Chromebook ダークモード Dark Reader 使用レビュー(Chrome 拡張機能)

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadではコントロールセンターでダークモードとライトモードを簡単に切り替える事ができるので便利に感じますが、Chromebookの場合はどうなのかな?と気になってしまいます。

Chromebookはパソコンなのでタブレット端末とは異なりますが、Windows PCでもダークテーマを利用できるため、Chromebookでもダークモードを利用したいと感じます。

実際のところ、対応するにはウェブブラウザのChromeで対応するしか方法がないのが実情になりますが、標準機能で満足できるのであれば拡張機能を利用する必要はありません。

でも、とても中途半端に感じるのが実情なので、何だかんだ言っても最終的には拡張機能を頼る選択が正しいのかな?と感じます。

今回の記事は『Chromebook ダークモード Dark Reader 使用レビュー(Chrome 拡張機能)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook ダークモードを利用する場合

ここでは、Chromebookでダークモードを利用する場合はどのようにすれば良いのか?についての紹介になります。

Android アプリは考えなくて良い

ChromebookではAndroidアプリも利用できますが、ダークモードに限って言えば、Android アプリを利用しなくても何ら問題ありません。

というのも、実際に3つぐらいのアプリを試しているので、これをインストールしたからといって、ダークモードに変更できるという訳ではありません。

この際、Android アプリを利用してダークモードに対応するという発想はしなくて良いです。

 

Chrome標準機能で対応

ウェブページを検索して結果表示するだけで良いのであれば、Google Chrome標準機能で対応できます。

本当の意味でキーワード検索して結果が表示されたページでの適用となるため、頭の中でイメージしていたダークモードとは異なるのが実情になります。

たいていの場合はこれで満足する事はないため、Chrome拡張機能を利用してダークモードに対応した方が賢明の選択になります。

 

Chrome拡張機能で対応

Chromebookでダークモードを利用する場合では、Chrome拡張機能を利用するのが最適な選択になります。

何故か?と言うと、パソコン側でダークモードに切り替える事ができないため、Google Chromeで実現する方法になってしまうからです。

特にChromebookの場合では、ウェブブラウザのChromeで全ての作業を完結するパソコンに該当しますから、Chrome拡張機能を利用する選択は必然になります。

 

スポンサーリンク

Chromebook ダークモードはChrome拡張機能が便利

ここでは、Chromebookでダークモードを利用する場合はChrome拡張機能を利用した方が良い!についての紹介になります。

Chrome検索設定でダークモード利用のデメリット

① 検索が必要
Chrome標準機能の検索設定を利用してダークモードを使う場合では、Google検索のトップページでは利用できないため、必ず何かしらのキーワード検索を行う必要があります。

 

② 検索結果のみ
何かしら?のキーワード検索を行わないと検索設定の歯車アイコンが表示されないため、ダークモードとライトモードに切り替える事ができません。

さらには、あくまでも適用されるのは検索結果のみとなるため、GmailなどのGoogle アプリを開くとダークモードが利用できません。

 

③ ダークモード
Chromeの検索設定でダークモードに変更した場合では、翌朝になってもダークモードでの利用となります。あくまでも自動での切り替えには対応していないため、手動で変更する必要があります。

 

Chrome 拡張機能でダークモードを利用する場合

Chrome 標準機能の検索設定でダークモードを利用した場合では、必ずキーワード検索が必須となりますが、Chrome 拡張機能を利用する場合では、このような手間が必要ありません。

あえて言えば、手間に感じるのはChromeに追加する時ぐらいなので、一度Chromeに拡張機能を追加すれば、手間に感じる作業は無いため、使い勝手が良い場合が多いです。

とはいえ、Chrome拡張機能で利用できるダークモードは1種類だけではないですから、その中から自分にとって最適に感じるダークモードを見つける作業が手間に該当すると考えます。

 

Chrome 拡張機能でダークモードを利用するメリット

それならば、Chrome拡張機能でダークモードを利用するメリットは何が有るのかな?も気になりますが、ChromeでGoogle アプリを利用した場合でもダークモードが適用される事に尽きるのではないでしょうか?

検索設定でダークモードを利用した場合だと、検索結果はダークモードを利用できますが、そこから先の部分である(クリックして)ウェブページにアクセスしたら、元のライトモードに戻ってしまいます。

ハッキリ言ってこんなの意味が有るのかな?と思ってしまいます。それに対して、Chrome拡張機能ならば、このような不完全燃焼のような結果にはならず満足できる結果になるので利用する価値はあります。

 

Chromebook Chrome拡張機能 Dark Reader(ダークモード)

ここでは、Chromebookでダークモードを利用する場合に便利に使える Chrome拡張機能のDark Reader についての紹介になります。

Chrome拡張機能 Dark Reader について

Chrome拡張機能で利用できるダークモードには、色々な種類がありますが、 Dark Reader という拡張機能は、とても便利に利用できると感じます。

その理由の1つとして、Dark Reader のアイコンをクリックすると、比較的に大きくて分かりやすい設定画面が表示されます。一般的に利用するのであれば、特に設定を必要としていません。

ここで行う作業としては、オンオフのみです。オンにすると現在表示している画面がブラックテーマがその場で適用され、オフにすると、その場でホワイトテーマに変更されるので簡単でかつ便利に感じます。

 

ダークモードとライトモードの切り替え方法

Chrome上でダークモードとライトモードを切り替える方法が「オン」・「オフ」だけですから、迷わないです。

しかもこのオン・オフの文字サイズは大きいですし、視認しやすい位置に配置されているため、操作性は良いと感じます。

また、ダークモードをオンに設定している場合に限り、フィルタを設定できるようになっています。例えば、「輝度、コントラスト、セピア、グレースケールなど」

とても分かりやすいので切り替える操作もしやすいです。

 

自動で切り替える事はできない

全てにおいて申し分ないと感じるChrome拡張機能のDark Readerになりますが、それでもイマイチに感じる部分もあります。

例えば、あくまでもオン・オフは手動で切り替える必要があるという部分が該当します。自動で時間設定での切り替えには対応していません。

 

Chromebook ダークモード Dark Reader レビュー

ここでは、Chromebookでダークモードとして利用するChrome拡張機能「Dark Reader」使用レビューについての紹介になります。

Dark Reader は Windows でも使える

Dark Reader に限った話ではないのですが、Chrome拡張機能の場合では、Windows PC でGoogle Chrome を利用している場合では、恩恵を受ける事ができます。

とはいえ、Windows PCの場合では、ダークテーマを利用できるため、パソコン側でダークモードに設定できます。

それならばChromeでダークモードを使わなくても良いのでは?と思いますが、そうではありません。

確かにテーマをダークに設定ればダークモードになりますが、Chrome検索画面もダークになってしまいます。必要に応じてライトモードに変更したい場合もあります。

このような場合に重宝するのが拡張機能で利用できるダークモードなのである。

 

申し分ない

自分にとって最適なタイミングで手動でダークモード・ライトモードを切り替える事ができるため、別に時間設定で自動変更できなくても特に問題ないと感じます。

そりゃあ機能として有った方が良いと感じていますが、無い物をとやかく言っても始まりません。それに無料で使っているのですから、それ以上の事を要求してはいけないと思います。

そういう理由も含めて、筆者の場合は申し分ないと感じて使っています。

 

使用レビュー

もう既に「申し分ない」という結論は出ていますが、あえて感想を紹介したいと思います。

輝度やコントラスト・グレースケールなども変更できるのですが、これは一切触っていません。何故か?と言うと、特に触らなくても問題ないと感じているからです。

ChromeにDark Readerを追加して、オンオフを切り替えているだけという使い方になります。これで満足できるので不思議な感じと言った方が正解になります。

Chromebook ダークモード Chrome 拡張機能や検索設定で対応できる
皆さん こんにちは! Chromebookを購入して利用していると、ふと感じる事があります。それは、特に夜の時間帯にウェブページを閲覧していると、目が疲れるような気がします。 メインで利用しているWindowsノートパソ...

コメント