iPadはスマホとPCとで用途が被る。使い道がないと活用できない

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを買いたい!と思ったら、どのiPadを購入しようかな?と機種選びをしたくなってしまいますが、その前に考えるべき事が有ると思います。

それは考えているかな?どうしてこのように言うのか?と言うと、たぶん考えていないんじゃないのかな?と感じてしまうからです。それもその筈で、iPadを買うのに、他の事は関係ないと思ってしまいますからね~。

でも、このように思ってしまうのは良くない事だったりするので、少なくとも、実際に購入する直前に立ち止まる勇気も有った方が良いと思います。

これができるのか?できないのか?でも変わって来るので良い買い物をした方が良いです。

今回の記事は『iPadはスマホとPCとで用途が被る。使い道がないと活用できない』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad購入する場合に注意した方が良いこと

ここでは、iPadを購入する場合に注意した方が良い事についての内容になります。

iPadで何をするのかな?

iPadが欲しい!買いたい!と思う場合もありますが、この場合では、そもそもiPadで何をするのか?何をしたいのか?というのが明確である必要があります。

どうしてなのか?と言えば、買っても上手く活用できなかったり、宝の持ち腐れになってしまったり、大した用途で使っていなかったりする場合も意外と多いからです。

それに対して、何の目的で購入する!というのが明確な場合では、購入用途の目的で継続的に利用できるため、買って満足できる買い物に繋がります。

購入しても活用できなかったりすると買って満足な結果は得られないと思いますから、この部分は重要に感じます。

 

iPad機種選びは後回し

iPadを購入しようとしている場合では、機種選びから入ってしまうと思うのですが、初めてiPadを買う場合は、やってはいけないパターンに該当します。

というのも、ここから始まってしまうと、どのiPadを買いたいのか?決定したら、即行動といった感じで購入してしまうからです。

実際に購入する前に検討しておいた方が良い事をすっ飛ばして買ってしまうので、購入後にイベントが待ち受けている可能性があります。

どんなイベントなのか?と言うと、買ったんだけど、自分の思い描いたイメージ通りになっていなくて、こんな筈ではなかった!といった感じの展開に発展する可能性になります。

このような想定外の展開にならないようにしっかり検討した上で、実際に購入する場合では、一度立ち止まって冷静に判断してみる事も大切です。

 

スポンサーリンク

iPadはスマホとノートPCの中間的なポジション

ここでは、iPadを購入する場合では、スマホとノートPCの中間的な位置にあるため、買っても大丈夫なのか?要検討をについての内容になります。

iPadの立ち位置

iPadを買いたいな~と思った時は、iPadが置かれている状況を見極めた方が良いです。特にiPadの場合はスマホよりも大画面でかつ、ノートPCよりも画面が小さいというポジションになります。

果たして本当にこのポジションのタブレット端末は必要なのか?という部分が重要になります。というのも、必ずではないのですが、たいていの場合ではスマホとノートPCで事足りるからです。

趣味や仕事でイラストをやっているといった場合であれば、別に問題ないのですが、デザイン系の趣味や仕事ではない場合は、このポジションに該当するタブレット端末をそのように活用するのか?も考慮が必要になります。

自分が想定している用途は、スマホとノートPCとで重なっていないのか?という部分は検討した方が良いです。

 

iPadは必需品ではない

スマホやパソコンの場合は日常生活の必需品に該当しますが、iPadのようなタブレット端末は必需品ではなく、ガジェットという扱いになります。

ガジェットや便利グッズは有れば便利に利用できますが、無くても困らないグッズや機器に該当します。別に買わなくても問題ないのである。

この事を承知の上で購入しないと、買ったは良いけど、使い道に困ってしまったというパターンも十分に想定できます。とはいえ、それでも欲しい!という気持ちになっている場合では買ってしまう事になります。

それならば、どうすれば良いのか?と言うと、必需品の用途でiPadを活用するのがベストな選択になると思います。

 

iPadはスマホとノートPCとで用途が被る

ここでは、iPadはスマホとノートPCの中間的な位置にあるため、用途が被ってしまうので注意した方が良いについての内容になります。

iPadは用途が被る

iPadを購入して最初の頃はあまり感じないのですが、だいたい3~6ヶ月ぐらい経過した頃になると、有る事に気が付いたりします。何かスマホノートパソコンと用途が被っているんじゃないのかな?といった感じ。

そもそもiPadで行える事はスマホでも普通に出来ますし、ネットや動画視聴といった用途ではiPadよりも大画面ディスプレイのパソコンの方が圧倒的に便利だからです。

このようになってしまうと、わざわざiPadでやらなくても自分にとって最適に感じる方法で行った方が良いという感じになるため、効率化を目指す傾向になって来る場合があります。

この時に、iPadの立ち位置があまり宜しくないんですよね~。だって最適化したらスマホとノートPCで十分じゃん!となってしまうので、オンリーワンの用途が欲しいでしょう!

 

iPadじゃないとダメという用途が必要

iPadを買う場合では、iPadで何をするのか?というのが重要になりますが、可能ならば補足事項として、「iPadじゃないと自分のやりたい事が実現できない」といった感じの目的が欲しいところです。

というのも、ハッキリ言って、自分のやりたい事はiPadじゃなくても実現できる場合が多いです。それなのにも関わらず、iPadを購入しようとしている訳ですから、iPadじゃないとダメ!という理由は欲しいと思います。

仮に、これが無いと、他の魅力的に感じるタブレット端末に乗り換えるといったパターンも十分に想定できるため、自分のやりたい事とiPadはどのように密接に繋がって来るのか?という部分も考慮が必要になります。

特に2in1で利用できるWindowsノートPCの Surface Pro あたりはiPadの競合商品になると個人的に考えます。

 

iPadは使い道がないと活用できない

ここでは、iPadを購入しても継続的に利用できる使い道がないと活用できない!についての内容になります。

iPad 使い道

iPadをどのように活用するのか?は個々の自由なので、アレコレ言う必要はないですが、購入目的の用途で継続的に使えるのであれば、それに越した事はないと思います。

でも、途中で、自分のやりたい事が実現できてしまったり、挫折したりすると、その時点で終了となってしまうので、これから何の用途で利用すれば良いのかな?となってしまいます。

この場合では確実に時間だけが過ぎ去って行く感じになるため、あまり良い選択とは言い難いです。可能ならば購入目的の用途で継続的に利用できるように努力する事も必要になります。

これに加えて、保険を用意しておくのも良いかも知れません。

 

iPad 活用できるのか?

筆者の場合は、購入目的の用途で買いましたが、途中で挫折してしまって現在は別の用途に活用しています。仕事に使うのを目的に買ったけれども、デジタルノート活用しているといった感じ。

仕事にデジタルノートは使っていますけど、プライベートの用途で利用している場合が多いです。このように、iPadは活用しないと勿体ないので、活用できるのか?も要検討事項の1つに該当します。

どうしても活用方法が見つからない!といった場合では、スマホゲームをiPadに置き換えるのが良いかも知れません。iPadはグラアフィっく性能も高いですから、ゲーム用途でも十分に楽しめると思います。

でも、個人的には賛否両論といった感じです。

iPad 活用方法!1つの用途に特化した使い方が便利に使える
皆さん こんにちは! iPadの使い道や活用方法で上手く使えなくて悩んだり困ったりする場合も実際にありますが、もし、このような展開が自分にやって来たらどのように対処するのでしょうか? 色々な対応策を準備している場合もあれ...

コメント