Chromebook スマートウォッチ連携活用できる?使える?

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

2in1仕様のChromebokkの場合では、iPadのようにタブレット端末としても利用できるようになっているので、この用途でも実際に利用する機会に恵まれます。

仮に、タブレット端末の用途で利用する場合では、何もかも?ではないですけど、iPadのように使いたいと考える場合もあります。iPadでは専用キーボードケースにドッキングするとノートPC利用も可能です。

さらには定期的な運動に役立つスマートウォッチとも連携する事ができる場合が有るので、それならば、もしかするとChromebookでもスマートウォッチ連携ができるのかな?という期待が出て来るものです。

とはいえ、iPadはタブレット端末ですが、Chromebookはパソコンに該当しますし、そもそもOSが異なるため、スマートウォッチが利用できるのか?は正直のところ実際にチャレンジしてみないと分からないのが実情になります。

今回の記事は『Chromebook スマートウォッチ連携活用できる?使える?チャレンジレビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook iPad Android タブレット利用できる

2in1仕様Chromebookはタブレット端末のように利用できるのが特徴の1つに該当します。といっても2つのタイプがあるので使い勝手はそれぞれ異なります。

デタッチャブル仕様の場合

キーボードが着脱できる2in1仕様Chromebookの場合では、必要に応じてキーボードを取り外せるので、iPadのようにタブレット端末として利用できるメリットがあります。

特に本体重量が軽量になるため、キーボードが着脱できるとタブレット利用する場合は重宝します。

片手で持てるのか?持つ事はできるけれども重たく感じる場合では、ハッキリ言って使いたくありませんから、このタイプを購入しなくても良いと思います。

このタイプを購入する時点で、iPadのように使うのを前提にしている場合が多いですから、上手く活用できるように心がける必要があります。

 

360度 オープンタイプ 2in1 PC

2in1仕様Chromebookには、キーボードが着脱できるデタッチャブルタイプだけでなく、360度 オープンタイプもあります。

こちらのタイプは360度 オープンするとタブレット端末として利用できるようになるメリットがあります。それに角度調節も自在になるため、スタンド形式での利用もできます。

全体的に使い勝手が良い感じのするノートパソコンだと思います。

とはいえ、タブレット端末として利用する場合では、キーボード着脱できるデタッチャブル仕様の方が本体重量を軽量化できるので、こちらの方が良いのではないか?と個人的に考えます。

 

タブレットモード

2in1仕様Chromebookの場合では、デスクトップモードの他にタブレットモードを利用する事ができます。といっても、何の事かな?と思いますが、大きく異なるのはデスクトップ画面になります。

デスクトップモードの場合は、壁紙とシェルフだけが表示してある状態。それに対して、タブレットモードの場合は、アプリ一覧の「ランチャー壁紙シェルフ」が合体したバージョンといった感じ。

上下のスワイプ操作でアプリを表示できるため、操作性は良くなりますが、その反面、シェルフは下側に固定されてしまうので実際の使い勝手はシェルフを利用しなくなる感じです。

 

スポンサーリンク

Chromebook スマートウォッチは使える?

ここでは、iPadやAndroidタブレットのように利用できる2in1仕様のChromebookで、スマートウォッチは利用できるのか?についての紹介になります。

Chromebook Androidアプリが利用できる

基本的には、パソコンスマートウォッチを連携活用する事はできないのですが、Chromebookの特徴の1つとして、Androidアプリが利用できるというメリットがあります。

スマートウォッチ専用アプリは、Android 又は iOS に対応している場合が圧倒的に多いというより、ほとんどこの2つのOSに特化しているため、Windowsパソコンではアプリのインストールが行えません。

Chromebookもパソコンに該当しますし、基本的にChrome OS に対応しているスマートウォッチ専用アプリも無いですから、基本的には利用できないのではないか?というのが結論となる訳です。

でも、ChromebookはAndroidアプリ利用できるため、もしかすると・・・期待できるのでは?という発想に至るのである。

 

スマートウォッチ専用アプリ

基本的にスマートウォッチはスマートフォンで利用できるアプリに該当するため、タブレット端末には対応していないと言った方が正解になります。

その中でも一部のアプリはタブレット端末でも利用できる場合があります。その代表例となるアプリはFitCloudPro。他にも有るとは思いますが、実際にiPadで動作確認できているのはこのアプリだけです。

他にも見つけてみた方が良いと思います。その理由としては、これ1つだけの場合だと、インストールできなかったら完全に詰んでしまうので、この連携活用できるかな?というチャレンジが終了となってしまうからです。

 

Chromebook スマートウォッチ専用アプリが重要

ここでは、スマートウォ専用アプリについての紹介になります。Androidアプリを利用できる

スマートウォッチと連携する場合

AndroidスマホにしてもiPadにしても、スマートウォッチと連携する場合では対になる専用アプリを利用する必要があります。

先ずは、Chromebookと連携しようとしているスマートウォッチの専用アプリはAndroidで利用できるのか?が最初の関門になります。

というのも、ペアリングしないといけないので先ずはアプリをインストールする事から始めます。

 

スマートウォッチ専用アプリのインストール

ChromebookでPlayストアを起動した上で検索します。

ここでポイントになるのが、Androidスマホではインストールできるのにも関わらず、Chromebookではインストールできない場合も発生するという点になります。

そもそもAndroidスマホで利用できるPlayストアと、Chromebookで利用できるPlayストアは全く同じに見えますが、実は異なります。

全てのAndroidアプリが利用できるのは、Androidスマホ。機能限定バージョンがChromebookという関係性だと思います。

 

ペアリング設定はアプリで行う

どうして?専用アプリが重要になるのか?と言えば、基になるデバイスと連携する役割を担うのが専用アプリになるからです。データの受け渡しを行うので、これが利用できないと意味がありません。

さらにはデータを受け渡すデバイス同士を接続する必要があるため、ペアリング設定を行う必要があります。

このペアリング設定は、基本的にアプリ側で行う仕様になっている場合が多いです。つまり、専用アプリがインストールできるのか?できないのか?が重要になる訳です。

 

Chromebook スマートウォッチ連携活用できる?

結論から先に言えば、Chromebookでスマートウォッチ連携できません。それならば別の方法はあるのでしょうか?

Chromebook スマートウォッチ 連携活用できない

Chromebookに専用アプリがインストールできないので、スマートウォッチとペアリングができません。厳密に言えば、Bluetooth連携でペアリングする方法もあります。

でも、スマートウォッチをコントロールする専用アプリが利用できない状態で活用は無理ですから、専用アプリがインストールできない場合では連携活用できないです。

時間の無駄なのでChromebookでの連携は諦めた方が良いです。

 

iPadもスマートウォッチ連携できない場合の方が多い

そもそもスマートウォッチはスマートフォンと連携する付属品のようなポジションであるため、タブレット端末との連携は想定外になるのでは?と考えます。

その関係もあり、たいていの場合はタブレット端末には対応していない場合が多いです。でも、一部のアプリは、iPadでもインストールできるため、この場合はペアリング設定も行えます。

実際にiPadでもインストールして連携活用できるアプリは、FitCloudProになります。逆を言えば、このアプリをChromebookでインストールする事ができれば利用できる可能性が高いです。

スマートウォッチ LF27 iPad FitCloudPro レビュー!iPad 連携 活用できる
皆さん こんにちは! 定期的な運動も兼ねて散歩やウォーキングを行う場合もありますが、この場合ではスマートウォッチを利用すると便利に感じたりします。 その理由としては、腕時計感覚で利用できますし、スマートフォンと連携すれば...

 

Chromebook FitCloudPro インストール

PlayストアでFitCloudProを検索すると表示されません。でも、AndroidスマホのPlayストアではちゃんとインストールできます。

これはどういう事なのかな?と気になりますが、Chromebookは確かにAndroidアプリも利用できますけど、全てのAndroidアプリに完全対応している訳ではないので、当然の事ですが、利用できないアプリも有ります。

その代表例がスマートウォッチ専用アプリということです。

コメント