PC キーボードシール レビュー!文字が消えて見えなくなったキーボードを修復・再生

PC周辺機器グッズ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

メインで使っているノートパソコンはプライベート用と仕事用の2種類ありますが、両方ともメインPCの用途で使っています。

それも関係あるかも知れませんが、よく使っているキーボードの文字が消えて見えなくなってしまう部分も出てきます。この場合では油性ペンで書いて対応していましたが、何と!油性ペンでも消えてしまうのである。

油性ペンで書いた文字が消えるの!?には大変驚きましたが、指から分泌される汗で消えてしまうんだな~と納得。

この事実にきいが付いてからはイタチごっこを繰り返していましたが、流石に面倒に感じてしまった事もあり、キーボードシール(キートップラベル)を購入して対応しいています。

でも、48枚分しか対応できないため、それ以外のキーはどうしましょう?といった感じです。

今回の記事は『パソコンの文字が消えて見えなくなったキーボードを修復・再生できる PC キーボードシール(キートップラベル)レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

PC キーボードシール(キートップラベル)について

パソコンのキーボードの文字が消えて見えなくなった場合に貼り付けて修復・再生できるキーボードシールについての紹介になります。

日本語キーボードシール(白地黒文字)仕様

サイズ : 180mm × 65mm

キー部 : 13mm × 11mm

シール : 全部で48枚

カラー : ホワイト(白地黒文字)、ブラック(黒字白文字)の2種類

備考等 : 日本語JIS配列

 

日本語仕様のキーボードシール

キーボードの文字が消えてしまった場合に貼り付ける事で簡単に修復して再生できる便利なグッズがキーボードシール(キートップラベル)になります。

実際に購入したのは日本語になりますが、日本語だけではなく、英語も含めて中国語などのラベルも販売されています。カラーはホワイト・ブラックの2色。

 

シールの枚数 48枚

キーボードシールには全部で48枚のシールがありますが、全てのキーボードに対応する枚数ではないです。ESCやファンクションキー、Shift、Enterといったよく使うキーのシールはありません。

あくまでも数字キーも含めて、英文字や主要な記号などをカバーできる枚数のみとなっているので注意が必要になります。

たぶん、キーボードの種類によってもキートップのサイズが異なるため、これらのキーはサイズがマチマチなので対応できないのではないか?というのが個人的に見解になります。

 

スポンサーリンク

文字が見えなくなったキーボードの修復・再生 方法

ここでは、キーボードの文字が消えて見えなくなってしまった場合に役立つキーボードシールの貼り付ける方法についての紹介になります。

キーボードシールの貼り付ける方法

① PCの電源を切る
キーボードシールを貼り付ける前に掃除をする必要があるため、先ずパソコンの電源を切ります。

 

② キートップの汚れを掃除する
キーボードシールをそのままキートップに貼り付けるとホコリ汚れが有ると直ぐにシールが剥がれてしまうため、キートップの汚れを掃除します。

 

③ キーボードシール貼り付け
貼付する48枚に該当するキートップの汚れを全て掃除する事が出来たら、1枚ずつキーボードシールを貼り付けていきます。

 

キートップラベルを貼り付ける場合の注意事項

キーボードシールのキートップラベルを全て確認すると、「F」と「J」のキートップラベルの形状が異なる事に気が付きます。

これは「F」と「J」にはアンダーバーがあるため、このアンダーバーに被らないように貼り付ける必要があります。

但し、ノートパソコンの場合では、アンダーバーに被らないように貼り付けた場合でも上側がハミ出てしまう場合がありますが、それは想定されているキートップのサイズよりも小さいので仕方ないです。

気になる場合はハサミで切るなどの対策を行えば良いと思います。

 

PC キーボードシール 購入する場合の注意事項

ここでは、パソコンのキーボードシールを購入する場合の注意事項についての紹介になります。

購入する場合

実際にキーボードシールを購入する場合では、キートップのサイズを定規やメジャーなどで測ってから購入する必要があります。

というのも、ノートパソコンや外付キーボードの場合ではキーボードのキートップサイズが異なる場合が多いため、キートップラベルのサイズと合わない場合があるからです。

この場合では、ハサミで切るなどの対策も必要になります。でも、48枚も均等に綺麗に切るのは難しいですし大変ですから、最適な選択ではないと思います。

 

全てのキーに対応していない事を承知の上で購入を

キーボードシールのキートップラベルは全部で48枚になっている場合が多いです。そのため、48枚に該当しないキーのラベルは諦めるしかないです。

因みにネットで探して見ましたけど、「ESC、半角/全角、Tab、Shift、Enter、alt」に該当するシールは見つかりませんでした。

 

 

キーボードシール ASUS Zenbook 13 使用レビュー

ここでは、実際に、Windows ノートPCである ASUS Zenbook 13 にキーボードシールを貼り付けて使ってみた使用レビューについての紹介になります。

タイピング入力に慣れるまでが大変

ホワイトラベルのキーボードシールを メインで使っているWindows ノートPCの ASUS Zenbook 13 に貼り付けて使っていますが、貼り付けた日から数えて約2週間ぐらい経過した頃になって、やっと違和感もなくなり、指の滑り具合にも慣れて使える感じとなります。

1つ1つのシールには滑り止めのザラザラ感が有るのですが、逆にこれがよく滑る原因になっているのではないか?とツッコミたくなるぐらい、滑りまくっていたので、タイピングミスも多かったです。

最後は嫌になって、2~3枚だけ剥がしてみたのですが、剥がすと何と!綺麗に文字までベロン!と剥がれてしまったのである。その結果、もう1枚キーボードシールを再購入となっています。

この期間はどうしていたのか?と言うと、以前 iPad mini 5 で使っていた 折りたたみ タッチパッド付キーボードの iClever IC-BK08 を Bluetooth接続して使っていました。

 

シール貼付後に剥がすのはリスクを伴う

一度、シールを貼り付けてしまって、ある程度時間が経過後に剥がすと綺麗にベロン!と全て剥がれてしまう体験をさせて頂いたので大変良い勉強になりました。

まさか!もう1枚キーボードシールを購入する羽目になるとは全くの想定外の結果になります。皆様も気を付けた方が良いです。

 

使い慣れてしまえばいつものタイピング入力

キートップラベルを貼付後、約2週間ぐらいは本当に嫌になるぐらいに入力作業が大変に感じていましたが、使い慣れてしまえば、今までの大変に感じていたタイピングが嘘のように、いつもの日常といった感じになります。

因みに、ホワイトラベルとブラックラベルの視認性はどちら?が良いのか?といえば、どっちもどっち と言った方が正解になります。

バックライトキーボードに対応していれば、暗い部屋でも入力できるので文字の色が黒なのか?白なのか?はあまり気にしません。

 

 

PC 日本語 キーボードシール 評価&レビュー

ここでは、メインで使っている Windows ノートPC(ASUS Zenbook 13)の文字が消えてしまって見えなくなったキーを修復する目的で購入した日本語キーボードシールの評価・レビューについての紹介になります。

新しいキーボードを購入しなくて良い

デスクトップPCを利用していた頃は、キーボードの文字が消えて見えなくなった場合では新しいキーボードを購入していましたが、色々な事情でノートPCに変更後は流石に新しいキーボード購入とはなりません。

ノートPCのメリットはオールインワンですから、外付キーボードを利用なんて有りえません。お金に余裕があれば新しいPCを購入するのも1つの方法になります。

でも、文字が消えてしまったという理由で新しいパソコンを購入するのもどうかな?と感じます。このような場合に役立つのがキーボードシールだと思います。

 

一長一短

キーボードシールのカラーがホワイトの場合では、文字の色はブラックなのですが、暗い場所でもよく見えるので入力しやすいと感じます。

その反面、1つのキーボードシールのサイズが「13mm × 11mm」になるため、このサイズよりも小さいキーには貼り付けできません。

でも、サイズに合わせてハサミでカットすれば対応できますが、48枚分もこんな面倒に感じる作業はしたくないのでは?と個人的に考えます。

因みに13.3インチのASUS ZenbookノートPCの場合では問題なく貼り付ける事ができました。

 

評価・レビュー

パソコンのキーボード(キートップラベル)を修復できるシールも有るんだな~と改めて認識した訳になりますが、ノートパソコンをメインで利用している場合はお世話になる確率が高いのでは?と個人的に思います。

というのも、仕事で使っている ノートPC(HP Pavilion 13)の一部のキートップも文字が消えて見えなくなってしまっているので、そのような気がするのである。

こちらのパソコンにはブラックラベル(背景はブラック、文字はホワイトの組み合わせ)を貼付しています。

どっちの視認性が良いのか?ちょっと分からなかった事もあり、色分けすれば比較できるのでわざと使い分けています。

新しいキーボードを購入しなくてもキートップラベルを貼り付けるだけで修復できるのは素直に評価できます。その反面、全てのキーに対応していないで、この部分は残念という評価となります。

コメント