iPad 2台持ち活用のデメリットは使用時間が少なくて勿体ない事

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

買い換えや仕事の関係で複数台のiPadを所持する場合も実際にありますが、うまく活用できているのでしょうか?というのも、なかなか、この選択は1人の個人では難しいような気がするからです。

実際にチャレンジしていますけど、2台までならばどうにか?なりますが、それ以上の台数は無理だと実感します。それに、2台のiPadをフル活用している訳ではないので、ちょっと勿体ないと感じるのも事実です。

だって、フル活用してしまったら、複数台のiPadは不要になってしまいますから、モヤモヤ感もあります。1つのiPadに費やせる時間も考慮した方が良いのではないかな?と感じるのは気のせいでしょうか?

今回の記事は『iPad 2台持ち活用のデメリットは1台あたりの使用時間が少ないくて勿体ない事』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad 2台持ち活用(併用)のメリット

ここでは、iPadを2台持ち活用した場合のメリットについての紹介になります。

用途で使い分けできる

iPadを2台持ち活用の最大のメリットは用途で使い分けできるようになるという部分に尽きます。但し、これを実践する場合では、それぞれのiPadはオンリーワンでの使い方に特化する事になるため、逆に勿体ない感も漂ってしまう場合が多いです。

でも、2台のiPadを両方ともメイン用途で利用できれば有効活用に繋がるのでオンリーワンの使い方が何だかんだ言ってもベストな選択である事に気が付きます。

それならば、具体的にどのような活用例があるのか?と言えば、「プラベート用と仕事用」又は「ゲーム以外の用途とゲーム特化」といった感じになります。

いずれの場合でも両方ともメインで活用できる用途になるため、2台のiPadを継続的に利用できる可能性があります。

 

新しい試みにチャレンジできる

複数台のiPadを所持している場合では、お気に入りのiPadではなく、サブ用途で使っているiPadで色々と新しいチャレンジができるようになります。

本来であれば、メインの用途で使っている機種で行えば良いのですが、残念な事にもう1台のiPadを有効活用しないと勿体ない展開になっているため、新しいチャレンジは必然的な選択になります。

とはいえ、実際には、どんな活用方法があるのか?見極める用途での使い方になってしまうため、その用が済んでしまったら、用済みになってしまう可能性が高くなります。

それでも、個人的に満足できれば良いチャレンジなのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

iPad 2台持ち活用(併用)のデメリット

ここでは、iPadを2台持ち活用した場合のデメリットについての内容になります。活用するのであればデメリットを考慮しないと良い結果に繋がりません。

お気に入りのiPadをよく使う

iPad 2台持ち活用した場合では、毎回使いたくなってしまう魅力的なiPadをよく使うようになっていきます。たぶん、そのようになるのは最新型iPadの場合が圧倒的に多いです。

片方はよく使うのに、もう片方はあまり使わないという状態になるため、このような展開になったら、あまり使っていない方が処分する選択が妥当な選択だと思います。

まだ使えるかも知れないですし、処分するのは勿体ない!とか思っていると、いつの間にか?忘れて自宅で眠っている場合が多いです。

 

メインとサブの関係になる

iPad 2台持ち活用の場合では、どちらか?一方がメイン用途、もう一方がサブ用途で使う事になります。残念ながら、何だかんだ言っても良く使うのはメイン用途で使っている機種になります。

サブの場合では、あまり使わない 又は 思い出した時に使うといった感じになりやすいため、宝の持ち腐れや自宅で眠ってしまう可能性が高くなります。

これでは果たして本当に複数のiPadを活用していると言えるのでしょうか?

 

いずれ使わなくなる

iPadを買い換えなどで複数台所持した場合では、iPad 2台持ち活用を満喫する事になりますが、残念ながら長続きしないのではないでしょうか?

というのも、家族が協力してくれるのであれば問題ないですけど、個人が2種類のiPadを使うのには限界があるからです。

それに、家族は果たして本当に喜んでいるのでしょうか?自分は最新型iPadを使用できますが、家族は今まで愛用していた旧型iPadを使う事になります。本当に喜んで使っているのかな?という部分も考慮した方が良いです。

たいていの場合は、どちらか?一方の機種は持て余す事になるため、自宅で眠ってしまう展開になるのではないか?と個人的に考えます。

 

1台あたりの使用時間は考慮した方が良い

ここでは、iPadを2台持ち活用する場合では、1台あたりの使用時間も考慮した方が良いについての内容になります。

複数のiPadを使う場合の注意事項

買い換え等で複数のiPadを所持する事になった場合では注意事項があります。1人の個人が複数のiPadを活用する事はできますが、フル活用となると話は別になります。

フル活用するのであれば、大変申し訳ございませんが、1台のiPadで実践すべき事になるため、iPad 2台持ち活用では考えない方が良いのではないか?と個人的に考えます。

あくまでも2台のiPadを継続的に有効活用できる用途での使い方に専念した方が良いです。

 

1台あたりの使用時間は考慮が最適な選択

もう1つ注意して欲しいのが、iPad 2台持ち活用の場合では、どうしても1台あたりに費やせる時間が限られてしまいます。

本来であれば1台のiPadアレコレ活用すれば良いのに、無理やり2台に分けて使うのですから、これは致し方ない結果になります。

でも、最初の頃はこれでも良いのですが、時間が経過すれば経過するほど、人は大雑把になるので、複数台所持していても実際には使っていないという結果に繋がる可能性があります。

この事を考慮すると、iPad 2台持ち活用する場合では最初の3ヶ月間で今後も継続するのか?よく考えた方が良いです。個人的には一本化してフル活用した方が良いと考えます。

 

iPad 2台持ち活用より、一本化して1台のiPad活用を

ここでは、iPadを2台持ち活用よりも、1台のiPadを有効活用した方が良いについての内容になります。

複数iPadは1台に一本化を

実際に、iPad Air 4 と iPad mini 5 を所持して両方ともメインの用途で活用していますが、確かに現在のところは、併用が上手く機能しているので問題ありません。

でも、必ずしも今後もずっと継続して、この状態を維持できるのか?と言えばそうではなく、たぶん転機が訪れると思います。そのため、そのタイミングで、iPad mini 5 は処分してiPad Air 4 に一本化する予定です。

何故か?と言うと、バッテリーの保ちが悪いため、バッテリー交換するよりも、活動を終了した方が良いのではないか?という個人的な判断になります。性能的にもそんなに大差ないですから、iPad Air 4 をフル活用した方が良いと感じます。

 

1台のiPadを有効活用した方が最適な選択

iPad 2台持ち活用(併用)の場合では、何故だか?分かりませんがノートPC活用と同じぐらいに魅力的に感じると思います。あくまでも自己満足的な感じで活用している感が出て来るのも1つの要因だったりします。

自分では活用している感覚でも、実際にはそんなに大して使っている訳でもなかったりするので、もしこのような場合では、迷わず一本化して、1台のiPadを有効活用する選択に切り替えた方が賢明の選択になると思います。

とはいえ、なかなか急には踏ん切りが付かないと思うので、自分にとって最適に感じるタイミングで一本化するのが最適です。

iPad 2台持ち 活用!併用のメリット・デメリットも考えて活用の判断を
皆さん こんにちは! 複数台のiPadを所持している場合もあると思います。この場合では上手く活用できる場合もあれば、全く活用できない場合もあります。 特に同じ用途で利用できるiPadが複数台あっても便利に使えるとは限らな...

コメント