iPhoneでもUSBメモリは使用できる!カメラアダプタが必要

iPhone
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Androidスマートフォンの場合ではUSBメモリを利用できるのでファイル転送も複数の方法を利用できて便利に感じます。それに対して、iPhoneの場合ではUSBメモリは使えるのかな?となります。

どうしてか?と言うと、iPhoneの場合では、Lightningポートを搭載していますから、USB Type-Cメモリを挿し込んで利用できないのである。となると、どうやれば良いのかな?といった感じ。

変換アダプタを利用すれば良いのは分かるんですが、この場合では別途購入しないといけないため、どうしようかな?となってしまいます。

今回の記事は『iPhoneでもUSBメモリは使用できる!カメラアダプタが必要』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPhoneでもUSBメモリを使用できる

ここでは、iPhoneでUSBメモリは利用できるのかな?についての内容になります。

iPhoneでもUSBメモリは使える

AndroidスマートフォンはUSB Type-Cポートを搭載しているため、USB Type-Cメモリを利用できます。それに対して、iPhoneの場合ではLightningポートを搭載しているため、USBメモリを挿し込む事ができません。

という事は、iPhoneではUSBメモリが利用できないのかな?と思ってしまうのではないでしょうか?

このように考えるのは時期尚早になります。というのもアダプタを介せば、iPhoneでもUSBメモリを利用できるようになるからです。

アダプタを使うのではなく、直接Lightningポートに接続して利用したい場合もありますが、この場合では、Lightningに対応しているUSBメモリも販売されているので、購入する事で対応できます。

 

必要性は有るのか?疑問

そもそもiPhoneでUSBメモリを使う必要性は有るのか?という部分も考える必要があります。インターネットを利用しないで手軽にバックアップできるのが便利に感じます。

でも、これだけの目的でUSBメモリを利用するのはどうかな?と感じます。余計な出費が逆に多くなってしまうのではないかな?と考えるのである。

ここで言う余計な出費とは何かな?と言えば、購入するのは個人の自由なので一向に構わないのですが、Lightningに対応しているUSBメモリや変換アダプタにしても利用するのは最初に1~2ヶ月ぐらいで終わってしまう可能性も否定できません。

購入するのであれば、6ヶ月後も継続的に利用するのか?も考慮した方が良いと考えます。

 

スポンサーリンク

iPhoneでUSBメモリを使うにはカメラアダプタが必要

ここでは、iPhoneでUSBメモリを利用する方法についての内容になります。別にそこまで拘る必要はないと思いますが、一応、手段として何があるのか?というのは知っておいても良いと思います。

カメラアダプタとは?

iPhoneでUSBメモリを使う場合ではカメラアダプタが必要になりますが、そもそもカメラアダプタって何だろう?と思うのではないでしょうか?

具体的には、「Apple Lightning USB 3 カメラアダプタ」が正式名称になります。LightningポートをUSBポートに変換するアダプタといった方が正解になります。

但し、いくつか種類があり、USBハブのように利用できるタイプもあるのが特徴の1つに該当します。

 

LightningコネクタタイプのUSBメモリもある

あまり種類がないのですが、LightningコネクタタイプのUSBメモリも販売されています。カメラアダプタを介して利用するのではなく、直接iPhoneのLightningポートに接続して利用する方法となります。

iPhoneでUSBメモリを利用する場合では、このタイプを利用するのが最適な選択なのではないかな?というのが個人的な見解になりますが、購入するのは時期尚早かな?といった感じです。

というのも、ハッキリ言って利用できるのは、iPhoneだけですから、汎用性がないので、これもどうかな?と感じます。

少なくともiPhone以外でも利用できるタイプじゃないと活用できないですから、購入するのは要検討した方が良いです。

 

Apple Lightning USB 3 カメラアダプタ買わない場合

ここでは、iPhoneでUSBメモリを利用する場合に必要になるAppleカメラアダプタの購入はしたくない場合の選択についての内容になります。

買わない(購入したくない)理由

筆者の場合は、カメラアダプタを購入していません。どうして買わないのか?と言えば、大した機能もないのにApple純正品というだけで価格もそれなりに高いのがネックに感じているからです。

それに、そこまでUSBメモリに拘っている訳ではないので、自分にとって最適な選択は何かな?を真っ先に考えると、自ずと答えは出て来るものです。

その結果として、買わない選択を行っている訳である。買わない理由の1つとして、類似品の存在があります。類似品の場合では、半分以下の価格で購入できる場合があるので、十分に魅力的に感じます。

でも、実際には、類似品も購入していないのが実情になります。

 

類似品の選択もある

カメラアダプタの類似品という選択も十分に魅力的に感じるのですが、注意しなければならない事項があります。Apple認証に対応しているのか?という部分が該当します。

MFi認証に対応しているのであれば安心して購入できますが、対応していない場合では購入しない選択が良いと考えます。仮に買ってしまった場合では、正常に動作しない場合があるからです。

この場合では自己責任となるため、それなりのリスクを負う事になります。それでも良いのであれば買っても良いのですが、可能ならばそのようなリスクは避けて通りたいのが心情だと思います。

 

iPhone USBメモリの必要性

正直な話、iPhoneでUSBメモリの必要性は有るのでしょうか?あまり無いのではないかな?と考えている事もあり、筆者の場合はカメラアダプタや類似品、Lightningコネクタで利用できるUSBメモリも買っていません。

でも、USBメモリ以外の用途でUSBハブを利用する場合は話は別です。特にUSB接続で利用できるヘッドホンをiPhoneで利用したいと考えている場合では、十分に検討しても良いのではないか?と考えます。

何せ、iPhoneにはイヤホンジャックが有りませんから、必然的な選択になるのでは?と思います。

 

iPhone カメラアダプタを買わなくても困らない

ここでは、iPhoneでUSBメモリやカメラアダプタを買わなくても代替手段があるので困る事はないについての内容になります。

代替手段(代わりの方法)

どうしてカメラアダプタやLightningコネクタのUSBメモリを購入しなくても困らないのか?と言えば、代替手段が既に用意されているからです。

iPhoneのカメラで撮影した写真をUSBメモリにバックアップしなくても、ファイル転送アプリやUSB Type-C Lightningケーブルで簡単にWindowsパソコンにファイル転送できます。

流石に双方向となるとUSBケーブルは利用できませんが、双方向の場合ではファイル転送アプリで対応できます。このアプリは無料で利用できるため、特別な機器を購入しなくても対応できるのである。

それに、WindowsパソコンからiPhoneに写真を送る場合ではメール添付という方法もありますから、USBメモリを利用する必要性はあまりないのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

カメラアダプタが必要になるパターン

USBメモリを利用しないのであれば、カメラアダプタは必要ないという訳ではないです。USBメモリ以外でも必要になる場面があります。それはUSB接続のヘッドホンを利用する場合が該当します。

最新版のiPhoneにはイヤホンジャックが無いですから、USBヘッドホンを利用する場合では、必然的にカメラアダプタが必要になります。

そのため、USBメモリやUSBヘッドホンの両方とも利用しないのであれば、カメラアダプタを買う必要はありません。

それにイヤホンやヘッドホンはBluetooth接続が便利ですから、Bluetooth接続できる物を購入した方が良いと思います。

Lightning USB 3in1 カメラアダプタのレビュー
皆さん こんにちは! Androidスマートフォンの場合はUSB Type-Cを搭載しているため、USBメモリを利用できるので便利に感じます。iPhoneでもLightning対応のUSBメモリがあるので、これを購入すれば利用...

コメント