ESR iPad Air 4 ケース レビュー!マグネット吸着のSmart Folio 類似品

スマホ・タブレット
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 を購入した時に一緒に購入した必需品に感じるアクセサリーはディスプレイ面と本体裏面を保護するマグネット吸着のSmart Folioになります。

購入したカラーはネイビーだったのですが、これがね~とっても汚れや指紋が目立つので良い選択ではなかった事に気がついています。指紋が目立たないカラーを購入すれば良かったな~とガックリといった感じです。

自宅で利用するのであれば、どんなに汚れても問題ありませんが、流石に持ち歩く場合はそうもいきません。機能的にはマグネット吸着&簡易スタンドは良いと感じていたので、この2つの機能を有する類似品を購入する選択を行っています。

というのも、類似品であればSmart Folioよりも安価で購入できるため、自分にとって最適な選択になる可能性があるからです。だからと言って、類似品であるが故に劣っている部分も有るので、こればっかりは実際に買ってみて使ってみない事に何とも言えないです。

今回の記事は『Apple Pencil 2 に対応しているiPad Air 4 のカバーケースであるマグネット吸着Smart Folio の類似品のESR iPad Airケース レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air Smart Folio 類似品 ESR iPad Air 4 ケース

ESR iPad Air 4 ケースを購入するキッカケは、冒頭でも書いたように購入したSmart Folioが指紋などの汚れが酷くなって、とても外出時に持ち歩けないのが理由となります。

Smart Folio 類似品だが高機能

iPad Air Smart Folioの類似品である ESR iPad Air 4 ケースは、確かに類似品なのですが、Smart Folioには搭載されていない機能が付加されています。

その付加されている機能はApple pencil 2 を固定して収納できるようになっている部分が該当します。

どのように収納するのか?と言うと、フリップカバーが装備されているため、そこに収納となります。

 

類似品でもメインの用途で使えるのが魅力的

この商品は類似品ですけど、Smart Folioのサブの用途で利用しなくても良い類似品に該当します。代用品と言っても過言ではないぐらいに便利に感じる本体カバーケースと言った方が正解です。

というのも、普通に使う分にはSmart Folioと同じ機能を搭載しているので何も問題ありません。

それでいて、触り心地も良いですし、汚れも目立たないので、いつでも利用したい気分になります。

 

スポンサーリンク

ESR iPad Air 4 ケース について

ここでは、Smart Folio の類似品である ESR iPad Air ケースの商品仕様も含めて全般的な内容についての紹介になります。

ESR iPad Air ケース 仕様

サイズ : 250mm × 182mm × 10mm (ドッキングした状態)

展開時 : 417mm × 182mm

重量  : 250g

素材  ; シリコン、TPU

機能  : オートスリープ、マグネット磁気吸着、Apple pencil 2対応

備考  : 視聴&タイピング2段階の簡易スタンドも兼ねる

 

Smart Folio の類似品

ESR iPad Air ケースは、オートスリープやマグネット磁気吸着にも対応しているので、iPad Air Smart Folio の類似品に該当します。

類似品の場合は、何でも同じではなく、機能的に優れている部分も有れば、逆に劣っている部分もあるのが実情になります。実際に購入する場合は、この辺も考慮した方が良いと感じます。

 

Smart Folio よりも高機能

iPad Air 4 の本体カバーケースであるSmart Folioを購入していますが、本家本元よりも高機能に感じる部分があります。それはApple pencil 2 に対応している部分が該当します。

どのように対応しているのか?と言えば、フリップカバーがApple pencil 2を固定できるのである。

しかも若干はみ出ますがちゃんとホールドで出来ているので普通に使う分には何も問題ありません。

これならばバッグに収納しても取り出した時に落下しないで直ぐに利用できます。

 

ESR iPad Air 4 ケース 機能・装備 詳細

ここでは、Smart Folio の類似品でかつ、Smart Folioよりも高機能に感じる ESR iPad Air ケースの機能・装備等の詳細内容についての紹介になります。

オートスリープ機能

オートスリープ機能に対応しているため、ディスプレイ面のカバーを閉じると電源OFF、カバーを開くと瞬時に電源ONになります。この機能が有ると利便性も高まりますし、使い勝手も良くなります。

 

Apple Pencil 2 対応の収納フリップカバー

ESR iPad Air 4 ケースの場合は、Apple Pencil 2 のマグネット充電 及び ワイヤレス接続に完全対応しているフリップカバーに該当します。

実際にiPad Air 4 を外出先に持参する場合では、バッグに収納する事になりますが、この場合にApple pencil 2 を固定していない場合では、取り出した時に落下している場合があります。

バッグの中を探す手間も発生するため、Smart Folioは必ずしも最適な選択とは言い難いです。

それに引き換え、フリップカバーがApple pencil 2 を固定できる機能も兼ねている場合では、しっかりとホールドできるため、その心配がなくなります。

その結果、バッグから取り出せば直ぐに使えるようになるため、便利に感じます。

因みにフリップカバーの長さは160mmあるので、ちょうどApple Pencilがすっぽり収まる感じの長さになります。実際にはペン先と後部がちょこっと飛び出ている状態

マグネット磁気吸着

iPad Air Smart Folio の類似品だけあって、マグネット磁気吸着にも対応しています。iPad Air をはめ込まないでESR iPad Air 4 ケースにドッキングできます。

はめ込み式の場合ではしっかり保護できるメリットが有る反面、しっかりはめ込まないといけないので、Smart Keyboard や Magic Keyboard を利用する場合に手間が掛かります。

それに対してマグネット磁気吸着の場合は、iPad本体を近づけるだけでマグネット吸着するため、誰でも簡単にピッタリフィットで取付できます。

そのため、純正品のSmart Folio 以外の選択も十分に有りなのではないか?と感じます。

 

ESR iPad Air 4 ケース メリット&デメリット

ここでは、Smart Folio の類似品である ESR iPad Air ケースのメリット&デメリットについての紹介になります。

メリット

このESR iPad Air 4 ケースの最大のメリットに感じる部分はズバリ!Apple pencil 2 に対応している部分に尽きるのではないかな?と個人的に考えます。

何せ、Smart FolioにはApple pencil 2 を固定できる機能は有していませんから、そのままドッキングした状態でバッグに収納すると、確実に落下しています。

それに対して、このケースであれば、全部ではないですが、ほぼ丸ごとスッポリと固定(ホールド)できますから、ピッタリフィットで、iPad Air と Apple Pencil を一体運用できます。この部分は素直に便利に感じます。

 

デメリット

本家本元であるSmart Folioの類似品という位置付けに該当するESR iPad Air ケースになりますが、本家本元にはないApple pencil 2対応という機能も付加されているので一見すると、デメリットは見当たらないと感じます。

とはいえ、デメリットに感じる部分もあります。フリップカバーがApple pencil 2に対応している部分は流石に便利に感じますが、この部分がデメリットに一因にも繋がっています。

フリップカバーで留めると、隙間が発生します。パッと見では分からないのですが、両手で両端(フリップカバー)を持ってみると、隙間が歪んで隙間が発生している事に気が付きます。

これでは、残念ながらホコリなどがディスプレイ面に入って来るので一長一短に感じます。

 

類似品が故に劣る部分もある

全てにおいてバッチリに感じるESR iPad Air ケースになりますが、デメリットではないのですが、Smart Folioに対して劣る部分もあります。

それはディスプレイを保護する面が該当します。この部分に関して言えば、圧倒的にSmart Folioに軍配が上がります。ディスプレイに付着した汚れがそのまま付着しているのがESR iPad Air ケース。

それに対して、全てではないのですが、付着した汚れが少し取れているのがSmart Folioになります。そのため、ディスプレイ面の保護を最優先に考えると、類似品である事を改めて実感する事になります。

 

 

ESR iPad Air 4 ケース 評価&レビュー

ここでは、Smart Folio の類似品である ESR iPad Air ケースの評価・レビューについての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

使い勝手

実際の使い勝手はどうなのか?も気になる要素になりますが、iPad Air 4 を外出先に持ち歩く用途であれば、Smart Folioよりも圧倒的にESR iPad Air ケースの方が良いと感じます。

その理由としては、ESR iPad Air ケースは汚れが付着しないような加工処理が施されているので汚れが目立ちません。さらにはApple pencil 2対応なので、この用途に向いています。

でも、外出先に持ち歩かない場合ではSmart Folioの方が良いのでは?と感じます。何故か?と言うと、Smart Folioはとにかく汚れが付着し易いですし、指紋も目立つので汚らしい感じになります。

自宅であれば、潔癖症でない限り、汚れが付着しようとあまり関係ないので、ディスプレイ面の保護が優秀に感じるSmart Folioが良いと感じます。

 

触り心地・汚れの評価

そもそもESR iPad Air ケースを購入したキッカケがSmart Folioの汚れの付着が関係していたので、この部分はどうなのか?は避けて通れない問題になります。

本体表面は触り心地も良くスベスベ感があるため、真夏の蒸し暑い季節でも普通に問題なく利用できます。しかも指紋が付きにくい加工が施されているので指紋の汚れがありません。

実際には指紋も付着しているのですが、目立たないので、いつでもキレイなまんまといった感じ。正直のところ、Smart Folioを買わないで先にコッチの商品を購入しておけば良かったな~と実感します。

 

評価・レビュー

実際の使い勝手や本体の汚れの付着防止加工といった部分も含めて総合的に評価した場合では、Apple純正品であるSmart Folioを購入する前に、ESR iPad Air ケースを試してみる価値があります。

Smart Folioよりも安価で購入できますし、Apple pencil 2にも対応しており、それでいて類似品ですから、普通に使うのであれば満足できる仕上がりとなっています。

それに対して、外出先に持ち歩く事も有るよ!という場合では、自宅用と外出用といったパターンで、Smart FolioとESR iPad Air ケースを使い分ける選択も有りです。

iPad アクセサリー 購入で、買って正解な便利アイテムはどれ?
皆さん こんにちは! iPad用のアクセサリーは不思議な魅力を感じる事もあり、継続して購入する機会に恵まれます。スマホの場合では、本体カバーケースとディスプレイ保護フィルムを購入すれば基本的には完了となります。 それに対...

コメント