iPhoneカメラ撮影の写真はUSBメモリよりPCにデータ転送を

iPhone
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPhoneを利用している場合では、カメラで写真撮影や動画を撮影する場合も有ると思います。この場合では、iPhoneにてそのまま管理しているのでしょうか? それともiCloudを利用するのかな?

もしくは、パソコンで写真や動画を管理する場合も有ると思います。この場合ではどのような方法でパソコンにデータを転送しているのかな?という部分も気になる要素の1つに該当します。

USBメモリを使うか?USBケーブルを利用するか?それともアプリを利用するといった方法がありますけど、どれが良いのでしょうか?

今回の記事は『iPhoneカメラ撮影の写真はUSBメモリよりPCにデータ転送を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPhoneのカメラで撮影した写真の管理

ここでは、iPhoneのカメラで写真撮影したデータの管理についての内容になります。

iPhoneで管理

iPhoneのカメラで写真や動画などを撮影した場合では、一時的にはiPhone内に保存するとは思いますが、パソコン等に移動するのではないでしょうか?

写真であれば、iPhone内でも構わないですし、iCloudでも良いのですが、無料で利用できるのは5GBまでなので、現実的にはパソコンに移動して管理した方が良さそうに感じます。

でも、インスタグラムの写真をアップする場合も有るので、このような場合では先に投稿してから、バックアップをパソコンにファイル転送する事になるのかな?と考えます。

 

PCへの転送方法

iPhoneのカメラで撮影した写真や動画をパソコンにファイル転送する場合では、色々な方法がありますが、どの利用方法を選択しているのでしょうか?

一番オーソドックスな方法としては、USBケーブルが何だかんだ言っても最適に感じるのは気のせいでしょうか?何故か?と言うと、Wi-Fiを利用しないで済むのでWi-Fiが利用できない環境でも問題なく転送できるからです。

これって素晴らしい事なのではないかな?と個人的に考えます。その反面、デメリットもありますから、基本的にはケースバイケースで必要に応じて、臨機応変に転送方法を変更するのが良いと思います。

 

PCにデータをバックアップ

iPhoneのストレージ容量が少ない場合では、常にPCへのバックアップ 又は データを移し替える操作は必須になるのではないかな?と個人的に考えます。

これを行わないとストレージ容量がパンクする可能性も否定できないため、自分にとって最適に感じる方法でバックアップするのが賢明の選択になります。

 

スポンサーリンク

iPhoneからPCにデータ転送でUSBメモリを使う場合

ここでは、iPhoneのカメラで写真撮影したデータをUSBメモリを利用してPCに転送する方法についての内容になります。

カメラアダプタが必要

iPhoneでUSBメモリを利用する場合では2つの方法があります。1つはLightningコネクタで利用できるUSBメモリを購入する方法。もう1つは新しいUSBメモリは買わないで既存のUSBメモリを利用する方法です。

既存のUSBメモリを利用する場合では、別途カメラアダプタという機器が必要になります。USBハブの一種に該当するのですが、iPhoneのLightningポートに接続して利用できる機器になります。

これを別途購入する事で、対応できるようになるのですが、Apple純正品の場合は高いので悩みどころです。だからといって純正品以外の類似品を購入した場合では、ちゃんと満足できる結果になるのか?分からないため、ちょっと微妙な感じです。

 

iPhoneで利用できるUSBハブという方法もある

カメラアダプタ以外では、LightningポートタイプのUSBハブなる物が有るので、それを利用する方法となります。こちらはApple純正品ではなく類似品に該当します。

Apple純正品と類似品どっちが良いのか?と言えば、接続して安心して利用できるのが純正品。接続しても利用できるのか?分からないのが類似品といった感じなのかな?

類似品でもMFi認証に対応していれば利用しても良いのですが、対応していない場合では自己責任での購入&利用となります。

 

どちらも便利ではない

カメラアダプタや類似品どちらも便利にiPhoneからパソコンにデータ転送できないと思います。何故か?と言うと、ハッキリ言って手間が掛かります。可能ならば手間なく必要に感じるデータのみを手早く転送したいものです。

他の選択肢を利用した方が賢明の選択になると思います。

 

iPhoneからPCにデータ転送はUSBケーブルの転送方法

ここでは、iPhoneのカメラで写真撮影したデータをUSBケーブルを利用してPCに転送する方法についての内容になります。

必要な物

iPhoneで撮影した写真をパソコンにデータ転送する場合では、iPhone本体を購入すると一緒に同梱されている USB Type-C Lightningケーブルを利用するのが最適です。

というのも、iPhoneのLightningポートとPCのUSBポートに接続するだけで、特別なソフト不用でファイルコピーが行えるからです。この場合では、パソコン側で操作する事になります。

PCで利用しているマウス操作で簡単にどのファイルをPCに保存するのか?を選択できるので便利に感じます。また、コピーだけでなく、「切り取り」して完全にPCに写真データを移し替える事もできます。

この場合では、不必要なデータをクリーンにする事ができるため、場合によっては最適に感じると思います。

 

USBケーブルで転送のデメリット

iPhoneからパソコンにUSBケーブルを利用して写真などの画像をファイル転送する場合ではデメリットに感じる部分があります。それは何なのか?と言うと、ケーブルが邪魔に感じるという煩わしさと言った方が正解になります。

もっとも、これは「感じ方」なので一概には何とも言えない部分に該当します。

ケーブルが邪魔でも全然問題ないよ!という場合もあれば、いやいやケーブルは利用しないで、もっとスマートな方法を利用したい場合も有ると思います。

 

USBケーブル以外の転送方法

USBケーブルが便利に感じるのか?は人によっても異なるのですが、これ以外の方法で、iPhoneからパソコンにファイル転送するのであれば、メールorファイル転送アプリを利用するのが良さそうに感じます。

但し、どちらの場合でもパソコンと同じWi-Fiを利用する必要があります。その理由としては、Wi-Fiを利用しないと電話回線でファイル転送する事になるため、料金が高くなります。

 

iPhoneからPCにデータ転送はファイル転送アプリも便利

ここでは、iPhoneのカメラで写真撮影したデータをファイル転送アプリを利用してPCに転送する方法についての内容になります。

ファイル転送アプリ

iPhoneで利用できるファイル転送アプリは色々有るので、お試しで使ってみて、便利に感じる物を選択するのが最適になのではないでしょうか?

オススメできるアプリを利用するのも1つの方法になります。但し、この場合では、実際に使ってみると、あまり便利に感じない場合も実際にあるため、基本的には自分で試して判断するのが最適です。

くれぐれも、オススメだからその内容を信じるといった感じは良くないと思います。

 

PC版ソフトもある Sendanywhere を利用

筆者の場合では、「iPhoneからWindows PC」又は「Windows PCからiPhone」にファイル転送できるアプリとして、Sendanywhereを好んで利用しています。

実際に使ってみて、使いやすいと感じたのが理由の1つに該当しますが、PC版アプリも使いやすいので便利だったのも理由の1つだったりします。

双方向でファイルの受け渡しができるアプリなので、丁度よいといった感じ。手間を感じるのは、PC版をインストールする時だけなので、それ以外は手間を感じないです。

 

その他の方法

因みになんですけど、Windows PCからiPhoneに画像を転送する場合では、メール添付も1つの方法になります。但し、あくまでも写真などの画像だけです。

Windows PCからiPhoneに画像ファイルを転送する方法
皆さん こんにちは! iPhoneを所持している場合では、メインで使っているパソコンはAppleのパソコンなのかな?と思ってしまいますが、たぶん、そうではないと思います。確かにMacbookなどを利用している人も居ると思います...

コメント