Windows PCからiPhoneに画像ファイルを転送する方法

iPhone
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPhoneを所持している場合では、メインで使っているパソコンはAppleのパソコンなのかな?と思ってしまいますが、たぶん、そうではないと思います。確かにMacbookなどを利用している人も居ると思います。

でも、全ての人が利用しているという訳ではないと思うのである。というのも、筆者の場合は普通にWindowsパソコンを使っていますし、ずっとブレる事なくWindows愛好家です。

Chromebookも使いますけど、Macbookは利用しません。WindowsパソコンからiPhoneにファイルを転送する事もあるのですが、この場合では、主にインスタグラムにアップする画像の転送となります。

今回の記事は『Windows PCからiPhoneに画像ファイルを転送する方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPhoneからWindows PCに画像ファイル転送は簡単

ここでは、iPhoneからWindowsパソコンに画像ファイルを転送するのは簡単についての内容になります。

Windows PCに転送する方法

iPhoneからWindowsパソコンにカメラの写真を転送する場合は、基本的にはUSBケーブルを利用するのではないでしょうか?USBケーブルであれば特別なアプリを利用しなくても簡単に転送できるからです。

この場合に利用するUSBケーブルは、iPhone本体を購入した時に同梱されているUSB Type-C Lightningケーブルで良いですから、別途購入する必要がありません。

Windowsパソコン側では、iPhoneとUSB接続すると、自動的にファイルエクスプローラーが起動するため、パソコンに移したいデータをマウスで選択して転送すれば良いので簡単です。

この場合に行ええる操作は「コピー」と「切り取り」になります。

 

ファイル転送アプリ

iPhoneからWindowsパソコンにカメラの写真を転送する方法として、ファイル転送アプリを利用するのも良いです。メリットとしては、何かと邪魔に感じるケーブルレスでファイルを転送できるといった部分になります。

この場合では、App Storeからファイル転送アプリをダウンロードした上で、利用する事になりますが、いくつかの注意事項があります。それはWi-Fi利用が前提となります。

自宅でWi-Fiを利用していない場合ではUSBケーブルにて転送した方が最適です。

もう1つの注意事項としては、Windowsパソコン側で、どうやって受信するのか?という部分。ブラウザを利用するのか?それとも、PC専用ソフトが有るのか?という部分も考慮しないといけません。

筆者の場合は、Sendanywhere を利用しています。このアプリにはWindows用ソフトが用意されているので簡単です。

 

スポンサーリンク

Windows PCからiPhoneに画像ファイル転送できる?

ここでは、WindowsパソコンからiPhoneに画像ファイルを転送する事はできるのかな?についての内容になります。

PCからiPhoneにファイル転送

iPhoneからWindowsパソコンに転送スル場合では、USBケーブルやファイル転送アプリを利用すれば簡単に転送する事ができたのですが、その逆のパターンはそう簡単ではない事実に気が付きます。

何故か?と言うと、USBケーブルでは画像などのファイルをiPhoneに転送できないからです。PC側にファイルを転送する事はできても、iPhoneにフィルを転送する事ができないのである。

どうして何だろう?という前に、ここで1つの事実に気が付くと思うのですが、そもそもパソコンからiPhoneに画像を転送する必要性は有るのかな?という部分。

基本的にはその必要性はないのですが、アプリによってはその必要性が発生します。

 

PCに保存してある画像をインスタグラムに投稿

SNSのインスタグラムを利用している場合では、投稿する事ができるデバイスは基本的にiPhoneやAndroidスマートフォンに限定されます。パソコン側から投稿は基本的にできないようになっているのである。

そのため、パソコンに保存してある写真をインスタグラムに投稿する場合では、どうにか?してiPhoneにファイル転送しないといけないのである。

パソコンから投稿できれば何も考える必要もないのですが、このような仕様になっているので仕方ありません。

 

Windows PCからiPhoneにファイル転送する方法

ここでは、WindowsパソコンからiPhoneに画像ファイルを転送する方法についての内容になります。

USBケーブルは利用できない

iPhoneからWindowsパソコンにUSB Type-C Lightningケーブルで画像ファイルを転送する事はできても、その逆はできません。というのも実際にやってみれば一目瞭然なのでやってみましょう。

どのようになるのか?と言えば、iPhoneのフォルダにペーストできない事に気が付くのである。この時点でUSBケーブルではダメなんだ!という事に気が付くのである。

それならば、どのような方法で対応できるのか?と言えば、そんなに多くはないのが実情になります。

 

ファイル転送アプリで解決

一番簡単に解決するのであれば、ファイル転送アプリを利用するのが最適に感じます。但し、アプリによっても異なるのですが、Windowsパソコン側で専用ソフトが必要になる場合があります。

専用ソフトを利用しない場合ではウェブブラウザを利用してURLにアクセスして接続するパターンもあります。自分はどっちのパターンが良いのか?はお好みの判断で選択して頂ければ良いと思います。

前者であれば、Sendanywhereが該当します。後者であれば、Documentsが該当します。

 

Sendanywhereを利用する場合

① 起動
先ず、PC版ソフトをインストールする必要があるため、iPhoneアプリのSendanywhereを開いて、左上にある三本線のメニューをタップして表示します。

 

② PC版
PC版インストールという項目があるのでタップするとメールアドレスを聞いてきます。Windowsパソコンで利用しているメールアドレスを入力して送信します。

 

③ Windows PC
Windowsパソコンでメールを開くと、ダウンロードリンクアドレスが記載されたメールが届いているため、Windows用をクリックしてソフトをインストールします。

 

Sendanywhere (使い方)

先ず、パソコン側でソフトを起動して、送信したいファイルをドラッグ&ドロップで「+」に重ねます。

そうすると、時間制限付6桁の送信コードが発行されます。10分以内のみ有効のコードになります。

最後にiphone側で、Sendanywhere 起動して受信タブを開いて6桁コードを入力すれば受信できます。

 

Windows PCからiPhoneに画像転送はメール添付方法もある

ここでは、WindowsパソコンからiPhoneに画像ファイルを転送する場合はメール添付する方法もあるについての内容になります。

ファイル転送アプリのデメリット(初回のみ作業あり)

WindowsパソコンからiPhoneに画像ファイルを転送する場合では、最適に感じる方法はファイル転送アプリを活用する方法になります。これは、同時にその反対であるiPhoneからWindows PCにファイル転送する場合も利用できるため、便利に使える優れものだったりします。

それなのにも関わらず、何がデメリットなのか?と言うと、手間が掛かるという部分に尽きます。特にSendanywhereを利用する場合では、PC版ソフトをインストールしないといけません。

しかも一度、メールアドレスを送信して、ダウンロードリンクを送って貰わないといけないので、煩わしさを感じます。とはいえ、この作業は最初の1回だけで良いため、2回目以降は快適そのものです。

 

メールで添付する方法もある

意外な盲点というべき方法がメール添付によるファイル転送になります。メールではファイルを添付して送信する事ができるため、これを利用するのも1つの方法になります。

たぶん、何だかんだ言っても意外と便利に使えるのではないかな?というのが個人的な見解になります。というのも、筆者の場合は、Sendanywhereをを利用する前はメールで普通にファイルをiphoneに転送しています。

毎日のように普通にメールを利用していますから、iPhoneでもメールチェックしているため、苦になりません。因みにiPhoneに添付した画像を保存する場合は「カメラロールに保存」を選択します。

iPhoneからWindows PCに画像ファイルを転送する方法
皆さん こんにちは! iPhoneを利用している場合ではパソコンもApple製品のMacbookなどを利用しているのでしょうか?いやいやWindows PCも利用しているのではないか?と個人的に考えます。 どうして、この...

コメント