iPhone「ショートカット」アプリ活用のコツは攻略が鍵になる!

iPhone
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPhoneを便利に利用している場合では、色々な役立つ機能も駆使しているのではないでしょうか?この場合では、もしかすると・・・ショートカット・アプリも活用しているかな?と感じます。

その理由としては、このアプリは見た感じでは簡単そうに見えるのですが、実際には何かハードルが高いような気がして、簡単には利用できないようなオーラが漂っている感じになるからです。

たぶん、iPhoneを便利に活用するのであれば、このアプリの攻略は必須になるのかな?といった感じのような気がします。だからといって、このアプリを利用しなくても活用できると思います。

今回の記事は『iPhone「ショートカット」アプリ活用のコツは攻略が鍵になる!』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPhone「ショートカット」アプリについて

ここでは、iPhoneで利用できるショートカットアプリについての内容になります。

どんなアプリなのか?

ショートカット・アプリといっても何なのかな?と思ってしまう場合が多いですが、基本的には機能や操作を自動化できるアプリと言えば良いのあか?と思います。

でも、実際にはこれだけではピン!と来ない場合も多いのではないでしょうか?というのも、これを利用したからといって自分が求めているような事ができるのか?は未定だからです。

なぜか?と言うと、やりたい事は自分で指定しないといけないため、うまく指定できるのか?という部分も関係してきます。その結果、うまくできなければ利用しなくても問題ないかな?といった感じになる可能性も否定できません。

 

ショートカットの特徴

ショートカット・アプリでは2つの事ができます。1つはショートカット作成。もう1つはオートメーション作成になります。

前者はタップしたら実行する機能、後者は指定の条件が合致したら自動で行ってくれる機能となります。タップして実行する機能を利用する場合はギャラリーを利用するのか?新規作成するか?の2択になります。

それに対して、自動で処理を実行する機能を自分で作りたい場合は個人用オートメーションを作成する事で対応できるようになります。

 

ショートカットはウィジェットになる

ショートカットの場合では、ウィジェットにする事ができます。ホーム画面やウィジェットの場所で自分が作成したショートカットをタップして実行できるようにする事も可能です。

但し、実際に利用するのであれば、どんなウィジェットであれば自分が便利に使えるのか?という部分はよく検討した方が良いと考えます。

何となくあれば便利にか案じるというのは逆に要らないと思います。

 

スポンサーリンク

iPhone「ショートカット」アプリは使っている?

ここでは、iPhoneで利用できるショートカットアプリは便利に使っているのかな?についての内容になります。

使っている場合

このアプリを使っている場合では、便利に活用しているんだと思います。と同時に、使い方を理解していると思うので、自分にとって最適に感じる使い方が行えるように作成も利用していると思います。

本来であれば、誰もが便利に使えれば良いのですが、なかなか、そうもいかないのが実情になります。最初は簡単な事から始めて、徐々に慣れていくのが良いと思います。

 

使っていない場合

iPhone「ショートカット」アプリを使っていない場合も実際にありますが、この場合はたぶん、自分はこのようなアプリを利用しなくても全く問題ないと考えているのではないか?と思います。

又は、確かに1回は使ってみたんだけど、何か便利に使えるといった感じのアプリではないから、使わなくても問題ないといった感じでスルーするようになったのかな?

もしくは、単純はそのようなアプリが有る事を全く知らなかったという場合も十分に考えられるのではないかな?と思います。

 

使ってみたけど使えない

このアプリを実際に使ってみた場合では、使えると判断するのか?それとも使えない!と判断するのか?は使用者の感じ方でも変わって来るのが実情になります。

使ってみたけど、使えなかったという場合は、それでも良いと思います。だって、実際にチャレンジした訳ですから、十分に素晴らしいと思います。

また、いつの日か?自分に余裕ができた頃に再チャレンジするかも知れないので、アプリは削除しない方が良いと思います。

 

iPhone「ショートカット」アプリ活用は攻略が鍵

ここでは、iPhoneで利用できるショートカットアプリを活用するには攻略できるのか?が鍵になるについての内容になります。

ショートカット・アプリの活用

ショートカットアプリを使わない理由の1つとして、別に利用しなくても困らないという要素があります。

これはどうしてなのか?と言うと、確かに便利に活用できれば、それに越した事はないのですが、実際には誰でも簡単に利用できるといった感じではないのが実情になります。

それならば別に利用しなくても問題ないといった感じになるのではないでしょうか?確かにこれも一理あるのが実情ですが、試行錯誤を繰り返してみるのも良いのでは?と思います。

やるだけやってみて、それで自分なりに活用できるようになればOK。それに対して、やるだけやったけど、やっぱりダメだったのであれば別に使わなくても良いかな?と個人的に考えます。

 

実際には攻略できるのか?が重要

iPhoneでショートカットアプリを利用すると便利に活用できるようになりますが、残念ながら、このように言えるのは、そう簡単ではない事実に気が付きます。

というのも、実際に使ってみると、見た感じではとても簡単に見えるのですが、いざ使ってみると、うまくいかない 又は 自分の思い描いている通りの事ができない!という現実にぶちあたります。

ちょっとハードルがワンランク上のように感じるのである。でも、このアプリを攻略できれば、もっとiPhoneを便利に活用できるようになるため、どうにか?攻略したいものです。

 

個人用オートメーション作成という方法もある

ショートカットがダメなら、個人用オートメーション作成という方法もあります。こちらは、ある条件が整ったら自動的に処理を実行する機能になります。

オートメーションとショートカットとの違いは、ショートカットの方はタップしたら処理が実行されるようになっているのに対して、自動で処理が実行されるといった部分が該当します。

 

iPhone「ショートカット」アプリ活用レビュー

ここでは、iPhoneで利用できるショートカットアプリの活用レビューや感想についての内容になります。

ショートカットアプリ活用レビュー

iPhoneでショートカットアプリを使ってみた感想としては、根気よく継続的に使い慣れないと自分の思い描いたような処理はできないのではないかな?というのが率直な感想になります。

実際に活用にチャレンジしている訳ですが、なかなか、どうして難しいといった感じになります。なぜか?と言うと、毎日のように利用している事をショートカットで行う必要がないからです。

Dockに格納しているアプリを利用すれば満足できますから、あえてショートカットを作成して実行する必要性が見いだせないといった感じという事に気が付いています。

これでは完全に詰んでしまうので、それ以外の事では?と考えたら確かにありました!それは低電力モードになります。

低電力モードを自動でONして自動でOFFする用途に活用すれば良い事に気が付いたのである。

 

実際にはオートメーションのみ活用

低電力モードを自動でON・OFFする用途で活用する場合では、ショートカット・アプリの個人用オートメーション作成で対応する事ができます。

どういう条件で低電力モードをONにするのか? 及び どういう条件で低電力モードをOFFにするのか?を決める必要があります。

筆者の場合は、バッテリー残量が25%よりも下になったら低電力モードON。バッテリー残量が30%よりも上になったら低電力モードOFFになるようにしています。

これで低電力モードを自動化できるので役立っています。因みに実行すると、通知に表示されるので、必要に応じて、通知は消去した方が良いと思います。

iPhone ショートカット 何に使う?オートメーションで活用
皆さん こんにちは! iphoneで利用できる便利な機能と言えば、AssistiveTouchのカスタムアクションや背面タップ、コントロールセンター、ウィジェットなどが該当すると思います。 コレ以外にも便利に感じる機能と...

コメント