Apple Pencil 2 シリコン保護ケース レビュー!マグネット充電できるシリコンカバー

スマホ・タブレット
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 と一緒にApple Pencil 2 も同時購入していますが、実際に持ってみると細く感じます。細いだけならば慣れてしまえば何も問題ないのですが、なかなかそうもいかないのが実情になります。

というのも、何か細くて使いづらいと感じるからです。それなりに高い金額で購入したのに、使いづらいと感じていると、あまり利用したくないという結果に結び付く可能性があるため、どうにか?したいものです。

このような場合に便利に感じるのがApple Pencil 便利グッズのシリコンカバーケースになります。これを取付すると、若干ですが、太く感じるので使いやすくなる場合があります。

とはいえ、実際に使ってみないと何とも言えないのが実情になるため、お試しで購入しています。

今回の記事は『マグネット充電にも対応しているシリコンカバーの Apple Pencil 2 専用シリコン保護ケース レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 で利用する Apple Pencil 2 について

先ず、シリコンカバー(保護ケース)を紹介する前に、iPad Air 4 と一緒に購入した Apple Pencil 2 についての紹介になります。

Apple Pencil(第2世代)仕様

サイズ : 165mm × 10mm × 10mm

重量  : 18g

充電等 : ワイヤレス充電、マグネット吸着、自動ペアリング

カラー : ホワイト

ペン先 : 消耗品

その他 : ダブルタップでインクの切り替え

 

Apple Pencil 2 機能・特徴

① 自動ペアリング
Apple Pencil 2 を iPad Air 又は iPad Pro の専用充電ポートに接続するだけで自動ペアリングとなります。マグネット吸着のため、近くに持って行くだけでピタッと吸着します。

その反面、他のiPadタッチペンを利用する場合は、ペアリングを解除しないと利用できない場合があります。

 

② ワイヤレス充電に対応
Apple Pencil(第2世代)は iPad Air や iPad Pro とワイヤレス充電&自動ペアリングできるのが特徴になりますが、充電方法はこれ1択になるため、他に充電する方法がありません。他の充電方法がないのがデメリットに感じます。

 

Apple Pencil 2 ペン先は消耗品

購入する前はあまり気にしない場合が多いのですが、Apple Pencil のペン先は使っていると摩耗するため、交換も必要になります。

どのタイミングで交換になるのか?は実際の使用頻度によっても変わって来るので個人差があります。

摩耗している状態で使い続けるとが出て来て、ディスプレイ面を傷付けるため、摩耗が確認できたタイミングで交換するのが最適です。

 

スポンサーリンク

Apple Pencil 2 シリコン保護ケース(カバー)

iPad Air 4 で使用するApple Pencil 2 はちょっと細く感じているため、Apple Pencil 2 専用の保護ケースを使用しています。この商品についての紹介になります。

Apple Pencil 2 専用シリコン保護ケース 仕様

サイズ : 75mm × 10mm

素材等 : シリコン

機能等 : 耐衝撃、ワイヤレス充電に対応

カラー ; 複数種類から選択

備考等 : ストラップホール装備

 

専用シリコン保護ケース(シリコンカバーケース)特徴

① マグネット吸着、ワイヤレス充電に対応
Apple Pencil 2 のマグネット吸着 及び ワイヤレス充電に対応しています。充電ポートがある部分はとても薄くなっているため、装着したままの状態でワイヤレス充電できます。

 

② 耐衝撃対応
落下した場合にペン先や Apple Pencil 本体を保護できるように耐衝撃仕様となっています。

 

③ ストラップホール
ストラップを付ける場合に最適なのがホール部分。意外と大きいのでストラップを使う場合は重宝すると思いますが、実際にストラップを装着すると、引っ張られるため、あまり使わない方が良さそうに感じます。

 

本体カラー

この商品に関して言えば、シリコンカバーケースの色が豊富にあります。自分の好みによって色々なカラーを楽しめるため、飽きてしまった場合に便利ですが、取り外し 及び 装着は大変です。

 

Apple Pencil 2 シリコンカバー メリット・デメリット

ここでは、iPad Air 4 で利用するApple Pencil 2 専用シリコン保護ケース のメリット・デメリット 及び 気になる部分の紹介になります。

メリット

このシリコンカバーをApple Pencil 2 に装着すると、若干ですが本体が太くなり、しっかりとグリップできるようになるため、非常に使いやすいと感じます。

しかも触り心地も良いですし、ぴったりフィットできるため、長い時間持っていても気に持ちやすいです。

それでいて、この保護ケースに装着している状態で iPad Air 4 とワイヤレス充電できますから、煩わしさが無い部分がイチオシポイントに該当します。

 

デメリット

デメリットに該当する部分は、Apple Pencil 2 に「ぴったりフィット」が該当します。ぴったりフィットの方が使いやすいのですが、これは同時に良くない事も発生します。

そもそもシリコンカバーケースの場合は豊富にあるカラーを楽しめるのも魅力の1つに該当しますが、実際にはぴったりフィットし過ぎて、取り外しに難があります。

簡単には取り外せない感があります。実際には裏側に折り曲げて、ストラップホール側に移動して行くと、あまりスムーズな展開ではないですが、取り外しできます。

 

気になる部分

実は気になる部分もあります。その部分はストラップホールになります。穴が大きくて入れやすいのは便利に感じますが、実用性は低いと感じます。

というのも、実際にストラップを取付すると、引っ張られる感じになるため、ストラップホール側に空洞が発生しやすくなります。そのため、飾りのような感じというのが率直な感想です。

 

Apple Pencil 2 シリコン保護ケース 評価&レビュー

ここでは、Apple Pencil 2 のシリコンカバーケースである専用保護ケースの評価・レビューについての紹介になります。気になった事や感想になるため、参考になるのか?分かりません。

取付・取り外しが大変な作業

① 取付
先ず、第1の関門というべきなのが、Apple Pencil 2 に取付する作業となります。ハッキリ言って超大変というレベルです。

真ん中ぐらいまではスムーズに入るのですが、伸ばしては押し込みといった繰り返しを行うので面倒に感じます。

 

② 取り外し
他のカラーを楽しみたい場合では、Apple Pencil 2 に装着している状態のシリコン保護ケースを取り外す必要がありますが、これも大変です。

ちょっと裏側に折り返してから、ストラップホール側にめくって行くのが簡単な外し方です。

と言っても、それでも面倒な作業になるので、あまりやりたくないのが実情になります。

 

持ち易さはグッド

大変でかつ面倒に感じる取付作業が終わったら、実際に利用できる状態になりますが、Apple Pencil 2 に装着した場合の使い心地はバッチグーと言った方が正解になります。

自分の好みに感じる太さといった感も関係して、長い時間持っていても気にならないと感じるぐらい持ち易いです。因みに書き心地も良いです。

 

評価・レビュー

Apple Pencil 2 シリコン保護ケースの評価は、取付 及び 取り外しが大変でも何も問題ないよ!と言えるのであれば、購入しても良いと感じます。

それに対して、超面倒に感じる取付・取り外しの作業なんてしたくない!と考えている場合は買わない方が良いと思います。

実際の使い心地は良好なので、取付・取り外しの部分をどのように評価するのか?で変わって来るのでは?というのが率直な感想にまります。

Apple Pencil 2(iPad Air 4)レビュー!感想やメリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPad Air 4 及び Smart Folio を買う時に同時購入したiPadアクセサリーは Apple pencil 2 もあります。以前はiPad mini 5だったので、 Apple penci...

コメント