iPadで使えるApple Pencil 類似品より純正品が最適

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadシリーズを購入する時に一緒に買うアクセサリーの筆頭と言えば、Apple Pencilではないでしょうか?

キーボード?と真っ先に考える場合もありますが、残念ながら、iPadで利用できる専用のMagic Meyboardは筆頭格ではないと思います。

というのも、価格もそれなりに高いですし、これとドッキングすると確かにノートパソコンのように利用できるようになるけれども、持ち運びする場合は重たいと感じます。

携帯性も考慮してこそ iPad だと思うので重たくて便利に感じるキーボードは筆頭にはならないのではないか?というのが個人的な見解になります。

その点、Apple Pencilであれば、ワイヤレス充電&自動ペアリングなので便利そのものといった感じです。

今回の記事は『iPadで使えるApple Pencil類似品より純正品が最適』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad アクセサリー Apple Pencil 2

iPadシリーズを購入する場合に一緒に買う魅力的なアクセサリーと言えば、Apple Pencilが該当すると思います。

Apple Pencil 2 仕様

サイズ : 165mm × 10mm × 10mm

重量  : 18g

充電等 : ワイヤレス充電

接続等 : ワイヤレス接続、自動ペアリング

取付等 : マグネット吸着

その他 : ダブルタップでツールの切り替え

 

ワイヤレス充電&ペアリングが魅力的

Apple Pencil 2 では、ワイヤレス充電&マグネット吸着できるので、iPad Air Pro の充電ポートに近付けるだけで、簡単に吸着するので便利に感じます。

充電する場合もUSBケーブルが不要で充電できるのもポイントが高いです。ケーブルがあると、邪魔に感じる場合が多いですから、ワイヤレス充電で良かったな~といった感じ。

さらには、めぐネット吸着させると自動的にペアリングも完了するので煩わしいと感じるペアリング設定を行う必要がないのも便利でかつ、魅力的にな要素の1つに該当します。

 

意外な盲点もある

Apple Pencil 2 は全てにおいてバッチリな仕様のような感じるのですが、ところがどっこい!そのように感じるのは時期尚早になります。

というのも、ペン先の部分が消耗品になっているため、頻繁に使っていると、いつの間にか?ペン先が摩耗している事に気が付きます。

ペン先を交換する必要もあるため、頭の隅にでも入れておいた方が良いです。

 

スポンサーリンク

iPad Apple Pencil 購入 メリット デメリット

ここでは、Apple Pencil を購入する場合の一長一短についての内容になります。

Apple Pencil 購入 メリット

① ペアリング設定
Bluetooth機器の場合では、利用する前にペアリング設定を行う必要がありますが、Apple Pencil 2 の場合は充電ポートにドッキングするだけでペアリング設定が完了となるため、とても便利に感じます。

 

② ワイヤレス充電
Apple Pencil 2 の充電は、iPad Air / iPad Pro の充電ポートにドッキングするだけで充電できるため、ケーブルレスでワイヤレス充電できます。

 

Apple Pencil 購入 デメリット

① 充電方法
充電方法がiPad本体からのワイヤレス充電の1択になってしまうため、作業している時にバッテリー切れになってしまった場合は、Apple Pencil での作業が中断になります。

もし、これが嫌な場合は、もう1本Apple Pencil購入 又は 類似品を購入する選択となります。

 

② ペン先
Apple Pencilのペン先が消耗品なので摩耗します。実際の使用頻度によっても摩耗の速さが異なるため、あと何ヶ月使えるのか?というのが分かりません。これもちょっとな~といった感じ。

だからといって、純正品ペン先を購入しておくのも1つの方法になりますが、いつ交換のタイミングが訪れるのか?分からないため、この選択は現実的には最適とは言えません。

 

iPadで使えるApple Pencil 代用品(類似品)

iPadで利用できるタッチペン(スタイラスペン)はApple Pencilだけではありません。類似品も利用できます。

Apple Pencil 純正品と類似品の違い

見た目は勿論異なるのですが、似ている外観でかつ、機能的にも似たり寄ったりしているのが特徴の1つに該当します。但し、異なるのは、充電方法価格といった部分だと思います。

純正品なので類似品と比べるとそれなりに価格も高いのですが、充電方法も異なっています。純正品はワイヤレス充電に対応していますが、類似品の場合はUSB充電に対応になります。

どちらの方法が最適に感じるのか?は個人差があるため、一概には何とも言えません。類似品もパームリジェクション機能にも対応しているため、一般的に使うのであれば、安価で購入できる類似品でも良さそうに感じます。

 

ペン先の交換も考慮が必要

Apple Pencil 類似品を購入の場合では、交換用ペン先が付属している場合が多いです。そのため、ペン先が摩耗しても最低でも1回はペン先を交換できます。

だからといって、類似品のペン先がネット通販で販売していれば良いですけど、なかなか見つからないのが実情になります。

この場合では、ペン先が摩耗したら、新しいスタイラスペンに買い換える選択となってしまう感あり。

 

安価で購入できる

Apple Pencil 類似品の最大の魅力は何と言っても純正品よりも安価で購入できて、機能的にも妥協できるグッズに仕上がっているといった部分が該当します。

自分の妥協できる範囲内に収まっているからこそ、購入したい!と感じる訳なので、そういった意味では、この選択も十分に有りとなります。

 

iPadで使えるApple Pencil類似品より純正品が最適

ここでは、iPadで利用するスタイラスペンは純正品を買った方が良いについての内容になります。

消耗品のペン先を考慮

どうして純正品のApple Pencilを買った方が良いのか?というと、ペン先が摩耗する事を考慮する必要があるからです。類似品と購入すると確かに交換用ペン先も付属されます。

でも、この交換用ペン先を交換した場合はどうやって同じ商品を購入すれば良いのでしょうか?という事を考慮した上で買わないと、類似品がどんどこ増えていくパターンになります。

次から次へと新しい魅力的に感じるスタイラスペンを買っても良いのですが、ガラクタが増えていくだけですから環境にも優しくないです。

その点、Apple Pencilであれば純正品の交換用ペン先が用意されているので、問題ありません。

 

アクセサリーが充実

Apple Pencil を購入した方が良い理由は他にもあります。純正品だけあって長持ちします。それに、Apple Pencilと一緒に使うと便利に感じるグッズも豊富にあります。

それに対して、類似品の場合では、残念ながら対応している便利グッズがありませんから、この点がデメリットに感じる要素になります。

とはいえ、ペン先カバーなどは類似品でも利用できる場合があるため、必ずしも利用できないという訳ではないです。

Apple Pencil 2 / iPad タッチペン 比較 レビュー!純正品と類似品の比較
皆さん こんにちは! iPad Air や iPad Pro を購入する場合では便利に感じるアクセサリーも同時購入する場合がありますが、この中に Apple Pencil 2 も含まれていると思います。 最初の1本目は ...

コメント