換アダプタが必要になります。

 

ファイルマネージャーのアプリ

AndroidスマホでUSBメモリを利用する場合では、ふぁいる管理アプリも必要になります。Android標準アプリのFilesやPlayストアで、ファイルマネージャーアプリをダウンロードして利用する方法になると思います。

筆者の場合では、ファイルマネージャーアプリを好んで利用しています。

Androidスマホ活用方法!USBメモリを接続して使用する方法
皆さん こんにちは! 日常生活の必需品であるスマートフォンは通勤や旅行といった場合でも必需品の持ち物に含まれます。通勤や旅行といった場合では、お気に入りに感じている動画やミュージックを利用する場合もあります。 このような...

コメント