iPad ノートPC 活用!メリット・デメリットも考えて活用を

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadは一般的なノートパソコンよりも高性能なタブレット端末になりますが、ノートパソコンのようにキーボードやマウス、PC周辺機器を利用する事ができます。

特に、USB Type-C ポートを搭載している iPad Air 及び iPad Pro の場合では、USBハブが利用できるので、USBメモリやWi-Fiワイヤレスマウスも使えるため、別途iPad用にマウスを購入する必要がありません。

因みに、Smart Connector 対応のiPadは、トラックパッドに対応しているキーボードケースを利用できるため、マウスを使わなくても便利に活用できるようになります。

そのため、仮にiPadをノートパソコンのように利用するのであれば、迷わず、Smart Connector 対応の Magic Keyboard や ロジクールFolio Touch、Combo Touch などのキーボードケースを購入した方が良いと感じます。

今回の記事は『iPad ノートPC 活用する場合では、メリット・デメリットも考慮した上で、活用するのか?判断した方が良い』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad ノートPC 活用する場合では注意事項がある

ここでは、実際にiPad ノートPC 活用する場合に気を付けた方が良い内容の紹介になります。

iPadノートPC活用は勘違いに繋がる

そもそも、iPad 高性能なタブレット端末に該当するため、ノートパソコンではないです。この事を理解した上で、ノートPC活用するのであれば、問題はないです。

理解しないでノートPC活用する場合では、勘違いも発生します。どのような勘違いなのか?と言うと、iPadをノートパソコン化すれば、ノートPCが不要になるといった感じ。

これは大きな間違いなので、くれぐれも注意して下さい。決してノートパソコンが不要にはなりません。むしろ、逆に必要と感じると思います。

 

自己満足に終わる場合あり

iPadノートPC活用する場合では、適切な用途が既に用意されているのか?が超重要になります。これが用意していない場合では、残念ながら大変申し訳ないですけど失敗します。

失敗すると、どうなるのか?と言えば、専用キーボードケースを買って、ノートパソコンのように使えるようになって満足(自己満足)で終わる結果で落ち着きます。

iPadは色々と便利に使えるガジェットですが、用途がなければ、便利に使うことはできません。

これでは、何の目的でキーボードケースを購入したのか?分かりませんから、キーボードを購入する前に用途を準備しましょう!

 

イメージ通りの展開にはならない

iPadにキーボードケースをドッキングすると、見た目はノートパソコンのようになりますが、中身が伴っていないため、不完全燃焼で終わるパターン(失敗)が多いです。

頭の中のイメージでは、もうこれでドンピシャ!といった感じで満足できるのですが、実際にノートPC活用をやってみると、何かイメージとは異なるような気がするといった感じ。

それもその筈で、あくまでも見た目だけノートパソコンになっているだけですから、中身も伴わないとダメだと思います。そのため、イメージ通りにはならない事を承知の上で、実際にやってみた方がギャップが少ないと思います。

 

スポンサーリンク

iPad ノートPC 活用 メリット

ここでは、iPadノートPC活用した場合のメリットについての紹介になります。

文書作成に活用できる

実際に、iPadに Smart Connector 対応キーボードケースをドッキングした上で活用した場合では、文書作成の用途や入力作業に活用できるようになるため、パソコンを利用しなくても良い場合があります。

但し、これには前提条件があり、使い慣れている文書作成アプリが良いと思います。その理由としては、いきなり初めて利用するアプリを使って文書作成は効率的ではないからです。

特に操作性が悪かったりすると、そのままダイレクトに効率化に影響が出るため、ある程度は使い慣れておく必要があります。WordやExcelなどの定番アプリが利用できると便利です。

幸いな事に、iPadには標準で、Office互換アプリ(文書作成 Pages、表計算 Numbers、プレゼンテーション Keynote)がインストールされているため、これらのアプリを利用して活用する事もできます。

 

ノートパソコンのように利用できる

iPadにキーボードケースをドッキングすると、見た感じのイメージがノートパソコンになるため、この用途で利用する事も可能になります。

とはいえ、あくまでも見た目だけ(中身が伴っていない)なので、ノートPCの代用として利用する事はできません。USB Type-C 対応のUSBハブを利用してUSB機器を使う用途に活用できます。

USBハブが利用できれば、PC周辺機器とも連携できるようになるため、便利に活用できます。

 

あまりメリットはない

ハッキリ言えば、iPad をノートPC活用するメリットは無いとは言いませんけれども少ないのではないか?というのが個人的な見解になります。

その理由としては、入力作業に利用するにしても、何だかんだ言っても、ノートパソコンの方が便利に感じるからです。たぶん、これに尽きる感じ。

 

iPad ノートPC 活用 デメリット

ここでは、iPadノートPC活用した場合のデメリットについての紹介になります。

iPadノートPC活用しても、ノートパソコンが必要になる

iPadにキーボードケースをドッキングすると、ノートパソコンのようなスタイルで入力作業が行えますが、それは必ずしも便利に入力できるとは限りません。

どういう事かな?と思うかも知れませんが、いつも使っているパソコンが Macbook であれば、そんなに違和感はないと思います。

でも、ChromebookWindowsノートPC をメインで使っている場合は本当に便利なのかな?と感じる場合があります。

先ず、日本語変換が疲れると感じます。ユーザー辞書を整備していれば、多少は違うとは思いますが、整備したとしても、どの程度、いつものパソコンと同じように変換できるのか?は未知数になります。

自分に合っているのか?は実際に入力して試してみないと分からない部分に該当するため、出たとこ勝負になります。

 

パソコンソフトが使えない

当然と言えば、当然の事になりますが、iPadノートPC活用したとしても、iPadで利用できるのはiPadアプリだけです。

パソコンで利用できるアプリをiPadにインストールする事はできませんから、iPadに対応しているアプリを見つけて利用するパターンとなります。

因みに、この場合では機能限定版を利用するパターンになる場合が多いです。要するにiPadで利用できるようにカスタマイズされているアプリになるため、フル機能が利用できないといった感じ。

これだと使い勝手にも影響が出るので、自分がやりたい事がどの程度まで行えるのか?も重要になります。

 

デメリットの方が多いのが実情

iPadノートPC活用では、デメリットの方が多いのではないか?と考えます。確かにメリットも有るのですが、そのメリットをフル活用できる用途が少ないですから、あえてチャレンジしなくても良いのでは?と思います。

特に、本体重量(合計重量)が重たいのは致命的なのでは?と感じます。iPadは単体であれば軽量なので魅力的なのですが、キーボードケースとドッキングすると、一気に重たくなってしまいます。

多少重たくても自宅で使うのであれば問題ありませんが、外出先に持ち歩く用途では、11インチノートパソコンとして考えると、とてもじゃないですけど、持ち歩きたくないと感じます。

これでは大変申し訳ないですけど、ノートPC活用しなくても良いのでは?と思ってしまいます。

 

スポンサーリンク

iPad Air ノートPC 活用 レビュー

ここでは、iPad にキーボードケースをドッキングしてノートパソコンのように使った場合のレビュー紹介になります。

iPad Air 4 ロジクール Folio Touch ノートPC活用

Apple純正のSmart Keyboard や Magic Keyboard は購入していません。iPad Air 4 に対応しているロジクールのFolio Touch を買っていますが、トラックパッドが利用できて便利です。

ここまでは良かったのですが、買って早々に躓いています。というのも直挿しできるタイプのUSB Type-Cハブを所持しているため、これが利用できなかったのが痛かったです。

ロジクール Folio Touch や Combo Touch の場合は直挿しできるタイプのUSBハブが利用できないため、7in1 USB Type-Cハブを別途購入しています。

マウスは使っていません。マウスを利用すると、スクロールボタンの動作が真逆になるので不便に感じます。

 

iPad Air 4 ノートPC活用の結果

iPad Air ノートPC活用は失敗に終わっています。ノートパソコンの作業の一部を肩代わりできれば良いかな?と思って、ロジクール Folio Touch を購入しましたが、上手く活用できませんでした。

現在は、1ヶ月に1~2回は確かに使っていますが、あくまでもちょっとだけ使っている程度の状態。どうして?ちょっとだけなのか?と言えば、Windows ノートPCで入力作業した方が圧倒的に便利だからです。

それならば、現在は iPad Air 4 を何に使っているのか?になりますが、デジタルノートの用途に特化して使っています。Apple Pencil 2 と類似品のスタイラスペンをフルに使っています。

この用途は、仕事でもプライベートでも便利に使えるので、うまく活用できて良かったと感じています。

 

ノートPC 活用 レビュー

実際にiPad Air 4ロジクールFolio Touch の組み合わせでノートPC活用を行い、見事に失敗している訳ですが、つくづく感じた事は、メインで使っているノートパソコンが有るのにも関わらず、iPad ノートPC活用はうまくいかない!という事を改めて認識しています。

もしかすると、デスクトップPCとiPadノートPC活用の組み合わせならば成功できたのかも知れません。この組み合わせなら、相互に補完関係にあるので失敗する結果には繋がらないような気がします。

とはいえ、活用というのは、なかなか難しいですから、良いアイデア用途がマッチしていた方が良さそうに感じます。

 

コメント