Apple Pencil デメリットはiPhoneで使用できない

iPad
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 でApple Pencil 2 を利用していますが、何に使っているのかな?と言えば、基本的にはデジタルノートのアプリで利用している場合が多いです。

それ以外にもスクリーンショットにも使えますが、この操作に限って言えば、あまり便利に感じていない事もあり、AssistiveTouch(仮想ホームボタン)を利用しています。

Apple Pencil をiPadで利用していると、ふと気になる事が1つだけあります。それはこのスタイラスペンはiPadで利用できるという部分になります。

姉妹機種であるiPhoneでは利用できないのかな?といった感じ。

今回の記事は『Apple Pencil デメリットはiPhoneで使用できない』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Apple Pencil は iPad で利用できるので便利

ここでは、Apple Pencil 2 はiPadで利用できるについての内容になります。

iPadで利用できるApple Pencil

iPadシリーズを購入したら、専用で利用できる純正品アクセサリーの1つであるApple Pencilも同時購入する場合が多いですが、実際に使ってみると便利に利用できます。

手書き入力する場合や、イラストを描く場合、ゲームでも利用できるので、便利に使えるアプリがあれば最強の組み合わせになると思います。

ゲームで利用する場合では、ジグソーパズルで便利に使う事ができたので、細かい作業を行う用途に向いている便利グッズ(ガジェット)なんだな!と改めて実感します。

それならば実際にどのような用途で利用しているのか?と言えば、ゲームではなく、デジタルノート活用になります。

 

Apple Pencil 2 はワイヤレス充電

Apple pencil 2の特徴としては、iPadとマグネット吸着した上でワイヤレス充電が該当します。実際にはその他にも自動ペアリング設定も完了するので、これも特徴の1つだったりします。

ワイヤレス充電の場合では、何かと邪魔に感じるケーブルレスで充電できますから、省スペース化にも役立ちます。

但し、充電方法がワイらレス充電の1択になってしまうため、もしものバッテリー切れになった場合では不便に感じます。

そのため、よく利用するのであれば、予備として、もう1本購入する 又は iPad対応スタイラスペンを用意しておいた方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

Apple PencilはiPhoneで利用できるのかな?

ここでは、Apple Pencil 2 はiPhoneで利用できるのか?についての内容になります。

Apple Pencil のiPad接続方法

Apple Pencil 2 をiPad Air で利用する場合では、 マグネット吸着の充電ポートにピタッと吸着させると、自動的にペアリングが完了します。

何もペアリング設定をする必要がないので便利に感じるのですが、そもそもどのような方法でペアリング設定しているのか?という部分も気になるのではないでしょうか?

実は、Apple Pencil と iPadBluetooth接続にてペアリングが行われています。というのも、iPadのBluetoothを開くと、Apple Pencilが接続済みと表示されているからです。

この事を踏まえると、もしかすると、Bluetooth接続を利用すれば、iPhoneでもApple Pencilを利用できるのかな?と思う場合も有るのでは?

 

iPhoneでBluetoothペアリングできる?

結論から先に言えば、iPhone 13 でBlietooth接続によるペアリングを試してみたところ、しばらく時間が経過してもペアリングできませんでした。

たぶん、iPhoneではそもそもApple Pencilは利用できないような仕様になっているのかな?と感じます。

個人的には良い線をいっているのではないかな?と思って期待していたのですが、とても残念な結果で終わってしまい、ガックリ感が漂っていたりします。

 

Apple Pencil 以外の選択

iPadで利用できるのはApple Pencilだけではありません。Apple Pencil類似品 や iPad対応スタイラスペン(タッチペン)もありますけど、これらのスタイラスペンはiPhoneで利用できるのも有るのかな?と思ってしまうのは気のせいでしょうか?

 

iPad対応スタイラスペンでもiPhoneは非対応

ペアリング不要で利用できるiPad対応スタイラスペン(タッチペン)も所持していますが、こちらの場合もiPhoneでは利用できません。

iPad対応スタイラスペンの特徴

Apple Pencil 類似品であるiPad対応スタイラスペンの特徴を挙げると、iPadとペアリングしないで利用できるという部分があります。

電源を入れるとペアリングしないでiPadでも使えるので便利に感じます。という事は、もしかすると、iPhoneでも利用できるのかな?と思ってしまうのではないでしょうか?

 

iPad対応スタイラスペンでも利用できない

ペアリング不要でiPadでも使えるiPad対応スタイラスペンでも残念ながら、iPhoneでは使えません。えー!どうして?と思ってしまうのですが、これが現実的な結果なので受け入れるしか方法がありません。

本当にどうしてなんだろうか?と思ってしまいますが、そもそも、iPhoneではスタイラスペンを利用するような設計になっていないのかも知れません。

 

iPhoneで利用できるスタイラスペン

ネット通販のAmazonを検索してみると、iPhoneに対応しているスタイラスペンなる物が販売されています。実際に購入した事はないので、どのような物なのか?よく分かりません。

どうしても、iPhoneでスタイラスペンを利用したいのであれば、ネット通販で購入するのも1つの方法かも知れません。

 

Apple PencilのデメリットはiPhoneで使えない

ここでは、iPadシリーズで利用できるApple Pencilのデメリットについての内容になります。

デメリット

① 細め
iPad対応スタイラスペンと比べて、少し細めに感じます。ペンの太さは意外と気になりますから、どうしても気になる場合では、別途シリコンカバーケースを利用した方が良いです。

 

② 充電方法
次に、充電方法がiPadにマグネット吸着してワイヤレス充電しか利用できない部分が該当します。これはデメリットだと個人的に考えますが、人によってはメリットに感じる場合もあるため、賛否両論といった感じでしょうか?

 

③ ペン先
たぶん最大のデメリットはペン先だと思います。ペン先は消耗品なので摩耗したら交換しないといけません。

実際の使用頻度によっても交換のタイミングが異なるので、いつ交換するのか?が分からないのもデメリットに感じます。

 

iPhoneで利用できない

もう1つデメリットを挙げるとすれば、iPad専用である事に尽きます。iPhoneシリーズでは対応していないので、利用したくても利用できないのである。

iPadで利用できるのであれば、iPhoneでも利用させてくれても良いのでは?と思ってしまうでしょう!

iPhone 13 レビュー!楽天モバイルで単品購入&気づいた事
皆さん こんにちは! 今までAndroidスマートフォンを愛用していましたが、色々な事情もあり、iPhoneに乗り換えました。 色々な事情というのは、ただ単に今後継続的に3年以上の長い期間ずっと使いたいと感じるスマートフ...

コメント