USB-Cが少ないPCで便利なBluetoothマウス レビュー

PC周辺機器グッズ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadノートPC活用やChromebook、WindowsノートPCといったノートパソコンにはタッチパッドが搭載されているため、マウスを利用しなくても便利に使えるメリットがあります。

でも、機種によっては、タッチパッドを利用するよりもマウスを使った方が便利に感じる場合があります。その代表例として挙げられるのがChromebookになります。

それはどうしてなのか?と言えば、Chromebookのタッチパッドでドラッグ&ドロップ操作をする場合にマウスを使った方が全てにおいて便利に感じるからです。

それならばワイヤレスマウスを利用すれば解決しますが、ワイヤレスマウスといってもWi-FiとBluetoothの2種類あるので、どっちが良いのかな?となります。こればっかりはUSBポートが充実しているのか?も関係あるため、一概には何とも言えません。

今回の記事は『エレコム Bluetooth ワイヤレス(無線)マウスである BlueLED マウス レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Bluetooth エレコム BlueLED ワイヤレス マウス

主に、iPad や Chromebook で活用しているエレコムのBluetooth ワイヤレスマウス BlueLED についての紹介になります。

エレコム BlueLED マウス 仕様

サイズ : 100mm × 65mm

ボタン : 5ボタン

電源等 : 単四電池2本

省電力 : 1年3ヶ月程度持つ

通信等 : Bluetooth 4.0

備考等 : 操作しやすい形状

 

5ボタンに対応

① 左クリックボタン
② 右クリックボタン
③ スクロールボタン
④ 進むボタン
⑤ 戻るボタン

 

電源スイッチ 及び ペアリングボタン

① 電源スイッチ
エレコム BlueLED マウスの電源スイッチは、マウス本体の裏面(ペアリングボタンの左隣)にあります。

 

② ペアリングボタン
このマウスは基本的には5ボタンマウスなのですが、実際には、ペアリングボタンも含めて6ボタンあります。

Bluetooth接続のため、利用するパソコンやタブレット端末とBluetoothペアリングする必要があるため、この場合に使うボタンになります。

 

スポンサーリンク

Bluetooth エレコム BlueLED マウス 機能・特徴など

ここでは、エレコム BlueLED マウスの機能や特徴などの詳細についての紹介になります。

Bluetooth 接続

このワイヤレスマウスは Bluetooth 4.0 接続に対応しています。

Bluetooth 接続のため、USBポートを利用しなくても済むため、USB端子が少ないノートパソコンやタブレット端末に最適に感じます。

特にiPadなどのタブレット端末の場合は USB Type-C が1つしか搭載されていないため、Wi-Fi ワイヤレスマウスを利用する場合では、別途USB Type-C ハブが必要になります。

そのため、Bluetoothマウスはタブレット端末に向いているのではないか?個人的に考えます。

 

電源・充電等

このBluetooth マウスの充電方法は、単四電池2本による電池交換式となります。単四電池とはいえ、2本も入れると重たくなります。

交換の目安は、約1年3ヶ月程度となっていますが、実際にはその期間よりも少なくなります。というのも、毎回のように電源を切ればそのぐらい持ちますが、時間が経過すればするほど横着になります。

電源ONにしっぱなしになる傾向が高い為、実際には1年持てば良い方なのではないでしょうか?

 

便利な5ボタン

① 5ボタン
全部で5ボタン搭載されていますが、実際には左・右クリック、スクロールボタンをよく使うのではないか?と考えます。

というのも、右手で操作した場合では親指付近に2つのボタンが有って便利なのですが、分かっていても間違える感じ。

 

② 進む・戻る
本体の右側には2つのボタンが装備されていますが、このボタンが、「進むボタン」と「戻るボタン」になります。どのような用途に利用できるのか?と言えば、ウェブページ閲覧を閲覧する場合に必要に応じて「戻る」や「進む」といった操作を行う場合があります。

この場合にマウスでクリックしなくても、この2つのどちらか?のボタンを押すだけで操作できるため、ウェブページ閲覧の効率を上げるのに役立ちます。

 

 

Bluetooth マウス メリット・デメリット

ここでは、エレコム BlueLED マウスも含めて、Bluetoothマウスのメリット・・デメリットについての紹介になります。

メリット

① USBポート
Bluetooth接続に対応しているワイヤレスマウスのため、USBポートを利用しなくても接続できます。USBポートの少ない機種に最適に感じるワイヤレスマウスに該当します。

 

② ワイヤレス
Bluetooth ワイヤレス(無線)マウスのため、何かと邪魔に感じるケーブルが必要ないので便利に感じます。

 

デメリット

① 種類が少ない
Bluetooth マウスの場合は、Wi-Fi ワイヤレスマウスと比較して種類が少ないです。購入する場合は妥協も必要になるのが実情になります。

 

② 挙動不審な動き
ごく稀に有るのが、マウスのカーソルの矢印が挙動不審な動き方をするのである。毎回のように必ず発生するという訳ではないので、特に気にする事もないのですが、気が付くと気になってしまう感じです。

それに対して、Wi-Fi ワイヤレスマウスはこのような動作は無いため、接続方式によっても異なる感じです。

 

Bluetooth マウス iPad Chromebook 活用レビュー

ここでは、iPad や Chromebook で Bluetooth マウスを活用するレビューについての紹介になります。

 

iPad 活用レビュー

iPad mini 5 及び iPad Air 4 を所持しています。

基本的に、iPad でマウスを使う事はあまりないです。その理由としては、iPad Air 4 で利用できるロジクールFolio Touch を持っており、タッチパッドが便利に使えるからです。ジェスチャー操作にも対応しているタッチパッドを活用するといった感じ。

でも、iPad mini 5 では、確かに以前、Bluetooth マウスを利用していました。その時の使用感としては、スクロールボタンを操作した時の操作感がWindowsノートPCと真逆なので苦痛に感じました。

この経緯からiPadでマウスの利用は不向きなのではないかな?と感じて、以後使っていません。

 

Chromebook 活用レビュー

Chromebook Lenovo IdeaPad Duet を所持しています。

着脱できるデタッチャブル キーボードには タッチパッドを搭載しているので、基本的にマウスを利用しなくても問題ありませんが、Chromebookに限って言えば、マウスは必要に感じます。

というのも、タッチパッドでドラッグ&ドロップ操作がイマイチだからです。特にシェルフやランチャーのアイコンの並び順を変更する場合では、イラッときます。この操作に限って言えば、マウスが有った方が便利に感じます。

それならば、Wi-Fiワイヤレスマウスでも良いのかな?と思いますが、Bluetoothマウスが最適です。

その理由としては、着脱できるキーボードを搭載している 2in1 Chromebookの場合では USB Type-C ポートが1つしかないため、Wi-Fiマウスを利用するには別途、USB Type-Cハブが必要になります。

 

Windows PC では使わない

メイン用途で使っているパソコンは、Windows ノートPCになりますが、Bluetooth マウスは使っていません。

その理由としては、USBポートが3つあるのでBluetoothマウスを使わなくても何ら問題ないからです。

 

 

エレコム BlueLED ワイヤレス マウス 評価&レビュー

ここでは、iPad や Chromebook で Bluetooth マウスを活用している エレコムmpBluetooth接続に対応しているBlueLEDワイヤレスマウスの評価・レビューについての紹介になります。

イマイチに感じる部分

一般的なデスクで利用する場合では特に問題ないのですが、ガラス製のテーブルといった場所とマウスを使うと反応しません。向き・不向きな素材も有るんだな~と感じます。

ガラス面ではBlueLEDマウスは利用できないのかも知れません。

 

使い勝手

マウスの上に手を置いて持った感じとしては、自然な感じでぴったりフィットできるとため、使いやすい形状に該当します。単4電池2本入っているので、それなりに重たいですけど、そんなに重たいという程ではないので使いやすいです。

特にしっかりと人差し指中指を置けるサイズ感があるため、長時間使っていても疲れない感じです。

左右のクリックボタンの真ん中にあるスクロールボタンには滑り止めが付いているので蒸し暑い夏場(手に汗がある)でも快適にスクロールできます。

 

評価・レビュー

エレコム BlueLED マウスは、特にこれといった欠点があまり無いので有れば普通に利用できるマウスに該当します。あえて言えば、カチカチといったクリック音が気になるかな?と感じます。

電池交換式のため、まさか?の充電切れで都合よく単4電池 2本がストックされていれば良いですけど、無い場合はコンビニに買い物に行く必要が発生するため、USB充電タイプの方が使い勝手が良いと感じます。

とはいえ、約1年ぐらいバッテリーが持つため、一般的に使う分には特に問題ないと思います。持ちやすく使いやすい形状なので購入しても便利に使えるため、購入しても問題ないという評価になります。

コメント