iPhone 13 ケース レビュー!ロック式両面ガラスケース

スマホ・タブレット
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

新しくiPhoneやAndroidスマートフォンを購入したら、まさかの落下や傷が付かないようにケースを購入して対策を行う場合も多いですが、この場合に購入するケースはどのようなタイプを選択するのでしょうか?

というのも、色々なタイプが有りますから、どれがよいのかな?といった感じで迷ってしまうと思います。それに、それぞれのケースでは耐衝撃性といった感じで、何かの用途に特化しているタイプも有ったりします。

このような場合では必要に応じて使い分ける選択も行うのかな?と感じます。また、ディスプレイにガラスフィルムを貼付する場合では、うまく貼り付けることができない場合もあります。

そんな時は両面ガラスケースを選択するのも1つの方法かも知れません。

今回の記事は『iPhone 13 ケース レビュー!ロック式両面ガラスケース』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPhone 13 ロック式 両面ガラス ケースについて

ここでは、iPhone 13 で利用する目的で購入したロック式 表裏 両面ガラスケースについての紹介になります。

iPhone 両面ガラス ロック式(磁石なし)

この両面ガラス ロック式ケースでは、別途ガラスフィルムなどを貼付しないでも良い部分が魅力的に感じます。

マグネットが無いのでその分、軽量ですからカチッとはめ込むだけで簡単に装着できますし、ロックを掛けることが出来るので簡単に外れません。

それでいて、両面フルカバーでガッチリ保護できるように設計されているのである。

さらにはカメラのレンズ部分もレンズ以外の部分まで保護できるようになっているため、正に最強に感じることができるタイプのiPhoneケースの1つに該当するのではないでしょうか?

とはいえ、メリットが有るという事はできメリットも有ると思うため、実際に使ってみないと分からない部分も有るのかな?と感じます。

 

覗き見防止

このケースにはクリアでかつ覗き見防止ガラスになっているため、個人情報を守る覗き見防止に役立つのではないでしょうか?だからといって、過信は禁物になります。

というのも、個人情報というのは過信から漏洩することが多いからです。

ケースが対応しているからといって安心するのは時期尚早です。あくまでも対応しているという認識で使うのが丁度よいと思われます。

 

とても軽量

このケースの重量は、両面ガラス保護なのに僅か44gです。

プラスチック製の間違いじゃないの?と思ってしまうぐらいに軽いので、超ビックリでかつ、毎日のようにiPhoneに装着シて使いたいという気分になってしまいます。

 

スポンサーリンク

iPhone 13 ロック式 両面ガラス ケースの特徴

ここでは、iPhone 13 で利用できるロック式 表裏 両面ガラスケースの特徴についての紹介になります。

磁石なしロック式

この両面ガラスケースにはマグネットでロックする設計にはなっていません。その代わりにトグルボタンでロックする方式になっているのが特徴の1つに該当します。

普通のボタン式の場合では何かの拍子でボタンが押されてしまうと外れてしまいますが、トグルボタン式の場合では、押しても外れないのでスマホケースには最適に感じます。

磁石が無くてもロックできるようになっているのが良いところ。

 

カメラ部分もしっかり保護

iPhoneケースの場合ではカメラ部分もしっかり保護されているケースもあれば、くり抜かれているタイプもあります。

くり抜かれている場合では、カメラ部分の保護には疑問を感じるのが実情になります。

その点、このケースの場合ではレンズ部分を除いて、しっかりと保護できるような設計になっているため、レンズ部分さえ傷が付かないように細心の注意を払えば良いので魅力的に感じます。

 

簡単装着&ケースを開く方法

① iPhone セット
iPhoneを前面ケースに入れる。

 

② 背面ケース
背面ケースの底部を合わせた状態で上部を押してカチッと閉じる。

 

③ 開く場合
トップのトグルボタンを横にずらすとケースが自動的に開きます。

 

iPhone 13 磁石なしロック式両面ガラスケース購入レビュー

ここでは、iPhone 13用ロック式 表裏 両面ガラスケースの購入レビューについての紹介になります。

磁石なしロック式も魅力的

磁石式と磁石なしどっちが良いのかな?という部分が分からなかったので、両方とも購入していますが、装着時の手間を考慮するのであれば、マグネット式の方が圧倒的に便利に感じます。

でも、カメラ部分の保護や軽量さを考慮すると、必ずしもマグネット式が良いとは言い難いです。

本当であれば、軽量でかつロック式でかつマグネット式というタイプが望ましいのですが、このタイプは購入していないですから、何とも言えません。

 

本当にガラス?と思えるぐらいの軽さ

このケースを持って非常に驚くのが、これは本当にガラスケースなんだろうか?と感じる部分に尽きます。両面ガラス保護なのに、こんなに軽いんだろうか?と感じるのである。

マグネット式の両面ガラス保護ケースも所持していますが、こちらは重たいので、この差は何かな?といった感じ。たぶん、サイト部分のアルミフレームが関係しているのかな?といった感じ。

 

購入レビュー

iPhone 13 磁石なしロック式 両面ガラス ケースの購入レビューになりますが、実際に手にとって持ってみた場合の感想としては、軽く持ちやすくて申し分ないというのが率直な感想になります。購入して正解だな!と感じています。

というのも、ガラスフィルムをディスプレイに貼付しないで利用できる設計となっているからです。でも、残念な事に筆者の場合では既にガラスフィルムを貼付しているので、この恩恵を受けることができません。

この点が唯一の気がかりなポイントになっているのが実情になります。もうちょっと先に出会っていれば、ガラスフィルムなんて購入していなかったのにな~と悔いが残ります。

 

iPhone 13 ロック式 両面ガラス ケース使用レビュー

ここでは、iPhone 13用ロック式 表裏 両面ガラスケースの使用レビューについての紹介になります。実際に使ってみてどうだったのか?の内容です。

ロック式の装着感

ロック式の場合では、マグネット式とは異なり、自分でしっかりはめ込む必要が発生しますが、これがなかなか大変といった感じです。というのも、前後、左右を均等にしっかりはめ込む必要があるため、隙間ができちゃうんですよね~。

この隙間を無くすようにセットしないといけないので、このセットに手間が掛かるというのが率直な感想になります。

ちょっと手間が掛かる印象になりますが、マグネット式よりも圧倒的に軽量ですから、個人的には使いたい!という気持ちが強いです。

 

ロックが外せない

筆者が購入したロック式 両面ガラスケースの場合では、ロック式なので、ロックを解除すれば簡単に取り外すことが出来ます。確かにiPhone13をセットする前の状態ではロックを外す事ができます。

この状態を確認した上で、iPhone13をセットすると、何と!ロックが解除できなくて外れないのである。え?どうして?といった感じなのですが、ロック部分が固くて微動だに動かないのである。

それならば、どうやって外すのか?と言えば、ロック部分は触れずに、Lightning充電端子側の窪みをちょっと上に持ち上げるとディスプレイ面のカバーが外れるようになっています。

この事に気が付くまでは大いに悩んでどうしようかな?と困惑していました。

 

使用レビュー

ロック式 両面ガラスケースをiPhone13に装着した場合では、どうやって取り外すのか?で大いに悩んでいますが、簡単に取り外せる方法が見つかったので、とりあえず良し!としています。

続いて、このケースを装着した場合のタッチ操作についてのレビューになりますが、ガラスフィルムを貼付している場合では、とても入力が不快に感じるぐらいに使い勝手が悪いと感じます。

たぶん、このケースはガラスフィルム貼付は向いていないというのが個人的な見解になります。でも、カメラ部分もしっかり保護されるように設計されていますから、外出先や自宅でもメインで利用できると思います。

このケースを利用する場合は、ガラスフィルムを外して使えば満足できるのではないか?というのが率直な感想です。

iPhone 13 ガラスフィルムGLASSガイド枠付 レビュー
皆さん こんにちは! iPhoneやAndroidスマートフォンを購入したら、一緒に購入するアクセサリーとは何かな?と思いますが、たぶんガラスフィルムやスマートフォンケースが該当するのではないかな?と思います。 というの...

コメント