iPadは有れば便利に使える無くても困らないガジェット活用できる?

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadが欲しいな~と思う事はよく有ると思います。でも実際にはなかなか踏ん切りがつかなくて購入には至らないといった場合も有るのではないでしょうか?

どうしてなのか?と言えば、明確にiPadで何をしたいのか?というのが自分の頭の中でイメージできていなかったりするのが理由の1つではないかな?と思います。

やっぱり、欲しくて欲しくて仕方がないという事で購入しても、結局のところ、購入後はどのような用途で利用するのでか?が重要になりますから、購入する前にちゃんと考えておかないとダメですよね~。

今回の記事は『iPadは有れば便利に使える無くても困らないガジェット活用できる?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadが欲しい!買いたい!と思ったら?

ここでは、iPadシリーズが欲しいな~。買いたいな~と思う事がありますが、この場合はどうするのか?についての内容になります。

iPadが欲しい

iPadが欲しい!と感じる事は普通に有ると思います。知人や友人が便利に使っていたりすると、自分も不思議と欲しくなってしまうのである。

ここで、よく考えて欲しいのは、知人や友人は今までiPadを使っている経験があるから便利に使えるのであって、自分も購入すれば便利に使える!という訳ではないという事です。

この部分はとても重要ですから、よく考えた方が賢明の選択になります。

 

iPadが買いたい

iPadが買いたいと思ったら、その思いがとても強い場合は間違いなく購入するのではないでしょうか?でも、iPadといってもシリーズがありますから、具体的にどの機種を購入するのか?は決めないといけません。

たいていの場合は、性能が良い機種が欲しいと感じてしまう場合があるため、お財布との相談も必要になる場合があります。

果たして本当に自分は購入しようとしている機種を必要としているのか?については一度立ち止まってよく検討した方が良いと思います。

その理由としては、使いこなせないと宝の持ち腐れになってしまうからです。

 

一時的に欲しいだけかも?

iPadに限った話ではないですが、スマホにしろ、パソコンにしろ、買いたいと思った時はよく検討すると思います。検討シた結果、やっぱりまだ買わなくても良いかな?と考える場合も実際にあります。

このように、もしかすると一時的に欲しいと感じているだけかも知れないので、継続的に欲しいと感じているのか?は重要に感じます。思い立ったら直ぐに行動といった感じで購入するのは良くないと思います。

 

スポンサーリンク

そもそもiPadは何に使うのか決まっているかな?

ここでは、iPadを買う前の話として、iPadを何に使うのか?決まっているのか?についての内容になります。

iPadは何に使うのか?

iPadを購入した場合では、何に使うのか?既に決まっているのでしょうか?これが決まっているのであれば、購入しても良いと思います。

たぶん、購入した時点で何に使うのか?決めている場合が多いですが、それでも購入後にブレるんですよね~。

本来であれば、購入目的の用途で利用すれば何も問題ないんですけど、途中でブレてしまうと使い道に困ってしまう展開に陥りやすいです。

明確に「iPadで何をするのか?」が無いと使いこなすのは厳しいと思います。

 

何に使うのか?決まってない場合

ハッキリ言って、iPadを何に使うのか?決めていない場合では、買ってもしょうがないですから買わない選択で決まりです。それでも欲しい!という場合もありますが買わなくて良いです。

漠然にアレとコレといった感じで決めている場合でも、買わなくて良いと個人的に考えます。その理由としては、その程度では宝の持ち腐れになってしまうからです。

自分は、iPadが無いとダメ! その理由も詳細に説明できる!というパターンじゃないと、使いこなせないと思います。使いこなす必要がないのであれば、ただ利用すれば良いだけなので、iPhone で十分だと思います。

iPhone では画面が小さいのであれば、iPadよりも安価で購入できるAndroidタブレットという選択もあります。

 

iPadは有れば便利に使えるガジェット。無くても困らない!

ここでは、iPadはタブレット端末ですが、有れば便利に使えるけど、無くても問題ないガジェットについての内容になります。

iPadの特徴

iPadはAppleのタブレット端末になりますが、iPhoneとノートパソコンの中間的なポジションに該当します。

Apple純正のSmart KeyboardやMagic KeyboardなどのSmart Connector対応キーボードケースを利用すれば、ノートパソコンのように利用できるようになるガジェットです。

それでいて、Apple Pencil 2 を利用すると、手書き入力も行えます。豊富なアプリも充実しています。

さらには、純正品に限らず類似品アクセサリーも充実しているので、色々な選択も行えるようになっているのも魅力の1つに該当します。

 

iPadは有れば便利。無くても困らない

iPadが有れば、色々と便利に使えるのですが、この便利なタブレット端末は、別に無くても困らないガジェットだったりします。

というのも、iPadを持っていないけれども、AndroidタブレットやChromebook、2in1ノートPCといったタブレット端末としても利用できる魅力的な機種を使っている場合もあります。

この事から分かるように、別にiPadを買わなくても他の選択肢が有るので困らないのである。それでもiPadじゃないと絶対にダメなのか?という部分が重要にんるのでは?と個人的に考えます。

 

iPadはスマホやPCと用途が被る。うまく活用できる?

ここでは、iPadを購入する前に考えて欲しい事として、スマホやPCと用途が被る事もあるについての内容になります。

iPadは用途が被ります

結論から先に言えば、iPadを購入した場合は、確実にスマートフォンとパソコンと用途の奪い合いが発生します。その結果、iPadは残念ながら負ける可能性が高いです。

何故か?と言うと、スマートフォンやパソコンは生活の必需品に該当するからです。

それに対して、iPadは必需品ではなく便利に使えるガジェットに該当しますから、真っ先に考えなくても良いのである。

ポジション的に、スマホよりも大画面でかつ、ノートパソコンよりも小さい画面ですから、どっちか?に合わせる事が出来てしまいます。ありきたりの用途で利用するのではなく、オンリーワンの使い方ができるのであれば、購入しても問題ないと考えます。

 

用途が被ると、効率化に繋がらない

良い機会なのでついでに補足しておきますが、用途が被ってしまった場合では、必ずではないのですが、効率化を目指す展開になる場合があります。

どうやったら効率的に利用できるのか?といった感じ。このように考えた場合では、スマホとノートパソコンの中間的なポジションに該当するiPadなどのタブレット端末は必需品ではないので、効率化の対象になってしまいます。

iPadを購入した場合では、確実に必需品の用途で利用しないとダメだと思います。

コメント