Apple Pencil 2(iPad Air 4)レビュー!感想やメリット・デメリット

スマホ・タブレット
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 及び Smart Folio を買う時に同時購入したiPadアクセサリーは Apple pencil 2 もあります。以前はiPad mini 5だったので、 Apple pencil 2 には非対応だったので買いませんでした。

そのため、新しく購入したのですが、充電方法やペアリング方法も含めてスマートに感じます。そのお陰もあり、基本的によく利用していると思います。

これだけ使えば、買って正解に感じるのではないか?と個人的に考えますが、この選択は正解でもあり、不正解でもあります。というのも、類似品や充電方法が自分にとって最適に感じるタイプも有るため、それらのスタイラスペンも別途購入しています。

購入理由としては、Apple pencil 2 のバッテリー切れ対策に利用する予備のスタイラスペンという扱いになります。

今回の記事は『iPad Air 4 で利用する Apple Pencil 2 のメリット・デメリットを含めた感想やレビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 で使う Apple Pencil(第2世代)

iPad Air 4 及び Smart Folio と同時購入したApple Pencil 2 の仕様 及び 全般的な内容についての紹介になります。

Apple Pencil 2 仕様

サイズ : 165mm × 10mm × 10mm

重量  : 18g

充電等 : ワイヤレス充電

接続等 : ワイヤレス接続、自動ペアリング

取付等 : マグネット吸着

その他 : ダブルタップでツールの切り替え

カラー : ホワイト

 

Apple Pencil 2 ペン先は消耗品(交換も必要)

Apple pencil 2 を実際に使うにあたり注意事項があります。ペン先は消耗品になる事を理解する必要があります。

毎日のように頻繁に使っていると、ペン先が摩耗して来るため、しかるべきタイミングでペン先を交換する事が求められます。

そのタイミングはいつなのか?と言うと、こればっかりは一概には何とも言えません。というのも、実際に使う頻度は個人差があるため、何とも言えないからです。

仮に、ペン先が摩耗している状態で使い続けると、が出てきます。この状態に気が付かないでいると、ディスプレイがが付きます。可能ならば、気がついたら直ぐに交換するのが望ましいです。

 

Apple Pencil 2 便利グッズも利用できる

iPadシリーズには便利なアクセサリーも充実していますが、Apple pencil 2 にも利用すると便利に感じるグッズがあります。

例えば、ペン先が摩耗するのを軽減できる NIB Cover などのペン先カバー。

又は、Apple pencil 2 が細くて使い勝手に影響が出る場合に役立つのがシリコン製の本体カバーが挙げられます。

これらの便利グッズを利用すれば便利に使えるという訳ではないですが、ホワイトだと汚れが目立つから他のカラーにしたい!といった場合もあるので、このような用途には丁度よいかも知れません。

 

スポンサーリンク

Apple Pencil 2 メリット・デメリット

ここでは、iPad Air 4 で利用するApple Pencil 2 のメリット・デメリット 及び 気になる部分の紹介になります。

メリット

① ペアリング設定
Bluetooth機器の場合では、利用する前にペアリング設定を行う必要がありますが、Apple Pencil 2 の場合は充電ポートにドッキングするだけでペアリング設定が完了となるため、とても便利に感じます。

 

② ワイヤレス充電
Apple Pencil 2 の充電は、iPad Air / iPad Pro の充電ポートにドッキングするだけで充電できるため、ケーブルレスでワイヤレス充電できます。

 

デメリット

① 充電方法
Apple Pencil 2 の充電方法はワイヤレス充電なのでメリットに感じますが、実はデメリットでもある事に気が付きます。

その理由としては、他の方法充電できないため、バッテリー切れになった場合は使えまえん。充電しながら利用できないのはガックリです。

 

② バッテリー切れ
Apple Pencil 2のバッテリーが切れたら、iPad Air や iPad Pro の充電ポートにドッキングする事で簡単に充電できますが、充電中は利用できません

これをどうにか?する場合は、Apple Pencil 2 をもう1つ購入する 又は iPad対応スタイラスペンを買って対応するか?の2択になります。

 

気になる部分

Apple Pencil 2 の気になる部分と言えば、若干細く感じます。好みや感じ方は皆さん共通で同じではないため、丁度よいと感る事もあれば、細いと感じる事もあります。

仮に細いと感じる場合では、Apple Pencil用の便利グッズであるシリコンカバーを装着する事で解決できるため、自分にとって最適に使える環境を手に入れる事も可能です。

 

Apple Pencil 2 使い勝手も含めた感想などの紹介

ここでは、Apple Pencil 2 の使い勝手についての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

Apple Pencil 2 画面操作

① キーボード
iPad のソフトウェアキーボードを利用すると、Apple pencilでも入力できるようになります。通常サイズでは流石に入力しづらいのでフローティング表示にするのが最適です。

 

② Dock
基本的にApple pencilなどのiPad対応スタイラスペンではDockを表示させる事はできませんが、Assistive Touchのカスタムアクションの設定を変更すると表示できます。そのため、使う前に先に設定を変更しておいた方が良いです。

 

③ スクリーンショット
Apple pencil 2でスクリーンショットをする場合では、左下の角 又は 右下の角から画面中央に向けて素早くシュッと移動させると撮影できます。

但し、右利きの場合では、左下の角から操作した方が上手くスクリーンショットできる感じです。というのも、右下の角から画面中央に向けてやるとあまり成功した事がありません。

 

Apple Pencil 2 ノートアプリ活用

iPad Air 4 で利用しているノートアプリは、Microsoft OneNoteになります。このアプリは基本的にはキーボード入力がメインなのですが、Apple pencil などのiPadスタイラスペンも利用できます。

ダブルタップでインクを切り替える事もできますし、フローティング・ソフトウェアキーボードを利用すれば、Apple pencilでキーボード入力も行えます。

Split View で画面を2分割にして利用する場合ではAssistive Touchのカスタムアクションで仮想ホームボタンにDockを表示する設定に変更すればApple pencilだけでDockを表示できるため、便利に使えます。

 

iPad Air 4 で使う Apple Pencil 2 評価&レビュー

ここでは、iPad Air 4 で利用する Apple Pencil 2 の評価・レビューについての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

持ちやすい形状のか?のレビュー

① 転がる形状
iPad Air / iPad Pro と接続してワイヤレス充電する面は平べったいのですが、それ以外の部分は丸みを帯びているため、何かの拍子で落下した場合は転がります。

 

② 持ち易さ
正直のところ、持ち易さに関して言えば、細い!と感じます。この状態では満足して利用できないと感じたため、便利グッズのApple pencil 2 で利用できるカバーを別途購入しています。

このカバーを装着すると、自分にとって最適に感じる太さになるので使い易いです。実際に細いな~と感じた場合では、便利グッズを利用するのも1つの方法になります。

 

Apple Pencil 2 総合評価・レビュー

① 充電方法の評価
総合的に評価した場合では、充電方法が1種類だけなので、バッテリー切れになった場合に利用できないデメリットを克服できるのか?によっても評価が変わってきます。

だからと言って、もう1つApple pencil 2 を購入しなくても純正品よりも安価で購入できる類似品のiPad対応スタイラスペンも豊富にあるため、類似品を購入するのも1つの方法になります。

そのため、充電方法は実際の使い勝手にそんなに影響を及ぼす事ではないと判断できます。

 

② 総合評価
個人的にはよく利用している事もあり、高評価に感じますが、一長一短に感じる部分もあるため、これ1つあれば問題ないという訳ではないのも実情です。

具体的にそれは何なのか?と言うと、ペン先が消耗品である事に尽きます。ネット通販で安価で購入できる類似品を購入して交換すると、直ぐに摩耗するので、結局のところ、ペン先に限って言えば、Apple純正品が最適に感じます。

コメント