Androidスマホ活用方法!iPhone化できるアプリも便利に感じる

Android
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Androidスマートフォンを利用していると、つい、iPhoneも気になります。どうして気になるのか?といえば、友人や知人が皆さんiPhoneを使っているのである。自分だけAndroidスマホなのかな?って感じ。

でも、iPhoneじゃなくても自分さえ良ければ特に問題ないですから、Androidという選択も十分に有りなんですけれどもね~。でも気になってしまうんですよね。

それならば気になってしまうのであれば仕方ないので、iPhone化できるアプリを使ってみるという選択も十分に有りなのではないかな?と考えます。

今回の記事は『Androidスマホ活用方法!iPhone化できるアプリも便利に感じる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

AndroidスマホはiPhone化できる?

ここでは、AndroidスマートフォンをiPhone化できるのかな?についての内容になります。

どうしてiPhone化したいのか?

Androidスマホを利用しているのにも関わらず、iPhone化できるアプリをインストールして、iPhone化してみたくなる場合があります。どうしてそのように考えてしまうのか?と言えば、iPhoneに興味が有るからです。

特にスマホの買い替えの時期が迫っているタイミングでは、当然の事ですが、iPhoneも選択候補の1つに入って来るのが実情になりますから、研究も兼ねてスマホでどんな感じなのか?をチェックしてみたいのである。

その結果、自分にとって満足できる内容になった場合は機種変更する時にiPhoneを選択するのではないか?と考える事もできます。やっぱり、この用途で利用するのであれば十分に意味が有るのでは?と思います。

それに、iPhone化しなくても一部のアプリはAndroidスマホでも便利に利用できるアプリも見つかる可能性があるので、チャレンジしてみる価値はあります。

 

iPhone化できるアプリがある

iPhone化できるアプリって何が有るんだろうか?というのも気になる要素の1つに該当しますが、「仮想ホームボタン」や「コントロールセンター」、「ウィジェット」、「ランチャー」などが該当します。

これらのアプリを全てインストールしても良いですし、一部だけにしてみるのも良いと思いますが、入れたからと言って便利に利用できるのか?は分からないですから自己責任で行う事になります。

でも、実際に使ってみると、イマイチに感じるアプリもありますが、超便利に感じるアプリも有るので、面白い結果になると思います。

ここで注意事項があります。これらのアプリを入れると、スマホがモッサリする場合があるので、その場合は削除した方が良いです。

 

スポンサーリンク

AndroidスマホをiPhone化するメリット

ここでは、AndroidスマートフォンをiPhone化するメリット・デメリットについての内容になります。

iPhone化するメリット

AndroidスマートフォンにiPhone化できるアプリをインストールする事ができますが、これを実際にインストールしてみてメリットに感じる内容を紹介にしたいと思います。

iPhone化できるアプリは全てをインストールしなくても良いと思います。入れても良いですけど、逆に不便に感じるのではないか?と個人的に考えます。

というのも、余計にアプリをどんどこ入れる事になるので、これは必ずしも最適ではないからです。ピンポイントでこれぞ!と思えるアプリを入れて使った方が便利に感じます。

このパターンで実際に3つのアプリを入れて使って見ましたが、ウィジェットは良くなかったかな?と感じます。

実際のメリットとしては、仮想ホームボタンコントロールセンターのアプリを利用すると、とても便利に感じるようになります。

これがメリットなんじゃないのかな?というのが個人的な見解です。

 

iPhone化するデメリット

今度は、iPhone化できるアプリを使ってみて、デメリットに感じる内容になりますが、これも意外と有ったりします。そもそも便利に感じるという事はその逆も当然の事ながら有るので、これは仕方ない部分に該当します。

具体的にどの部分がデメリットなのか?と言うと、全てのアプリは無料で利用できるとは限らないという部分。無料で利用できる場合では、広告表示が邪魔に感じます。

この機能を利用したいのであれば有料版を利用して下さいといった感じのアプリも有るので、全て無料でどうにか?したいと考えている場合では難しい相談になると思います。

せっかくAndroidスマホを利用しているのですから、一部のiPhone化できるアプリだけ使うといった活用方法が望ましいのではないか?と考えます。

 

AndroidスマホをiPhone化すると便利?

ここでは、AndroidスマートフォンをiPhone化すると便利に使えるのか?についての内容になります。

便利なのか?は分からない

AndroidスマートフォンにiPhone化できるアプリをインストールしたと仮定して、果たして本当に便利に感じるのか?と言えば、これは正直のところ、よく分からないと言った方が正解になります。

何故か?と言うと、アプリで全てiPhone化するので有れば、Androidスマートフォンを購入する必要はないと考えます。素直にiPhoneを買った方が良いです。

iPhone化できるアプリを利用するのであれば、全てをiPhone化するのではなく、ピンポイント仕様の方が便利に使えるのではないかな?というのが個人的な見解になります。

というのも、アプリをインストールした場合、無料で全ての機能を利用できるとは限りません。この機能を利用したいのであれば、プレミアム機能を利用して下さいね!となっている場合もあります。

それに広告表示も有るので、この場面で広告が表示されるのはちょっと良くない!と感じる事も多いです。総合的に勘案すると、一部分だけiPhone化できるアプリを利用するといった使い方が良いと感じます。

 

仮想ホームボタンは魅力的

iPhone化できるアプリを利用する場合では、具体的にどのアプリを使うのか?でも大いに悩む要素になりますが、筆者の場合は、真っ先に仮想ホームボタンをインストールしています。

というのも、iPhoneやiPadで実際に使って超便利に感じているため、Androidスマホでも便利に使えるのではないか?という勝手な思い込みもあり、インストールして活用しています。

無料で利用できるので便利な半面、広告がちょっと痛いと感じます。それでも魅力的なアプリに1つに該当しますから、インストールして正解に感じているアプリだったりします。

iPhone化しなくても便利に使えるアプリに該当するので、興味のある方はPlayストアで「仮想ホームボタン」と検索して入れてみては如何でしょうか?

 

AndroidスマホをiPhone化できるアプリ

ここでは、AndroidスマートフォンをiPhone化できるアプリについての内容になります。

AssistiveTouch

AndroidスマホをiPhone化する場合に避けて通れないと感じるアプリは仮想ホームボタンになります。これを実現するには、AssistiveTouch 仮想ホームボタンというアプリをインストールする必要があります。

実際にインストールして利用しているのですが、スクリーンショットする場合が超快適に感じます。ちゃんとホーム画面にフローティング表示していますから、邪魔に感じたら、ドラッグして好きな場所に配置できるのは素晴らしいです。

自動回転をロックしたり、ロックを解除する設定も仮想ホームボタンから行えますからiPhone化しない場合でも便利に使えるアプリの1つに該当します。

 

コントロールセンター

iPhone化できるAndroidアプリの中で素晴らしいと感じるアプリの1つに該当するのがコントロールセンターになります。インストールして、ホーム画面に表示する場合はスワイプ操作で呼び出せます。

しかも見た感じが、もうiPhoneのコントロールセンターそのものなのである。但し、ホーム画面がいくつもページが有る場合は、何回も左にスワイプする操作が必要になります。

そのため、ホーム画面は2ページ目までに限定した方が良さそうに感じます。

 

Widgets iOS

AndroidスマートフォンにiPhoneで利用しているのとそっくりなウィジェットになるアプリのWidgets iOSをインストールしてみた結果としては、無料で利用するのであれば使わない方が良いと感じます。

具体的にどの部分が良くないと感じるのか?と言えば、無料で利用できるウィジェットのサイズが「1×1」なのでアプリのアイコンと同じサイズになってしまうのである。

これをパッと見ても便利に感じませんし、見づらいと感じます。

Androidスマホ活用方法!ウィジェットを生活に役立てる使い方
皆さん こんにちは! Androidスマートフォンに限った話ではないですが、スマートフォンで利用できるアプリの1つにウィジェットがあります。このウィジェットは便利に感じる物もあれば、全然便利じゃない!という物まであります。 ...

コメント