iPhone 13 両面ガラスケース比較!マグネット式とロック式

スマホ・タブレット
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPhoneシリーズを購入した場合では、関連アクセサリーも購入する場合が多いですが、どの組み合わせを選択しているのでしょうか?というのも、純粋にガラスフィルムやケースの選択になるのかな?と感じるからです。

ガラスフィルムの場合では、誰しも簡単に貼り付ける事ができなかったりするので家電量販店などの貼付サービスを利用する場合も意外と多いのではないでしょうか?

そのような費用を出したくない場合では自分で貼付する選択になってしまいますが、そんなことをしなくても両面ガラスケースを購入すれば、ガラスフィルム不要になります。

今回の記事は『iPhone 13 両面ガラスケース比較!マグネット式とロック式』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPhone 13 ケースについて

ここでは、iPhone 13 で利用できるケースについての紹介になります。

iPhoneケースはどれを買う?

iPhoneケースを購入する場合では、色々なタイプが有るので、どれを買えば正解に感じるのか?よく分からない場合も多いです。

というのも、手帳型、ハードケース、両面ガラス、セルカレンズ付、Magsafe、耐衝撃対応といった感じで、どれも魅力的に感じます。

この中から自分にとってベストに感じるケースを選ぶ事になるため、本当に難しいと思います。可能ならば、必要に応じて使い分ける選択という方法も選択したいといった感じ

 

Magsafeや耐衝撃性に優れているケース

これまでに購入した事があるiPhoneケースはMagsafe、耐衝撃対応、両面ガラスになります。

この内のMagsafe対応は、ケースを装着している状態でiPhoneをワイヤレス充電できるので便利に感じます。

Magsafeに対応していない耐衝撃対応けーうも買っていますが、耐衝撃対応なのに、こんなに軽量で大丈夫なんだろうか?といった感じのケースだったのでビックリしています。

 

両面ガラスケースも魅力的

両面ガラスケースも2種類買っていますが、それぞれ一長一短に感じる部分があるのが実情になるため、甲乙つけがたいと言った方が正解かも知れません。

両面ガラスケースの場合は良い所取りのウィンウィンで利用できるタイプが良さそうに感じます。そのような魅力的なiPhoneケースが見つかったら実際に購入して試してみたいものです。

 

スポンサーリンク

iPhone 13 ロック式両面ガラスケース

ここでは、iPhone 13で利用できるマグネットを使用しないタイプのロック式の両面ガラスケースについての内容になります。

トグルボタンでロックする

こちらの両面ガラスケースの特徴としては、マグネットによるロックを採用していない部分に尽きます。それならば、どのようにケースをロックするのか?という部分も気になると思います。

ケースにiPhoneを取付したら、トップ側にあるトグルボタンを横にずらして移動するだけでロックできるようになっています。ケースを開ける場合もこのトグルボタンを横にずらすだけなので簡単です。

ケースの取付方法は下をしっかりはめてからトグルボタン側をしっかりとカチッと音がするまではめ込むだけなので取付方法も簡単です。

 

360度全面保護

このケースの場合では、カメラのレンズ部分を除いて全ての部分をカバーしているかのように感じる両面ガラスケースになるため、全面保護できるケースとして考慮する場合では申し分ないかな?と感じます。

というのも、とても軽量なので、本当にガラスケースなんだろうか?と感じてしまうからです。それにレンズ部分さえ注意していれば、予期せぬ傷が付いてしまうような出来事への対策にも繋がります。

軽量でかつ、両面ガラスケースでかつ、耐衝撃性にも優れているのであれば、申し分ないのではないか?と個人的に考えます。

とはいえ、過信は禁物になります。どんなに申し分ないケースだったとしても何かしら?デメリットになる部分があると思います。その部分を見つけられるのか?も重要な要素になると思います。

iPhone 13 ケース レビュー!ロック式両面ガラスケース
皆さん こんにちは! 新しくiPhoneやAndroidスマートフォンを購入したら、まさかの落下や傷が付かないようにケースを購入して対策を行う場合も多いですが、この場合に購入するケースはどのようなタイプを選択するのでしょうか?...

 

iPhone 13 マグネットロック両面ガラスケース

ここでは、iPhone 13で利用できるマグネットロック式の両面ガラスケースについての内容になります。

マグネットでロックする

こちらのiPhoneケースの場合は、マグネットでロックするタイプの両面ガラスケースになりますが、マグネット無ロック式との差が歴然になります。

トグルボタンでロックする必要がないですから簡単です。しかもマグネットで自然吸着しますから、超簡単でかつ、強力にロックするので安心して利用できます。

但し、ちょっと重たいと感じるので、必ずしも最適という訳ではないのが実情になります。というのも、サイドフレームの部分が重たいと感じるからです。

 

360度全面保護

両面ガラスケースの時点で360度全面保護なのですが、こちらのケースの場合では、ちょっと異なります。カメラ部分がくり抜かれているので保護しない設計となります。

これでは360度全面保護ではないと思うのですが、この言葉に踊らされて購入してしまう場合も有るのではないでしょうか?現に筆者の場合も正にこれに該当するので、ちょっと失敗な感があります。

とはいえ、カメラ部分を除けば特に不満に感じることはないため、この選択も十分に有りかな?と考えます。

 

マグネット式のデメリット

このマグネットロック式iPhoneケースのデメリットに感じる部分は、カメラ部分がくり抜かれているので360度全面保護に穴が有るという部分に尽きます。

これ以外の補足事項として、マグネット吸着する場合に指の皮膚が挟んでしまうので注意が必要になります。というのも、挟んでしまうと痛いですから余計に気を付けないといけないからです。

iPhone 13 ケース レビュー!マグネットロック両面ガラスケース
皆さん こんにちは! iPhoneやAndroidスマートフォンの本体を購入した場合では、保護も兼ねてケースも購入する場合がありますが、この場合ではどのようなケースを購入したりしていますか? 全面ガラスケースというのも販...

 

iPhone 13 両面ガラスケース比較レビュー

ここでは、両面ガラスケースであるマグネット式とマグネット無しでロックするタイプの比較レビューについての内容になります。

360度全面保護で比較

両面全面保護で比較した場合では、トグルボタンでロックするタイプの両面ガラスケースに軍配が上がります。

というのも、こちらのケースの場合では。カメラ部分もしっかりガードされているからです。

ガードされていないのはiPhoneレンズ部分だけですから、本当にこのレンズ部分だけを細心の注意を払っていれば良いのである。この観点から考慮すると、360度全面保護ならコッチのケースになります。

 

簡単取付で比較

簡単取付という部分で比較した場合では、マグネット式に軍配が上がります。但し、取付する場合に指の皮膚が挟みこみやすいので、この部分は注意しないといけません。

イマイチに感じるのは、この部分だけですから、これさえ注意すれば簡単にマグネット吸着でロックできるので便利に感じます。

 

比較レビュー

マグネットロック式とトグルボタンによるロック式の両面ガラスケース比較になりますが、どちらの場合でも一長一短に感じる部分があるので単純に比較できないと言った方が正解になります。

その上で、あえて言えば、予期せぬ落下傷への配慮を優先した方が良いのではないか?と個人的に考えます。でも、トグルボタン式の両面ガラスケースは取付する場合に手間を要するので最適ではないです。

iPhoneケースを購入するのであれば、両方の良い所取りに感じるタイプを買うのが良いのではないか?というのが個人的な見解になります。

コメント