iPad 何に使う 何をする 不明確は活用できない!買わない選択を

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadは色々と便利に使えるガジェットに該当するので、何となく欲しくなってしまう不思議な魅力を兼ね備えています。

特に、何に使うとか、何をしたいのか?が明確に定まっていない場合でも、とにかく購入したい気分になってしまう場合が多いです。本来であれば、もっと検討した方が良いのに、友人や会社の同僚が購入すると連鎖的に買うといった感じ。

残念ながら、こんな感じで買ってしまうと、どんなに優秀なiPadだったとしても上手く活用できません。やっぱり、明確な目的や用途がない状態では便利に感じても宝の持ち腐れになりやすいです。

少なくとも、購入する前は買った場合のメリット 及び 買った場合のデメリットも考慮した上で購入判断した方が良いと考えます。

今回の記事は『iPad 何に使う 何をする 不明確の場合は活用できないため、iPad 買わない選択の検討を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad が欲しい!買いたい!と感じた場合

新しくて性能の良い iPad が発売されると欲しい!と感じる場合がありますが、この場合は直ぐに購入するのでしょうか?

新しいiPadは直ぐに買うのかな?

新しいiPadが発売されると、買い替える 又は 新しく購入する機会がやって来ます。毎年のようにiPadを購入している iPadファンであれば買うかも知れませんが、そうでもない場合は使い倒すまでは買わないのでは?と個人的に考えます。

でも、iPadに限った話ではないですが、毎年のように性能や機能がパワーアップして出現しますから、現在愛用している機種よりも魅力的に感じてしまいます。

これは仕方ないのですが、仕方ないと割り切れる場合は大丈夫なのですが、必ずしも割り切れない場合もあるのが実情になります。たぶん、欲しくて欲しくて仕方ないという場合で直ぐに買う選択になるのかな?と思います。

 

それなりに検討してから買う

去年iPadを購入したといった場合では、流石に1年しか経過していないので、新しいiPadを購入しないとは思いますが、それでも愛用している機種よりも大幅に性能アップした場合では買い替える選択を行う場合もあるのが実情になります。

この場合では下取りに出して購入するパターンになると思います。とはいえ、買い替える場合でも、それなりに検討する必要があるため、思い立ったら直ぐに購入という行動はしないと思います。

というのも、フルモデルチェンジじゃなくてマイナーチェンジの場合では、性能が大幅に変更されている訳ではないので自分なりの判断基準で考える必要があるからです。

本当に購入する必要が有るのか?又は、次の機会に待っても良いのかな?の選択となります。

 

今回は買わないで、次回まで待つ選択

iPadを購入する場合では、今回は検討したけれども、やっぱり買わないで次回まで待つ選択を行う場合もあります。これは勇気ある決断になるため、自分の中での買いたい欲をコントロールできるできる場合が該当します。

この選択は正しいのかな?と後で後悔する場合も実際にありますが、自分で決断したのですから、後で気になってしまい、結局は買ってしまうという結果にならないように注意が必要です。

誘惑に負けて購入しても良いのですが、以前、どうしようか?散々悩んだ挙げ句に買わない選択をしたのにも関わらず、また購入しようか?悩むのは時間が勿体ないです。

スパッと諦めて、次回まで待った方が余計なストレスも溜まらないので良いと思います。

 

スポンサーリンク

iPad 購入する前に、検討した方が良いこと

ここでは、iPadが欲しい!と感じて購入する前に、しっかり検討しておいた方が良い事項についての紹介になります。

iPad 購入目的は何かな?

iPadが欲しい!と思ったら、実際に購入するまで頭の中から離れないのが実情になりますが、そもそもiPadを購入する目的は何なのでしょうか?

友人や会社の同僚が持っているから購入するという場合も有れば、ノートパソコンよりも高性能なので魅力的に感じるから購入する場合もあると思います。

でも、ここでちょっと立ち止まって欲しいのが、前者であれ、後者であれ、どちらの場合でも購入目的としては決定打に欠けると思うのは気のせいでしょうか?

何故かと言うと、「iPadで何をする」という明確な答えが無い状態で購入する訳ですから、そんな状態で買っても使いこなす事は本当にできるのでしょうか?とても疑問に感じます。少なくともiPadで何をしたいから購入するんだ!という答えは必要に感じます。

 

iPad 使用の用途は準備してあるのかな?

iPadを購入する場合では購入目的も重要になりますが、それ以前に実際の用途はちゃんと用意してあるのかな?という部分も重要に感じます。

というのも、購入目的と実際の用途が同じであれば、何も問題ありませんが、必ずしもそのような結果にはならないのが現実です。

色々な用途で使う事を想定していた場合では、とりあえず使ってみて、どれにしようかな?で判断する場合も有るからです。

残念ながら、これだと、iPadを買ってから用途を考えるパターンになるため、既に遅いのではないか?と考えます。やっぱり、買う前に用途は準備しておかないと活用できないと思います。

仮に、まだ用意できていない場合では、購入する時期を少し遅らせる選択も必要なのではないでしょうか?

 

準備した用途は適切なのかな?

意外と盲点に感じるのが、既に準備してある用途が本当に適切な用途なのかな?という検証になります。購入する前に考えている用途と言うのは、中身が伴っていない漠然的な内容になる場合が多いです。

頭の中のイメージが先行している状態になるので、肉付けが無いので、この状態で突き進んでしまうと、iPadを買ってから、こんな筈ではなかった!と後悔する場合もあります。

このような、まさかの結果に陥らない為にも、一度立ち止まって、本当にこの用途は適切なのかな?を考えた方が良いと思います。

 

iPad 購入のデメリットも考慮して購入判断を

iPadを買う場合では、目的や用途も重要になりますが、デメリットもよく考慮しないと買って後悔に繋がる可能性があります。

自分にとって不都合に感じるデメリット

iPadを買う場合では、購入目的・実際の用途も重要になりますが、実はこれだけではダメだと思います。その理由としては、自分にとって都合の悪いデメリットを考慮していないからです。

iPadに限った話ではないですが、欲しくて欲しくて仕方ない状態の場合では、自分にとって都合の良い事しか頭の中に入ってこないものです。そりゃ多少はデメリットも考えるのですが、何故だか?分かりませんが頭の中に入ってきません。

それもその筈で、これを追い求めてしまうと、買いたい欲が多少なりとも影響が受けるので、都合の悪い事はあまり考えないようにしている感じ。これは或る意味、仕方がないのですが、あえて、とても重要だと感じます。

 

iPad 購入 デメリットは特に重要

自分にとって都合の悪いデメリットは真剣に考慮した方が良いと感じます。その理由としては、都合の良いメリットだけを膨らませている状態で買うと、失敗するからです。

その代表例が、iPadノートPC活用になります。iPadはキーボードケースを利用すれば、ノートパソコンのように利用できます。しかも一般的になノートPCよりも性能が良いです。

これを額面通り受け止めてしまうと、大きな勘違いが発生します。iPadにキーボードと利用できるようにしてもiPadに過ぎないのですが、自分の頭の中のイメージではそのようにはなりません。

もしかすると、ノートパソコンの代用として使えるのではないか?と考えてしまうのである。そのため、このような勘違いが発生しないように、購入した場合のデメリットも検討する必要があります。

 

iPad 何をする ・ 何がしたい 明確でない時は買わない選択を

iPadを購入する場合では、具体的に、iPadで何をするのか?又は、何をしたいのか?も関係あるため、これが明確に答えられない場合は買わない方が賢明の選択になります。

iPad 何をする が不明確の場合は買わない

iPadを購入する場合では、色々と自分なりに購入の検討を行いますが、その中でも一番重要になるのは、何だかんだ言っても最終的には「iPadで何をするのか?」又は「iPadで何をしたいのか?」が全てだと思います。

逆を言えば、この答えが既に出ているのであれば、活用できる可能性が高いので直ぐに購入しても基本的には問題ないと考えます。ここで重要なのは、あくまでも基本的という部分になります。

当然の事ですが、イレギュラーもあります。実際に使うのは人ですから、どのように使うのか?によっても変わって来ます。

使い方次第で色々な答えが出て来るので、うまく使うのか?は出たとこ勝負と言った方が正解になります。

そのため、具体的に「iPadで何をするのか?」が明確でない場合は、買わない方が良いです。

 

iPad 何がしたい 明確でも活用できるとは限らない

それならば、「iPadで何がしたい」というのが明確な場合では必ず活用できるのか?も気になる要素ですが、こちらの場合でも活用できるとは限りません。

たぶん、実際にうまく活用できるのか?活用できないのか?は紙一重なのではないかな?と個人的に考えます。どっちに転んでも状況的におかしくないです。

どんなにiPadの性能が良くても、肝心要である使用者の能力が追い付いていない場合もあるため、実際に使い慣れてみて始めて活用うんぬんを語れると思います。それまでは根気よく使いまくるしかないのでは?

 

iPad 購入の結論

必ずしも「iPadで何をするのか?」又は「iPadで何をしたいのか?」が明確ではない場合が活用できないと決めつける事はできませんが、たぶん根幹部分になると思います。

ここがグラグラ揺らいでしまうと、使っているんだけれども、具体的に何に使っているの?と聞かれた時にアレコレ答える感じになってしまうと思います。

やっぱり根幹部分が揺れている時は買わない選択決断した方が良いと個人的に考えます。

iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー!iPad活用&メリット・デメリット
皆さん こんにちは! iPad mini 5を所持しているのにも関わらず、iPad Air 4 及び Smart Folio、Apple Pencil 2 を同時購入しています。 購入理由としては、仕事に活用したいと考え...

コメント