iPhone Bluetooth 何に使う?ワイヤレススピーカーで活用

iPhone
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPhoneに限らずAndroidスマートフォンでも言えるのですが、Bluetoothって何に使う?んだろうかと思った事は有りませんか?スマートウォッチ(活動量計)を連携活用する場合に利用しますが、それ以外の用途ではあまり使った事がないといった感じ。

それに対して、Wi-Fiの場合では毎日のように自宅でインターネットする場合に利用しているので、同じ通信機能でも、こうも差が有るんだな~と実感したりします。

話は元に戻りますが、実際の話、Bluetooth機器は利用しています。iPhoneともペアリング設定しているので自宅でお気に入りのミュージックを聴く用途で使っています。

今回の記事は『iPhone Bluetooth 何に使う?ワイヤレススピーカーで活用』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPhoneではBluetooth通信を利用できる

ここでは、iPhoneでBluetoothを利用する場合についての内容になります。

Bluetooth メリット

iPhoneでBluetoothを利用するメリットとしては、イヤホンやヘッドホンをワイヤレス接続して利用できるようになります。たぶんことが最大のメリとに該当するのではないか?と個人的に考えます。

というのも、有線式の場合ではコードが邪魔に感じますし、ちょっと移動する場合でもコードが有って外れてしまう事も珍しくないからです。その点、ワイヤレス対応ならばコードがないので煩わしさを感じる事なく利用できます。

また、有線コードの場合では、イヤホンジャックなどのポートも別途必要になるのに対して、Bluetoothの場合では、イヤフォンジャックなどのポートが無くても利用できます。

 

Bluetooth デメリット

Bluetooth通信のデメリットは、通信距離が10mと短いため、Bluetooth通信する機器同士は近くにある必要があります。

スマートフォンやiPadなどのタブレット端末であれば近くで操作できますが、外出先で利用する場合は注意も必要になります。

何故か?と言うと、外出先の場合では、障害物もありますから、接続できない場合が有るからです。なるべくならば、障害物のない場所で利用した方が良いです。

 

Bluetooth アプリでも使う

厚生労働省が提供している接触確認アプリのCOCOAでは、Bluetooth通信を利用します。iPhoneにインストールして利用していますが、Bluetoothを利用するようになっています。

 

スポンサーリンク

iPhone Bluetooth 何に使う?使い道や活用方法

ここでは、iPhoneでBluetoothは何に使うのか?も含めて、ワイヤレスイヤホン(ヘッドホン)を活用する方法についての内容になります。

iPhone Bluetooth 何に使う?

iPhoneではBluetooth通信を利用できるようになっていますが、何に使うのかな?と思ってしまう場合もあります。身近で言えば、ワイヤレスイヤホンやヘッドホンを使っている場合は、この用途で利用していると思います。

これ以外では何に使うのかな?と言えば、Bluetooth対応スピーカーやスマートウォッチといったデバイスで利用する場合が多いです。どちらの場合でもiPhoneとBluetooth連携する事になります。

また、キーボードを利用する場合では、Bluetooth対応キーボードも有るため、活用しようと思えば色々と有るのではないでしょうか?

 

Bluetoothイヤホン

iPhoneでイヤホンを利用している場合も多いと思います。Lightning接続(有線)やBluetooth接続(ワイヤレス)の2タイプを利用できるようになっているため、自分にとって最適に感じる方法で利用できます。

Apple SotreでiPhoneを購入している場合では、Apple「AirPods Pro」を購入するのかな?それともApple以外のBluetooth対応イヤホンを選択する方法も利用できるため、価格の比較も含めて検討して購入になると思います。

 

イヤホンやヘッドホンを利用する場合の注意事項

イヤホンやヘッドホンを利用する場合では注意した方が良い事があります。それは何なのか?と言うと、「耳の聴こえ」になります。というのも、お気に入りに感じているミュージック再生する場合では自分の世界に入りやすいのが実情です。

自分にとって最適に感じる音量に設定してしまう場合が多いので、必ずしも音量が高く設定されるという事ではないですが、音量が自然に高めに設定される可能性があります。

その結果、自分では気が付かない内に耳に負担を掛けている状態が継続する事によって耳の聴こえも悪くなってしまう可能性も否定できません。

なるべく自宅でミュージック再生する場合ではイヤホンやヘッドホンではなくスピーカー再生が良いのではないか?と個人的に考えます。

 

iPhone Bluetooth ワイヤレススピーカー連携活用

ここでは、iPhoneでBluetoothを利用する場合にワイヤレススピーカーを連携する方法についての内容になります。

ペアリング方法

① 設定
iPhoneの設定を開き、Bluetoothをタップして選択した上で、Bluetoothのスイッチをオンにします。

 

② 電源オン
Bluetoothスピーカーの電源を入れます。EWA A106Proの場合では、EWA Audio A106Pro が、iPhoneのBluetooth画面に表示されるので、これをタップすると接続済みになります。

 

Bluetoothペアリング感想

iPhone とのBluetoothスピーカーのペアリング方法はとても簡単過ぎて、あっという間に終わってしまう感じの印象になります。

たぶん、全てのワイヤレススピーカーがこんな感じではなく、機種によっても異なるのではないか?と推測します。

というのも、筆者が購入したスピーカーは超小型サイズでかつ、持ち歩きにも対応している「EWA A106Pro」になるため、モバイルに特化しているワイヤレススピーカーならではの特徴なのではないか?と考えます。

iPhoneも含めて、スマートフォンとの連携を考慮して設計されている感があります。それもその筈で、EWA A106Proには電源ボタンと充電端子しか有りませんから非常に分かりやすいと思います。

 

iPhoneとBluetooth連携する EWA A106Pro

iPhoneとBluetooth接続しているスピーカーは超小型サイズのEWA A106Proになります。

どのぐらい小さいのか?と言うと、サイズは 48mm × 40mm × 48mm 、重量は175gあります。確かにサイズ的には超小型サイズに該当しますが、重量に限って言えば、普通にズッシリ感があります。

手のひらにスッポリ収まってしまうのですが、専用ケースに収納して利用した方が便利です。何故か?と言うと、専用ケースに収納した方が音の広がりを感じる事ができるからです。

 

Bluetooth スピーカー iPhone活用レビュー

ここでは、iPhoneでBluetooth接続のワイヤレススピーカーの活用レビューについての内容になります。

持ち歩き用途には向かない

サイズ的には超小型なのですが、本体重量に限って言えば、十分にズッシリ感があるため、総合的に勘案すると、たぶん持ち歩く用途には向いていないのではないか?と個人的に考えます。

その理由としては、重たければ重たいほど、持ち歩く用途では疲れに直結するため、175gという重量では厳しいというのが率直な感想になります。

それに、専用ケースも含めると、もっと重たくなりますから、必ずしも最適な選択という訳ではないです。

 

音楽再生 iPhone活用レビュー

基本的には、iPhoneとBluetoothスピーカーのEWA A106Proを連携活用してお気に入りのミュージックを聴く用途が多いですが、Youtubeなどの動画視聴でも利用する場合もあります。

というのも、聴いていて満足できる感じの聴こえ方なので、音楽再生の用途で利用するのは勿体ないと感じるのが影響しているのかな?というのが個人的な見解になります。

こんな小さなスピーカーなのに、性能的には満足できるのである。重低音にも対応しているため、スマートフォンなどのモバイルに特化しているものの、十分に満足できるといった感じです。

iPhone仮想ホームボタンと背面タップ活用する使い方が便利
皆さん こんにちは! iPhoneを便利に活用したいな~と考えている場合では、仮想ホームボタンを活用する方法を選択する場合も多いのではないでしょうか?というのも、画面上にフローティング表示しますから、何かと使いやすいといった感...

コメント