Chromebook Chromeで作業が完結できるなら購入OK

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

ノートパソコンを購入する場合ではどのように機種を選んでいますか? というのも、ノートPCといってもWindows、Mac OS、Chrome OSといった感じでOSも異なるのでどれを買えば良いのか?で悩むのでは?と思います。

最初からこれ!と決めている場合では、ぶれないのでそのまま購入しても何ら問題ありませんけれども、具体的にどれ?にしようかな?と決め兼ねている場合では右往左往すると思います。

特に価格で比較して購入するといった感じの場合では、OSなんて気にしないで購入するパターンになる事も有るため、注意も必要です。

何故か?というと、OSの違いで使い勝手も左右されるからです。機種選びから入るのではなく、どのOSのパソコンを購入するのか?を決めた上で、そのOSについて理解してから購入するのが賢明の選択になります。

今回の記事は『Chromebook Chromeで作業が完結できる場合は購入OK』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook 購入する場合の基準は何かな?

ここでは、Chromebookを購入する場合に買う場合の「基準」は何かな?についての紹介になります。

魅力的なPCでかつ安価で購入できるのを求めている

たぶん、これは皆さん誰しも、魅力的でかつ性能も良くて安価で購入できるパソコンであれば購入したいと考えると思います。

これは究極の目標になるのですが、何を以って魅力的なのか?は個人差があります。

自分にとって魅力的に感じるパソコンと言って、個人差があるのでピンからキリまで選択肢が多くなるため、一概には何とも言えないのが実情となります。

性能が良くて安価で購入できるのが最適ですけど、「安価の基準」や「魅力的の基準」がマチマチですから、逆にちょっと困りものだったりします。

 

ノートパソコンならOSは気にしないのか?

ノートパソコンを購入する場合は性能を重視する傾向が高いのではないでしょうか?別にPC性能が良ければ良いに越したことはないのですが、自分の能力に見合っているとは限りません。

それに性能を重視するのは別に良いのですが、肝心要であるOSはあまり気にしなくなるのでは?と感じます。PC性能でPCを比較してしまうと、OSはあまり考慮しなくなると感じます。

どうしてそのように感じるのか?と言うと、PCを購入する場合では機種選びから入る感じになりますし、いざ購入しようと家電量販店に出向くとこちらの機種は安価で購入できますよ!とオススメを紹介されると、そっちになびいてしまう事も珍しくありません。

パソコンを購入する場合では、機種選びの前に先ずOS選びが重要です。

 

PC性能さえ良ければ何でも良いのか?

パソコンを購入する場合でOSを決めたら、機種選びに入る訳ですが、この時に性能を重視するのは如何なものかな?と思います。というのも、性能重視になってしまいがちだからです。

確かに性能は重視した方が良いですが、「自分は果たして本当にこのPC性能をうまく活用できるのか?」という部分を考慮しないと、買ったは良いけど、PC性能を活かしていない使い方になってしまうと思います。

買うのは個人の自由なので何でも良いのですが、どうせ買うなら、確実に自分の能力にマッチしているPCの方が良いのでは?

「PC性能さえ良ければ何でも良い」という選び方もどうかな?と考えます。

 

スポンサーリンク

Chromebookで何ができるのか?知っている?

ここでは、そもそもChromebookは何ができるのか?知っていて購入しようとしているのか?それとも全く知らないで買うのか?についての紹介になります。

Chromebook 何ができるのか?理解している?

そもそもの話になりますが、Chromebookでは何ができるのか?について、どこまで理解しているのでしょうか?この部分が非常に重要な要素になります。

ちゃんと理解した上で購入するのであれば、何も問題ないのですが、PC性能が良いのにも関わらず、競合機種と比較しても十分に安価で購入できるので買うパターンの場合は要注意です。

というのも、PC性能を活用できるのか?は個人の能力も関係していますけど、それよりも、何ができるのか?全く理解していないと活用できません。

少なくともChromebook(Chrome OS)についてある程度の知識が有る状態で購入した方が良いです。

 

データはクラウドに預ける仕様

Chrome OS の特徴の1つに「データはクラウドに預ける仕様」になっていますが、自分はこれでも良いのか?も考慮した方が良いです。

本体ストレージが少なめになっている場合が多いですし、あくまでも一時的に保管する用途で本体ストレージを利用するパターンになるため、違和感を感じます。

重要なデータもクラウドに預けることになるため、それでも良いのか?という部分は意外と重要です。

というのも、ちょっとクラウドに預けるのは嫌だな?と感じている場合もありますから、そういう場合では逆に不向きです。

 

Androidアプリが利用できるメリットは有るのか?

Chromebookの特徴の1つに、Androidアプリも利用できる部分が挙げられますが、これは果たして本当にメリットになるのでしょうか?

どうしてこのように思うのか?と言うと、全てのAndroidアプリがChromebookで利用できるとは限らないからです。

当然の事ですが、Androidスマートフォンではインストールできるのにも関わらず、Chromebookではインストールできないアプリも実際にあります。

横画面表示に対応しているアプリであればChromebookでも利用できますが、基本的に縦画面表示に対応している方が多いので、あまりメリットに感じないのでは?と個人的に考えます。

 

Chromebook 買って活用できなくて悩まないように注意

ここでは、Chromebookを購入したは良いけど、買っても使い道に困って活用方法で悩まないようにするにはどうすれば良いのか?についての紹介になります。

買って後悔するパターンも実際にある

Chromebookを買った場合では、買って後悔するパターンも実際にあります。どうして後悔するのか?と言えば、色々な理由がありますが、最終的には購入前の検討の甘さに原因があります。

比較的に安価で購入できるパソコンですから、不思議な魅力もあって買ってしまうパターン。このパソコンの場合では、基本的にウェブブラウザの Google Chrome で何でもかんでも行うPCに該当しますから、逆に物足りなさを感じるのである。

毎日のPC作業がインターネット閲覧やYoutube動画視聴、Googleアプリだけという場合であれば、うまく活用できるのですが、そうではない場合も当然の事ですが、実際にあるため、うまく活用できないパターンに発展します。

このようになってしまうと使い道にも困る展開になるため、活用方法で悩んだり、自宅で眠ってしまう展開に陥りやすいです。

 

足りない機能はChrome拡張機能で追加

Chromebookに搭載してあるGoogle Chrome はパソコン版なのでChrome拡張機能を利用できます。足りない機能は拡張機能で追加する事で対応できるようになります。

例えば、ピクチャインピクチャ、ダークモード、Gmailチェッカーなどが該当します。拡張機能を利用しなくても問題ありませんが、より便利に使うのであれば、追加できる機能も必要になります。

拡張機能はChromeウェブストアで追加できるので、必須になる機能は追加した方が良いです。但し、必要に感じるからといって、ポンポコ追加するのは良くないです。

 

Chrome拡張機能でも足りない場合は?

① Androidアプリ
Chrome拡張機能を追加するにしても、必ず自分が求めている機能ではない場合もあります。この場合では必要に応じて、Androidアプリを利用する選択が望ましいです。

でも、Androidアプリはあくまでもモバイル版ですから、Chromebookで使ったからといって便利に感じるのか?分かりません。それを承知の上で利用するのが賢明です。

 

② Linux
Linuxの知識が有る場合では、Linuxβ版オプションで利用できます。この場合では、Linux版LibreOfficeも利用できるようになるため、Chromebookで利用できるOfficeのバリエーションも豊かになります。

 

Chromebook Chromeで作業が完結できる場合は購入OK

ここでは、「全ての作業をウェブブラウザのGoogle Chromeで完結できるのであればChromebookを購入しても問題ありません」についての紹介になります。

Androidアプリでゲームする場合

キーボードが着脱できるデタッチャブル仕様(Chromebook Lenovo IdeaPad Duet)の場合では、キーボードを取り外してiPadのように活用する事もできますが、この場合ではゲームプレイを考える場合があります。

確かにゲームもできるのですが、PC性能も関係あるため、PC性能が良い場合はゲームプレイしても良いと思います。

でも、たいていの場合は性能が良いとは限らないですから、ゲーム活用はしない選択が望ましいと思います。

 

全ての作業がChromeで完結できる場合は購入OK

毎日のパソコンで行っている作業の全てを Google Chrome ウェブブラウザで完結できる場合は、Chromebookを購入しても何ら問題ありません。

逆に、完結できない方作業が有る場合では、大変申し訳ございませんが、Chromebookを購入しない選択の方が良いのではないでしょうか?

問題はどの程度、完結できない作業が有るのか?の度合い。1つ有る場合では、複数に発展するパターンが多いですから、その辺りも考慮した方が良いです。

Chromebook おすすめ 選び方!買う・買わない?購入判断
皆さん こんにちは! 新しいノートパソコンが発売されたり、買い替えしたいと感じる場合もありますが、この場合では次のパソコンは何にしようかな?という感じで、とりあえずは自分の要望に合致している機種選びを行うと思います。 初...

 

Google アプリで代用できる場合も購入OK

Chromebookでは基本的にChromeで利用できるアプリがメインになるため、Googleアプリをよく利用するパターンになります。

今まで利用していたソフトを全てGoogleアプリで代用できる場合は活用できますから、Chromebookを購入しても問題ありません。

コメント